第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
電脳コイル12 (宮村優子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
電脳コイル12 宮村優子 著 磯光雄 原作 板津匡覧 カバー原画 (2010年7月31日初刷 徳間エッジ文庫 徳間書店)



今より少しだけ未来の202X年。
小学生の間では、ウェラブルコンピューター《電脳メガネ》が大流行していた。
この《メガネ》をかけると、必殺技を手に入れたり、電脳ペットを飼ったり、子どもたちだけのとびきり刺激的な秘密の遊びをすることができるのだ。
ただし、《メガネ》を楽しめる時間には限りがあって……。
自分をあやつる声の正体を知ったイサコ。そのほんとうの目的を聞かされても、声から離れることは出来なかった……。
大黒市では《メガネ》グッズ店がつぎつぎと襲撃され、不思議な電能力を持つ京子が《メガネ》の小学生たちに狙われる。
すべての事件の背後にイサコの存在を確信するヤサコは、ついにイサコとふたりだけの最終戦争を決意する―!
(カバー裏より)


不動小エリアのメガネグッズ店が襲われたと聞いたヤサコはフミエと偵察に向かう。
開け放たれた店内は一見棚板が積み上げられ空っぽ。だがメガネを通すといくつも黒い穴が開き灰色の霧が立つ。
かすかな音…イリーガル?否、ヌル?触れられれば古い空間に電脳体が奪われ戻れなくなってしまう…
逃げようとする二人だが…動けない。
そこにメガネを外せと声が…
それはかつて敵として戦った観音小の三人組の一人。ツンツン頭のキタだった。

不動小エリアは元々荒っぽく電脳技でケリがつかないとナマの暴力に発展する事も多かったと話すキタ。
ここ2年ほどは収まっていたが、ある流民がいなくなって以来再び事件が起こり物騒で不安定な空間も増えている。
その流民とは猫目。あの卒業文集の封印された作文を書いた猫目宗助だと…

依存型と能力型の内、能力型流民である猫目。
不動小エリアを猫目が仕切る様になって以来2つの流民間の抗争は収束。
流民達は共存し、現役メガネつかい達への暴力事件も減っていたのに…

突然、ふり向かないで!と息だけで囁くフミエ。
通りがかった野次馬を装い店の外に出る三人。
強烈な気配と敵意。走りだした三人の背後を複数の軽やかな足音が迫る。

何とか逃げ切り息をつく三人。
そういえば…観音小のメガネつかい達の中に大黒小のメガネつかい達の事を聞かれた者がいたとキタ。
小学生ではなく年上の男が特殊な能力を持つ者を探していたと…
大黒小で特殊能力と言えばイサコだが、大人にもマークされているイサコならば今更…

フミエやダイチ達に京子について相談をするヤサコ。
京子のメガネ無しで電脳世界を感知できる特殊能力とそれが原因で遭遇した様々な出来事について話す。
ヌルに連れ去られそうになった事、頭部だけ古い空間に入ってしまった電脳ペットを救った事、隣のクラスのマトバが特殊能力を持つ子がいる筈だとメガシ屋に押し入ってきた事…

次々に襲撃を受けるメガネグッズ店、特殊能力の持ち主を探る年上の男の存在…それはどちらも京子を?

思い当たるのはメガシ屋に現れ困った事があったら力になると言ったメガマス社員の梶信彦だが…


一方、猫目と再会したタマコはメガネで失った時間を取り戻すため猫目を探しここまで来たと話す。
後二人、信彦と由史にも…
メガネのイベントの後に体験したあの実験。
あの後気を失い深い眠りについたタマコが目を覚ますと誰もいなくなっていた。
あの時傷つき損なわれた魂の一部を取り戻すため離れ離れになった三人に会いたいと話すタマコだが…
再会しても取り戻せる保証はないと猫目。それどころかもっと多くのものを失うかもしれない…
どういう意味?と尋ねるタマコに一瞬言葉を飲む猫目だが、天沢勇子を支配しようとしている人物こそ信彦だと告げる。


閉店間際のメガシ屋に再び信彦が現れる。
遠まわしに追い返そうとするヤサコだがずかずかと踏み込む信彦。
ヤサコを助けようとデンスケが信彦に飛びかかるが信彦には見えない。
デンスケを助けようと京子が奥から現れる。そして京子に気づいてしまう信彦。
信彦が帰った後、いさこおねえちゃんに、ゆかたのおねえちゃんに会いたいと言い出す京子。

おねえちゃんなら、きっと、たすけてくれる。



------------------------------------------------------------------


夏休み中に刊行され、読んではいたのですが感想がすっかり遅くなってしまいました。
今回もネタばれ無しでは書けなさそう(既に感想を書かれている方々も多いでしょうし…)なので未読の方はご注意ください。(もう少し踏み込んだ内容メモはこちら)


