第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
甘酒作りに挑戦 「★つ・ぶ・や・き★(1274860)」
昨年から挑戦を考えていた甘酒作り。

甘酒作りによく用いられる炊飯器ですが、我が家には2つあります。
しかし、以前炊飯器ケーキで寿命を短くした事を思い出すと踏み切れませんでした。
魔法瓶も洗浄を考えると…
ちなみに我が家にはコタツもアンカもない。

そこでそれらを使わず発泡スチロールにお湯を張って甘酒の材料を入れた密閉容器を温めてみようと思います。
と言うわけで温度管理に不安がありますが取りあえずやってみます。(恒温槽が欲しい!)



材料は米と板状の米麹。
道具は甘酒を作る容器。温度計。発砲スチロール箱。

米麹の袋に書かれていた作り方では

1.熱湯殺菌した容器に炊きたてのご飯400gと70℃の湯1000ml入れ混ぜる。
2.60~65℃になったら麹1袋(200g)をほぐし混ぜ60℃にする。
3.容器に蓋をし毛布などで包みコタツの中やホットカーペットの上で保温8時間。
4.甘酒の出来上がり。そのままでも薄めても。
5.飲みきらない時は酸味が出ない様火を入れ冷蔵庫で保存。



失敗の可能性、我が家で甘酒を飲むのは私と姑だけなので量は半分(ご飯200g、70℃の湯500ml、米麹100g)に。
容器は糖化の過程でガスのやり取りがないので密閉容器に。
密閉容器の熱湯消毒に使った湯を発泡スチロールの内側に張り材料を混ぜ合わせた密閉容器を入れてから更に容器の9割程湯に浸かる様にしました。(途中でお湯ささないとダメかな?)
更に発砲スチロールの容器をエアクッションで包み暖房した部屋の中へ…

で、現在保温中。

さてどうなるでしょうか?
結果は後日報告します。





使用したのは↑これとは違いますが近くのスーパーで購入した同様な商品です。




↑1パックでご飯200g。一瞬、非常食用に置いてあるのが目につきましたが朝炊いたご飯があったのでそちらを温めて使いました。




温度計は↑これ。ガラスの温度計と迷いましたが万が一割った時を考えこちらに。




↑これなら温度・時間管理もお任せ!




いっそ↑これでも?
関連記事
スポンサーサイト
[2011/01/25 11:34] | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ストーリー・セラー (有川浩) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」 | ホーム | こうのとり見えた!(追記 1/26日の予測位置) 「★つ・ぶ・や・き★(1274860)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1585-83844c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。