第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鶏肉のトマト煮(カゴメ『愛菜家族大作戦』参加記事)(追記あり) 「【愛菜家族大作戦】野菜をたっぷり食べられるアイデア料理(319)」
カゴメ 愛菜家族キャンペーン




楽天ブログで実施中のカゴメ『愛菜家族大作戦』に応募、参加して作ってみました!

『鶏肉のトマト煮』『たっぷり野菜のミネストローネ』2種類の煮込み用ソースの中から今日は『鶏肉のトマト煮』を…


材料(6人分)

鶏肉   500g
玉ねぎ 3個
マッシュルーム 1パック
ローリエ      1枚
鶏肉のトマト煮(煮込み用ソース) 2袋


作り方

1 鶏肉は大きめの一口大に、玉ねぎはくし切り、マッシュルームは2mmくらいの厚さに縦に切る。
2 フライパンに油をしき、鶏肉を皮目から焼く。色よく焼けたらひっくり返し両面とも焼く。その間に出た油はキッチンペーパーで拭いとる。
3 続けて玉ねぎとマッシュルームとローリエを加え貯めネギが透き通るくらいまで炒める。
4 煮込み用ソースを加え10分くらい煮込んで出来あがり。


鶏肉のトマト煮

↑こんな感じ。いかがでしょうか?




感想

今回はカゴメの『鶏肉のトマト煮』ソースを使って我が家でもよく作る『鶏肉と玉ねぎとキノコのトマト煮込み』を作ってみました。
いつもは生のトマトかトマトの水煮缶とコンソメなどを使って作っていますが、トマトは水分が多いため煮込み時間がかかります。
またその時使うトマトによっては酸味が強すぎたり味が薄くなってしまう事もあります。
しかしカゴメの『鶏肉のトマト煮』ソースはペースト状であり味が既に調整されているため煮込み時間は短縮され、味つけもこれだけであれこれ調整しなくても決まりやすいです。

味については市販のトマトソースにありがちな脂っぽさが無く意外とあっさりしていた様に感じました。
食べやすくするため酸味が抑え気味なのか酸味が足りない様に感じました。
次回作る時は生のトマトを加えて酸味を出してみようと思います。

何よりお手軽なのはよかったと思います。時間が無い時でも短時間で出来ますし…


我が家は6人家族のため今回はモニターで頂いただけでは足りず、スーパーで同じ商品を探し2袋使って6人分作りました。



今日の夕食

今日の夕食はこんな感じ。これにコンソメスープをつけました。


   

(追記)
鶏肉のトマト煮は元々野菜嫌いな子ども達にトマトを食べさせるために作り始めました。
我が家では夏になると実家の両親が家庭菜園で作ったトマトが送ってくれます。
トマト好きな私は喜んで食べますがおじいちゃんはやはり孫達にこそ食べて欲しいのです。
トマト煮はそのニーズに合ったメニューだったのです。
今でこそくし切りにした玉ねぎの方が喜びますが作り始めた頃はそれはそれは薄くスライスしたものです。
あまり欲張らずシンプルな味量の方が良いですがあえて入れるならば扇の薄切りにしたニンジンやセロリでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
[2012/01/07 23:16] | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<過去記事もお引越し | ホーム | 柑橘類色々 「●食べた物の画像♪(275399)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1684-0571fc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。