第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
文旦のピール(砂糖漬け) 「★つ・ぶ・や・き★(1274860)」
年も明け仕事始めや始業式も過ぎ、家の辺りでは成人の日の昨日が左義長。
暦の上では今日が鏡開きですが昨日舅達にお餅を焼いてきてもらいました。

と言うわけで年明けからもう10日以上経ちますが、あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

年末の月食は見る事叶わず、しぶんぎ座流星群は是非!と思ったのですがこちらも親戚を迎えていたため晴れている間は見られず、時間が出来たと思ったら曇ってしまったり、寒さに負けたり…まあ仕方ないですね。条件は悪くなかったはずですがこれまでも正月と言う事で見逃すことが多かったですし…

そんなお正月は酒飲みの親戚に自家製シードルもどきを楽しんで頂いたり、代わりに美味しいワインをごちそうになったりでまあそれなりに楽しかったです。

さてお年賀に回ってきた姑が伯父から文旦の一種と思われる大きな柑橘を貰ってきました。
何やら作って食べるとよいと言われたというのですが思いだせない姑。多分砂糖漬けだろうとあたりをつけて作ってみました。


手づくりピール



貰いもののため正体不明の文旦様柑橘は外観は薄い黄色。実は白っぽい透明でしたがなんとわたがピンク!初めは白っぽかった袋も剥いた後はうっすらとピンクに…
ピンクグレープフルーツとか実が赤い文旦はある様ですがこれは何なのでしょう?(写真撮れば良かった…)

初挑戦のためレシピは「文旦 ピール 砂糖漬け」で検索して適当で簡単そうなものを参考に…

苦さを和らげるため外皮を薄く剥き、残った皮とわたを茹でては水で洗い味見。苦み抜けるまで3回繰り返しました。
苦さが減り透明感が出て柔らかくなったら水を絞って計量。
皮と同量の砂糖(今回はきび糖と上白糖の二種類で作ってみました)と半分くらい浸る水、取っておいた果実を搾った果汁を加え炊く。
水分が僅かになったらざるに並べ日干し。具合が分からなかったので5日くらい干しました。
そしてジッパー付き袋に入れ砂糖をまぶしました。


きび糖で作った方はきび糖の茶色と同じ様な色になってしまいましたが上白糖で作った方ではうっすらとピンクが残っています。
完全には乾いていないためむっちりした触感。
甘過ぎず僅かに柑橘の苦みがあり香りが広がります。
本式のピールは難しそうですが長期保存しないならば適当でも美味しいです。
具合がよくわからず細く切ってしまいましたが大きなままで作っても良かったみたい。
干す時間がかかったりオーブンで乾燥させなければならないかもですが、後から切った方が幅を揃えたり見栄えも綺麗なようです。

また作れそうな柑橘が手に入ったら挑戦してみたいと思います。で、今度はチョコレートがけもしてみたいなあ。
関連記事
スポンサーサイト
[2011/01/11 09:39] | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<1月開始アニメ視聴状況(「魔法少女まどか☆マギカ」ちょこっと感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 近況 「★つ・ぶ・や・き★(1274860)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1579-f20e926d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。