第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
夏アニメ感想(氷菓、人類は衰退しました)
事情(主に家庭内)により継続してこれまで日記に書いていた様な感想は書いておりませんでしたが、何作品かは視聴。
毎度の事ですが、放送時間や配信期間に視聴できなかったり(基本的に無料で視聴のため)、また録画の余地が無く継続を断念した作品もありました。

そんな中で「氷菓」と「人類は衰退しました」は視聴完了。
「アクセル・ワールド」(録画おっかけ中)と「宇宙兄弟」(家族で楽しく視聴)は視聴途中。


取り合えず完了した分を忘れないうちに簡単感想。
これも毎度の事ですが、誤字・脱字、記憶違い等ございましてもご容赦を!
後で思い出して追記もあるかも…
「氷菓」

第1話のキラキラした瞳の千反田えると、えるの瞳に絡め取られてしまった折木奉太郎がともかく印象的で…
第1話の頃はまだ原作未読だった私には奉太郎君の心象風景なのかファンタジーなのか判断がつかなかったりもありましたがこの場面が決定打だったと思います。

好奇心を抑えきれずついついずいっと奉太郎に謎解きを迫ってしまうえる(でも自分の立場や時と場所によって弁えている。旧家の娘として責任感ある行動もとれるちゃんとした娘さんな所も好印象)に、省エネ主義と言う名の怠け者であっても結局はえるの期待に応えてしまう奉太郎(そして灰色からピンクに宗旨替えしつつある所も)…
それに里志とまやかも良いんですよ。
一途なまやかに、まやかの想いを受け止めてよいものか真面目に悩む里志。一見趣味人を気取っていることすら真面目な思考の結果だったりね。

そう、真面目なんですよ。良い子と言う意味ではありません。
心の内でもがいている姿とか、冷静に受け止めている様でもそのままではいられない所とか、皮肉っている様でそうでもないところとか…

誰かを殺したり殺されたりする(ゲーム含)ような殺伐としたものはなく、優勝目指して熱血またはほんわかのんびり部活を楽しんでいる訳でもなく、恋愛一辺倒でもなく…そうした辺りがちょっと、否かなり良かった。


時代設定は今より少し前くらいかなと思うのですが、自分達が高校生の頃とあまり変わらない感覚。(この辺りは自分の子ども達と比較して)
見ていて甘酸っぱくくすぐったくなるのですよ。

で、放送から早い時期に原作小説に手を出してしまったのですが、何故今まで読まなかったのかと…(藍麦さんが原作を早いうちから紹介されていたと言うのに…)

今まで何度となくアニメ放送中に原作を読んでしまう事でネタばれで面白さ半減とか、もしくは原作よりアニメの方が(またはその反対の方が)良かったなどと言う事もありましたが、氷菓は原作もアニメも夫々楽しめた様に思います。

アニメの方が原作よりもわかりやすかったり(時間の都合でしょうか?)、恋愛面に力が入っていたり、多少の改変(仄苦さを感じさせる原作場面が優しい感じになっていたり)ははありましたが概ね満足。
全般的にアニメの方がかなり甘い感じでしたので、両者の違いも楽しめました。
何と言っても画も綺麗でしたし。
そういえば温泉回は女性向けを狙ったのか?2013年1月13日発売のコミックスにつけた新作アニメは男性向け?どちらにもファンはいそうですが…

最終話の生き雛行列、奉太郎視点で描かれていたけれど、えるの姿を前から見てみたかったなあ。
える越しに見える奉太郎の姿も…きっともっと呆けて見えた事でしょう。













「人類は衰退しました」

こちらも原作未読のまま第1話から視聴。
というか、読みたいと思った時には売り切れていたり…(ダウンロード販売もあるみたいですがどうせ同じ値段なら紙の本で購入したい)

絵本のような色遣い、田園的風景、妖精さんの見た目の可愛らしさもありますが、何と言ってもちょっぴりブラックな会話(主人公の物言いも妖精さんの思考も)が楽しく、それでも、旧人類絶賛衰退中の割に人死には出ない(妖精さんはかなり怪しかったですが)。旧人類も案外しぶとくたくましく生きているのです。
こうした題材で人が死なないのはすごいと思うし、妖精さんの様なファンタジーな存在がいる世界であっても旧人類がそう簡単に絶滅しない事でリアルな感じが出ている様に思う。

さて、第1話はショートカットの主人公(OPと違うぞと思った)が逃げるチキンを追いかける…と言った話から始まりましたが、全12話が時系列順に並んでいる訳では無く、ショートカットになった理由は後の別の話で語られていますし、特に後半ははっきり過去に向かっていました。
助手さんが来たいきさつ(最終的に主人公の好みになってしまったのに、案外ワイルドな方も嫌いじゃ無かったみたいな所は笑いましたが)、主人公が調停官になったいきさつ…

第1話では当たり前に妖精と会話し一部妖精をお菓子で手懐け?ていましたが、第11話・最終話で語られた主人公がまだ学舎に通っていた頃など噂に聞いても目にするのも稀な存在だった妖精。既に世界を席巻していたにも関わらず。

学舎での生活では新人への陰湿な嫌がらせ、閉塞された世界ならではの歪んだ心情等が描かれ、話中一番荒んでいたかもしれません。
それを飛び級して早く卒業する事で堪えようとする主人公も、主人公の腹黒さを見抜いたYも良くも悪くも…
彼女達が見る他の生徒達の姿も心なしか悪意がある様に見えていました。疑心暗鬼のフィルターがかかった様に…(卒業する時の様子を見ると余計にそう見えていたのだろうと思える)

主人公の我慢も限度な時、出会ったのは…妖精。
妖精は主人公の記憶を消し楽な生き方に導く。妖精にそのつもりがあったかどうかは分からないけれど。
タイミングも大いにありましたが、主人公は自分の居場所を得て表面上楽しい学校生活を送る様になる。
居場所が案外危険に満ちている事もYに教えられ、Yと腹黒同志協定。
それから、学舎が閉鎖されるまではさほど悪い学園生活では無かった様です。

それにしても出会いは偶然であっても、主人公は妖精にかなり気に入られているのです。
最終話の最後、RYOBOロボットから役目を終えたと妖精が現れた時は何だか涙が出てしまった。
ニヤリとした笑いが浮かぶ作品かと思いきや、まさかの感動の涙が流れるとは…(年の所為もありますが…)

というわけで、夏から開始されたアニメの中では一番楽しみました。
原作読みたい!
DVD&BDの初回特典に毎回つくと言う原作者書き下ろし小説も可能ならば!




関連記事
スポンサーサイト
[2012/09/27 12:29] | アニメ感想 | トラックバック(1) | コメント(1) |
| ホーム | 8月の読書(三匹のおっさん ふたたび、心霊探偵 八雲 9、残穢、レンタルマギカ 最後の魔法使いたち)>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/01/30 04:01] | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1704-b047ed20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【夏アニメ感想(氷菓、】
事情(主に家庭内)により継続してこれまで日記に書いていた様な感想は書いておりませんでしたが、何作品か
[2012/10/28 09:53] まっとめBLOG速報
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。