11巻でイサコは遂に声の正体であり探し求めていた兄でもある信彦と対面。
その信彦はヤサコの前にメガマス社員・梶信彦として登場。そして12巻。


大まかに流れを書き出して見ると、

大黒市では…

メガネグッズ店連続襲撃。
メガシ屋に梶信彦再来、京子と対面。
ヤサコがイサコに頼むも断られる。
メガシ屋襲撃と京子誘拐。
バスの墓場で黒客を召集してのメタバグ狩り・京子分裂・キューブとの対決。
イサコの小此木家訪問、デンスケの異変と封印されていた祖父の書斎。
ヤサコから去るイサコ。
マリリンマリーンからヤサコへ返答。遠い道が正しい。
信彦がイサコにヤサコのメガネをクラッシュするよう命じる。
ヤサコからイサコへクリスマスパーティの誘い。
兄のためではなく自分のために戦う事にするイサコ。
メガばあ帰還。メガシ屋にイサコ来店、メタタグ購入。(クリスマスイブ)
渡り廊下でのヤサコとイサコの対決。新旧校舎の屋上に夫々立つヤサコとイサコ、最後の最後で裏をかいたヤサコの攻撃をガチャギリが制止しようとするが…(クリスマス)


東陽山では…

タマコがメガネで失ったモノを取り戻すため猫目を探したと話す。
残り二人(信彦とヨシフミ)も探そうとしているタマコに忠告する猫目。
タマコにハラケンの異変(眠りながら叫んだ)が知らされる。
ヨシフミがハラケンの様な反応をしていたと猫目が思い出す。(クリスマス)
                                                                                          
メガシ屋襲撃を含む一連のメガネグッズ店襲撃には驚きました。流石に後味悪い。
メガネに力をつけさせないためネットの噂で呷って自滅させるのがやり口として汚いと言うか…(問答無用なキューブが潔いとは言いませんが…)
補導されても直ぐに解放されるとか季節の風物詩の様に信彦が語っている様子が…
謝罪に来た時のマトバ達の言葉が正しいなら煽られただけでなく何かあったのかもと勘繰ってしまった。
マトバが見せたメガネへの異常な執着やずうずうしさ。微妙な年齢とかリミットが近いからってあれほどのものなのだろうか?
メガネが増幅するのだろうか。
京子とメガばあのコンピューターを守ろうと自分を犠牲にするヤサコもちょっと…
あの時それ以外の手はなくて相手も同じ小学生だったけど…これも怖い。

アニメ版猫目のポジションの小説版信彦。兄だけにイサコが不憫です。
信彦はイサコが自分のために動くのは当たり前、自分のためだけに動き存在しなければならないと思っている様に見えます。
声として見守り応援していたと恩着せがましいけれどイサコの痛みや苦しみもモニター越しに見えていた筈なのに…
ヤサコとイサコの戦いを見守るフミエ達とは随分違います。
イサコはこれほど兄を探すために全てを費やしていたのに、声の正体に気づいても、対面した声の正体が本当に兄だと確認しても兄に逆らわずに従おうとしているのに…

子どもの頃から変わらぬプライドの高さと子どもレベルの征服欲に大人の行動力まで身に付け、せめて兄の暴走を止めようとするイサコを阻みます。
兄から許されたい、解放され自分を救いたいと願うイサコに信彦の言動は悲しく辛く切ない。
京子の筋を直してやる場面など余計に切なくさせます。幼いイサコにとって優しいお兄ちゃんな一面も持っていたのですね。

メガネを失っても失ったからこそ執着し、イサコに開かせようとしていたあっちの世界を使って全てのメガネつかいを、あらゆるものを思うがままに操り支配したいと考えている信彦。
しかし操って何が出来るのかどうしたいのかは見えてきません。信彦こそが誰かに上手い事吹き込まれ操られている様な…

信彦は自分から他者に目が向く事に敏感と言うか、自分に従わず意見する者に敏感と言うか…
技術も持たず良くも悪くも目立たないヤサコが目障りで仕方ないと言った感じ。(ダイチ、フミエ、ハラケン達は一定の電脳力を評価すると言う事なのか?イイジマは学年トップだからOKなのか?メガネが無い子どもは人形とまで言っているのでメガネ有効期限内限定なのか?)
ヤサコは成長していると思うけど…それは認めないと言うか見ないのね。
イサコとヤサコが互いに自分と似たものを見つけているからこそもどかしかったりイラついたり辛辣になったりしている事には気づいてないのね。(フミエ達は気づいていたのに)
信彦にとっては三人。猫目、タマコ、ヨシフミ達とは二度と会いたくないなんて…猫目がタマコに忠告した通りでした。


今回はバスの墓場や渡り廊下などこれまでの戦いや出来事を再現する場面が多かった。
京子の分裂には焦りましたがそれ以外はただ再現しているのではなく互いに熟知している敵でもあり仲間でもある皆と思い残す事が無い様存分にメガネを堪能している様に見えました。
そして辿り直す事で今までは見えなかったり見て無かった事が見えてきたり理解できるようになってきたのだなあと。

ヤサコとイサコの対決がどんな結果を齎すことになっても二人にとって避けて通れないのだとフミエもダイチ達も理解しているからこそ手出しはせずに見守ってくれたのでしょう。
たとえ二人の身に何が起こっても目を逸らさないで…

