第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
魔法少女まどか☆マギカ 第1~6話 あらすじメモ 「アニメあれこれ(85598)」
誤字・脱字・勘違い・記憶違い等あると思いますが何分思い出して書いた自分用メモなのでご容赦を。目に余るようでしたらご指摘くださるとありがたいです。




出口を求め走る鹿目まどか。
漸く非常口に辿りつくが、開けたドアの向こうにはこの世の終わりを思わせる世界が…
たった一人で戦う黒髪の少女。
叩きつけられても立ち上がり、苦痛に顔を歪ませながらも戦い続ける。
あまりの惨状に眼を背ける事も出来ず立ちつくすまどかに白い小さな獣が話しかける。
もしまどかが獣と契約を交わし魔法少女になるのなら運命を変える事が出来ると。
契約を迫る獣だが…

…と、目を覚ますまどか。
可愛い弟と一緒にねぼすけのママを起こし、ママと洗面所で朝の支度をし(ママ、バリバリキャリアウーマンに変身)、専業主夫のパパの美味しい朝ごはんを食べ、友人のさやかと仁美と登校するいつもの日常。

その日、まどか達のクラスに暁美ほむらが転校してくる。
ほむらの姿は今朝の夢に出てきた黒髪の少女に良く似ているが…
まどかを挑む様な目で睨みつけるほむら。

転校生のほむらに話しかけるクラスメイト達だが保健室に行きたいとほむら。
皆が連れて行きたがるのを断りまどかに連れて行く様頼む。
ほむらはまどかが保健委員である事を知っていたのだ。           、
その上ほむらはまどかの先を歩き、校内を熟知している様子。転校してきたばかりだと言うのに…
他の者がいない廊下に差し掛かるとまどかにこれからも変わらず鹿目まどかでいる様忠告し立ち去るほむら。
戸惑うまどか。

学校が終わり稽古事のある仁美が先に帰った後、まどかはさやかとショッピングセンターのCDショップへ…
試聴しようとヘッドホンをかけると助けを求める声が!?
声を辿って立ち入り禁止となった空きテナントに入ると昨夜の夢にも現れた白い獣が血塗れに!?
獣の名前はキュゥべえ。キュゥべえはほむらに追われていた。
助けを求められたまどかはまどかの後を追って合流したさやかとキュゥべえを守ろうとするがほむらが迫る。
突然異質な空間に変貌し怪しい生き物が蠢く。
あわやと言う所で現れたのは巴マミ。
マミはキュゥべえと契約を交わした魔法少女。
魔女を退けまどかとさやか、そしてキュゥべえを救ったマミ。
尚もキュゥべえに迫ろうとするほむらに見逃してあげているのだと…

ほむらに追われ瀕死のキュゥべえの声を聞き駆けつけたまどかは才能を見いだされ魔法少女にスカウトされる。
もしも魔法少女になって魔女との戦いを引き受けてくれるならどんな奇跡も魔法も叶えてあげると…
そしてまどかは魔法少女として強い力をもっていると。
キュゥべえを見る事が出来るさやかもまた魔法少女になる資格があると…

しかし危険を伴う魔女との戦いと引き換えに叶えたい望みなど簡単には思いつかない。
マミに勧められさやかと一緒に魔女退治を見学するまどかとさやか。

喧嘩や犯罪や自殺は魔女や使い魔が原因で起きる事があり、魔法少女はそうした事件が起こりそうな場所をパトロールして魔女や使い魔を探すのだと話すマミ。
自分の願いを宝石にしたソウルジェムを手に魔女を探す。
魔女に操られ廃ビルから飛びおりようとしている女性が!?
魔法少女に変身し女性を救い魔女を倒すマミ。

願い事が思いつかず強いて言えば魔法少女になる事が夢だからなったら直ぐに叶ってしまうと言うまどか。
一方さやかは天才バイオリニストだったが事故で腕の自由を奪われた上條恭介の腕を直す事を願い事にしようと考えるが…
反対するマミ。
マミが魔法少女になる事と引き換えに願ったのは自分の命。
事故に遭い意識が朦朧する中、今まさに死ぬ直前に現れたキュゥべえに手を伸ばし…
自分には選ぶ余地がなかった。

