第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」 簡単感想
何だか視聴予定が多く何を削ろうかと困っている春アニメですが、更に追加です。
氷菓  
(4/25(水)深夜~ ぎふチャン  または  4/27(金)深夜~ BS11)
TVアニメ「氷菓」公式サイトはこちら 
TVアニメ「氷菓」京都アニサイトはこちら 



やらなくてもいいことはやらない、やらなければならないことは最小限の労力で…
"省エネ"を信条とし、部活動が盛んで部の数も多い神山高校に入学しても一人灰色の帰宅部を決め込んでいた折木奉太郎だが、姉からの一通の手紙により廃部寸前の古典部に入部・存続を図る事に…
職員室で鍵を借り部室である地学準備室に折木が入ると窓辺には髪の長い女生徒が…
女生徒の名は千反田える。
千反田もまた古典部である事を知った折木は千反田に戸締りを頼み帰ろうとするが、千反田は鍵を持っていないと言う。
先に入室していた千反田が鍵をかけたのだろうと結論づけさっさと帰ろうとする折木。
鍵をかけていないのに鍵がかかっていたのだから自分は閉じ込められていたのだと考える千反田。
ならば何故閉じ込められたのか?
折木の中学からの腐れ縁・福部里志も指摘する。この学校のドアは外からも内からも鍵を使って施錠するタイプだと…

わたし、気になります!

千反田に手を取り迫られ絡め取られるかの様に感じた折木は仕方なく謎を解く事に…





-----------------------------------

原作未読。
家の辺りでは気象条件が悪い時には電波が届きにくい局での放送ですが何とか録画出来ていました。(BS11での放送は家族が録画している他の番組と時間帯が重なっているので録画は難しそう…)

先ず、画が綺麗!
目が宝石の様だわ。

折木が千反田の髪に絡め取られたり部員募集ポスターの前で文字の洪水に遭ったりするのは、折木がそれだけ感受性が強いと言う事の表現?それとも特殊体質?あれも綺麗でした。

学校の七不思議?の再現とかも…色々な表現を見せてくれる感じ。
何だかお話よりもそういう所に先ず目が行きました。

折木の姉が何故古典部存続を託したのか?(姉が古典部だったからなのかもだけど、それだけでは存続させる理由にはならない様に思う)、千反田も何故古典部に入ったのか?
折木はともかく、千反田も古典部らしい活動をしている様に見えないけれど…(まだそういう場面がないだけでしょうか?)
その辺りが気になる。

でも一番気になったのは最後に折木と福部が歩いていた商店街。
あの雰囲気、柳ケ瀬のバス通り沿いを思い出させました。屋根のあるところとかふと見えた駐車場のPと書かれた屋上看板とかね。


視聴は取りあえず継続。


関連記事
スポンサーサイト
[2012/04/26 13:56] | アニメ感想 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<「氷菓」他〈古典部〉シリーズ(米澤穂信) 簡単感想 | ホーム | 2012年春アニメ視聴状況(2012年4月17日現在)>>
コメント
こんばんは~。
コメントはこちらでよいのでしょうか。

>原作未読。
あら、やまふささん未読なんですね。
なんとなく読書傾向から読まれているのかと思っていました。

>目が宝石の様だわ。
えるちゃんの目は、ポイントですから。

>それとも特殊体質?あれも綺麗でした。
日常の謎系といわれるミステリなので、超常現象や能力的なものはでてきませんよ。安心してください。(笑)

> 折木の姉が何故古典部存続を託したのか?
>千反田も何故古典部に入ったのか?
なるほど、いい読みをされていますね。さすが。(驚)

>折木と福部が歩いていた商店街。
飛騨高山が聖地らしいですね。柳ケ瀬と近いのではないでしょうか。
[2012/04/26 23:04] URL | 藍麦 #- [ 編集 ]
藍麦さん、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。

> コメントはこちらでよいのでしょうか。

はい。楽天でもこちらでもどちらでも大丈夫です。
以前より時間が取れないためお返事が遅く感じられましたらごめんなさい。

> なんとなく読書傾向から読まれているのかと思っていました。

そう言えば「氷菓」ではピンとこなかったのですが、「古典部」は藍麦さん、以前より感想を書かれていましたっけ…
藍麦さんがそうおっしゃられるなら読んでみようかな?
近所の図書館で検索してもなかったのでどこかで調達しなければ…

> えるちゃんの目は、ポイントですから。

きらっきらで吸い込まれそうな感じでした。折木はえるちゃんの瞳に惹きつけられていくのでしょうか?(ホント、距離近かったですよねえ)

> 日常の謎系といわれるミステリなので、超常現象や能力的なものはでてきませんよ。安心してください。(笑)

折木の印象を忠実に表現したということでしょうか?ならば益々原作を読んでみなければ…

> > 折木の姉が何故古典部存続を託したのか?
> >千反田も何故古典部に入ったのか?
> なるほど、いい読みをされていますね。さすが。(驚)

え!?古典部である事にやはり意味があるのですね。
その辺りは大きな謎解きとなるのでしょうか?

> 飛騨高山が聖地らしいですね。柳ケ瀬と近いのではないでしょうか。

飛騨高山ですか。EDにもその辺りの地名が映っていた様な…
柳ケ瀬は岐阜でも岐阜市内なので違うのかしら?
[2012/04/27 01:09] URL | やまふさ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1692-eae23649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」
氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  千反田えるが大きく目を開けて顔を近づけるのは  一瞬、ホラーかと思いましたよ。  あんなふうに
[2012/04/27 22:01] 北十字星
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。