別行動していたガチャギリだけがイサコについて何かを掴んでおり止めようとしましたが何故?
メガネのリミット?
イサコは激しい痛みを堪えながらヤサコに対峙していたのでもしやイサコの電脳体の方がリミット?とも思ったりして…

その他に気になったのは…

バスの墓場でヤサコとイサコが聞いた囁きは誰が?
メガばあが語った爺が開発に関係したあの空間はアニメ版のあれと同じか?
旅先でメガばあが知った事とは?誰の行方が分かったのか?
仏間の奥の不思議な廊下、メガばあが封印した書斎、デンスケの首輪の暗号、鍵をかけなくていいのかと言ったヤサコのセリフ…アニメ版と共通?
タマコと猫目が言っていたイベントの後のあの実験で4人とも気を失ったとは?
タマコ、猫目、ヨシフミそして4人目は信彦なのか?イサコなのか?
マリリンマリーンがあの世でもこの世でもない所で人を助けている様ですが、それはバスの墓場でイサコが思い出した場所なのか?イサコに手を差し伸べたのはマリリンマリーンなのか?
バラバラになったものを結びつける…マリリンマリーンと京子は同じ?
行方不明のヨシフミはマイコ先生の弟だと思うのだけど何故行方不明?
ハラケンとヨシフミが意識不明であっても物事に反応していたのか?
ハラケンの叫びはヤサコがイサコを撃った事と関係があるのか?

等々気になる所が幾らでも出てきて…と言う訳で書いては止め書いては止めとずるずる1カ月以上。
次はとうとう最終巻の13巻。今秋と言う事ですが11月かな?と推測しております。
関連記事
スポンサーサイト
[2010/09/17 15:45] | | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<10角形のオクラ 「●食べた物の画像♪(275398)」 | ホーム | 熱い一日 「★つ・ぶ・や・き★(1274860)」>>
コメント
だんな様の腰は大丈夫ですか?
山本昌は元気でも、わが虎の金本は故障がちなので、くれぐれもご自愛を。

>アニメ版猫目のポジションの小説版信彦。兄だけにイサコが不憫です。
そうなんですよね。どうしてチェンジしたのか。
猫目とメガネ流民は浮いていますね。

>これまでの戦いや出来事を再現する場面が多かった。
それは感じました。小説版も長くなったので、ラストへの盛り上げか~くらいに考えてました。

>ガチャギリだけがイサコについて何かを掴んでおり止めようとしました
というか、ガチャギリの役割が気になります。イサコ相手だけでなく、全体についてのキーパーソンのような気もしています。

>タマコ、猫目、ヨシフミそして4人目は信彦なのか?イサコなのか?
あ、イサコだと思っていました。
信彦という目も残っていましたっけ?確認しよっと。

>マリリンマリーンと京子は同じ?
ラジオがある限りマリリンマリーンは、実在していると思っていたのですが、確かにメガネをかけている子供にだけ聞こえるという可能性もあります。
でも、京子同様にイマーゴという可能性もありますか。そうですね。

>等々気になる所が幾らでも出てきて…
本当に13で終わるんでしょうか?(汗)

どちらにしても、もう1巻よろしくお願いします。
[2010/09/18 00:29] URL | 藍麦 #79D/WHSg [ 編集 ]
藍麦さん

お陰さまで主人も通常の出勤に差し支えない程度に回復しました。お気遣いありがとうございます。
藍麦さんは虎党なのですね。金本も同世代、まだまだ頑張って欲しいです。

>猫目とメガネ流民は浮いていますね。

タマコとは違う立ち位置からメガネと接し生き残ったものとして何とかしようと思うのは良いのですが、2派の流民との関係が今一つよくわかりません。ムジカ1人だけならともかく不動小エリアではどう抗争をとめていたのでしょうね。流民はアニメでは存在しないので余計にわかりにくいのかもしれません。

>ガチャギリの役割が気になります。イサコ相手だけでなく、全体についてのキーパーソンのような気もしています。

誰を置いてもイサコを選ぶのは仕方ないとは思いますが、そうあって欲しいです。イサコを知ることがカギの様にも思いますし…

>あ、イサコだと思っていました。

タマコが4人と言うと先ずは信彦かな?と。メガネを失った後だからイサコ?と迷いました。

>マリリンマリーンは、実在していると思っていたのですが、確かにメガネをかけている子供にだけ聞こえるという可能性もあります。

番組も本人も実座はするとは思います。
ヤサコが自分への返答に感じたように京子と同じ力を持っている誰かや未来の京子?が子ども達だけに見聞き出来ている可能性もありますが…

>本当に13で終わるんでしょうか?(汗)

終わらせるんでしょうね。
これまでの巻の倍ぐらいページがあったりして?

>どちらにしても、もう1巻よろしくお願いします。

こちらこそどうぞよろしくお願いします。
[2010/09/21 10:11] URL | yamahusa #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1556-5962a396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。