まどかとさやかは偶然孵化しかかった魔女の卵を見つける。
そこは上條が入院する病院。
さやかは自分が残って見張っているからマミを探して連れて来て欲しいとまどかに頼む。
さやか一人残す事を躊躇うまどかに自分も一緒に残るからとキュゥべえ。
もし魔女の結界に入ってしまったとしてもマミ程の力があれば辿って来られると。

まどかがマミと戻ってくるとさやか達の姿がない。キュゥべえを追って中に入るマミとまどか。
そこにほむらも追ってくる。
今回は今までの敵とは違うと手を引かせようとするほむら。
ほむらを縛りつけまどか達の安全は保証するとマミ。ほむらもまた帰りには解放すると…
これまでとは違い危険を訴えるほむらだが…

さやか達の元に向かう途中、願い事は決めたのか尋ねるマミ。
マミと行動を共にするうちにこの町を守るマミに憧れる様になったまどかはマミの様になりたいと話す。
そんなにいいものじゃないと言いながらもまどかから共に戦う仲間になりたいと聞いただけで心も体も軽くなり幸福感に包まれるマミ。
先輩として虚勢は張っていたがこれまでの孤独な戦いに決して平気でいられたわけではなかったのだ。

今まさに孵化の直前、見張っていたさやか達の元に到着するまどかとマミ。
孵化したばかりの魔女を容赦なく叩きのめすマミだが…突然膨れ上がりマミを喰らう魔女。
マミの力が消え解放されたほむらは何が起こったのか悟り急ぐ。
マミ亡き今、自らを守り脱出するために契約を迫るキュゥべえ。
今目の前で起こり思い知らされた魔女と戦う本当の恐怖から逃げる事も契約も出来ないまどかとサヤカ。
そこにほむらが現れる。
ほむらは魔女に喰らわれたかと思うと別の場所に現れる。
何度か繰り返し焦れた魔女がぱっくり飲み込むと…膨れ上がり破裂する魔女。

グリーフシードを拾うほむらにそれはマミのものだとさやか。
魔法少女だったマミが命と引き換えに…
だからこそ魔法少女のものだと持ち去るほむら。

マミの無残な死と誰からも顧みられない現実に打ちのめされるまどかは魔法少女にはなれないとキュゥべえに断る。
別の町にスカウトに向かうキュゥべえ。

マミと一緒に戦うと約束したのに逃げてしまった事はまどかの心を苛む。
後ろめたく思わなくても良いとほむら。
これまで数えきれないほど魔法少女の死を目にしてきたというほむら。
結界の中で死亡した者は死体も残らず精々が行方不明の届けが出される程度。
これが魔法少女の最期だと…

いつもの様に上條を見舞うさやか。マミを失った悲しみを隠し笑顔で訪れるが…
いつに無く荒れている上條。
ヴァイオリンを弾けなくなった不幸を呪い奇跡を願う上條につい奇跡はあると言ってしまう。

帰り道、まどかは思わぬ場所で仁美を見かける。
様子がおかしい仁美の首には魔女の口づけが…周囲の人々にも…
放っておけない仁美に誘われついてまどかがついて行くと人通りから離れた倉庫の様な場所に…。
集った人々は混合してはいけない薬品を手にし集団自殺を図ろうとする。
慌てて薬品を投げ捨てるまどかだが…危うし!
そこに魔法少女さやか登場!初仕事無事終了!まどかと仁美を救う。

上條のため奇跡を願ったさやか。
願いどおり上條の手は動きヴァイオリンを再び弾けるようになった。
上條の嬉しそうな様子に幸せを感じ後悔は無いと言うさやかだが…

マミが亡くなり後を継ぐ魔法少女がいないと聞きまどか達の町に現れる魔法少女・佐倉杏子だが…
キュゥべえから契約したての魔法少女さやかとイレギュラーのほむらの存在を知らされる。
さやかを潰すまでと物騒な杏子。

さやかが心配なまどかはほむらにさやかと一緒に戦ってやってほしいと頼むが…
さやかが契約するのを阻止できなかった事は詫びるほむらだが…

さやかのパトロールについて行くと申し出るまどか。
後悔はないと言っても心細かったさやかは申し出に応じ守るものがある方が強いと同伴してくれるまどかの安全を請け負う。
了承したキュゥべえもいざという時は…まどかを魔法少女にと誘う。

使い魔を倒すもグリーフシードを持つ魔女とは中々出会わない。
しかし使い魔であっても人心を操り破滅に導く。
使い魔を追いかけるさやかとさやかを追うまどか。そこに現れる杏子。
使い魔が人を喰らい魔女になればそれを魔法少女が喰らうと平然と言ってのける杏子はさやかを叩きのめす。
しかしさやかは上條を癒す事を望んだためその能力も癒し。回復に特化していた。
立ち上がったさやかを今度は容赦なく殺しにかかる杏子。応じるさやかもまた…
止めようとするまどかだが結界が張られ近づく事も出来ない。
さやかを助けるために魔法少女に…
しかしあわやという所でほむらが現れる。
杏子の攻撃受けたかに見えたほむらは瞬間別の所に現れる。
一旦引く杏子。

さやかを案じるまどかは喧嘩では無く話し合いで解決を望むがあの時の戦いは殺し合いだったと打ち明けるさやか。
マミの意志を受け継ぎ魔女の脅威から人を守りたいと考えるさやかにとって自分本位な杏子にこの町を任せられない。
マミがほむらを拘束していたとは知らなかったさやかはマミが殺されるのを待って現れたと思い込みほむらへの反発心も募らせていた。
マミだけが特別だったと思うさやか。

ゲーセンでポッキーを咥えながらステップを踏む杏子に近づくほむら。
近いうちにワルプルギスの夜が現れる事、それを狩ったら町から出ていく代わりにさやかには手出ししない様話すほむら。
さやかはほむらが話をつけると…
ワルプルギスの夜は二人なら狩れるだろうと応じポッキーを差し出す杏子。

さやかを案じ眠れないまどかは一人晩酌中の母に相談する。
やっている事は正しい事ばかりなのに…
ならば間違ってみるのも手だと母。綺麗な解決は望めないが…
若いうちに失敗の練習をしておくのも良い事だと。若いうちなら傷の治りも早いし大人になってからでは失敗できない。
だから大人はお酒を飲んでも良いんだよと。

さやかの心の支えである上條はさやかが知らない間に退院していた。
上條の屋敷の前に立つと中からヴァイオリンの調べが…
しかし…訪ねるのは躊躇われた。
そこに杏子が現れ上條を思うさやかの気持ちを逆撫でる。
人気が無い歩道橋に移動し対峙する二人。
そこにまどかが止めに入る。
変身しようとするさやかのソウルジェムを取り上げ歩道橋下に向かって…
ほむらがまどかを止めようとするもソウルジェムはトラックに…。
友達を投げるなんてとキュゥべえ。
突然倒れるさやか。
ソウルジェムを追いかけるほむら。
さやかを掴み死んでいると杏子。
さやかに縋り名を呼び続けるまどか。
ソウルジェムは100m程なら身体をコントロールできるが…と話すキュゥべえ。
ソウルジェムは魔法少女の身体から抜き出した魂を閉じ込めたもの。
過酷な戦いでハードウエア(身体)がどれだけ傷ついても死なない様に…便利だろうといつもと変わらぬ否いつも以上に表情の無い顔で話すキュゥべえ。
聞いてない!と激高する杏子。
正直に話すと皆怒ると不思議がるキュゥべえ。
トラックに追いつきソウルジェムを拾いさやかの傍まで戻るほむら。
意識を取り戻したさやかは何が起こったか分かっていない様子。

関連記事
スポンサーサイト
[2011/02/18 21:25] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<もち黒米入りの甘酒 「●食べた物の画像♪(275398)」 | ホーム | 放課後のプレアデス 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1591-5a0ded16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。