第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RDG3  レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (荻原規子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
RDG3  レッドデータガール 夏休みの過ごしかた 荻原規子 著 酒井駒子 装画 (2010年5月30日初版発行 カドカワ銀のさじシリーズ 角川書店)


RDGレッドデータガール(3)

RDGレッドデータガール(3)

価格:1,680円(税込、送料別)





学園祭の企画準備で、夏休みに鈴原泉水子たち生徒会執行部は、宗田真響の地元・長野県戸隠で合宿することになる。
初めての経験に胸弾ませる泉水子だたが、
合宿では真響の生徒会への思惑がさまざまな悶着を引き起こす。
そこへ、真響の弟真夏の愛馬が危篤だという報せが……。
それは、大きな災厄を引き起こす前触れだった!   (カバー見返しより)



セミナーハウスでの一件の後、生徒会長の仄香に気まずさを感じていた泉水子だが執行部の会議の席で仄香は素知らぬ顔。
セミナーハウスで見聞きしたことも、影の生徒会長の村上穂高がいたことも別次元で起きたことであり学校やふだんの活動の時に混同して態度に出すのはルール違反なのだと知る泉水子。
あの時、生徒会を追い出されてもいいと言いきった深行もどんな取り交わしがあったのか平然としている。
会議は秋の学園祭に関する業務確認。
伝統を持たない分思い切った企画がまかり通る鳳城学園祭は派手で全体運営が大変。その進行スケジュールは夏休みを無視しているとしか思えなかった。

前期試験も無事終わり、夏休み目前、生徒会と学園祭実行委員会の合同会議で今年の学園祭のテーマが戦国時代であり、体育祭も学園祭に組み込み企画する条件で昨年より大きな予算運営することになった事が仄香から発表される。
実行委員会が寄せ集めな事を考えると素案作りは執行部の仕事。夏休みは出ずっぱりかと執行部員達。

そこで帰省をして良い事を確認する真夏。
仄香は自分はどこにも行かないつもりだが後は一部のブレインが手伝ってくれればよいと答える。
真響がブレインかどうか尋ね、例え真響が帰らなくても自分は帰ると宣言する真夏。
そんな真夏を自己中だと真響が諌めるが、怒った真夏は生徒会室を飛び出てしまう。
珍しくおろおろする真響。
高等部に今年から入学した真夏なので帰省したいのは当然だろうと理解を示す仄香に8月はきょうだいの命日があると真響。
真澄が亡くなったのは8月。
真夏の言い分が正しいと深行が素早く言えば他の部員達も口々に同意。

間をおいて真響が郷里戸隠での合宿を提案する。
格安で家族の様にもてなしてくれる宿を用意できると真響。戸隠での合宿ならば真夏も…

都心から離れた立地の学園は多少はマシとは言え夏休みに入れば冷房は消されてしまう。
交通費と少しで涼しい高原と聞いて乗り気になる執行部員達。
旅費は予定していなかったから自分は行かないし行かなくてもチャットなどで参加は出来ると深行。
保護者に承認を得るべき、その結果で合宿を行うかを決定すると仄香。
もし合宿が実現しなくても家に遊びに来ないかと泉水子を誘う真響。真澄が認めた泉水子と深行を。

これまで友達の家に遊びに行く事もままならなかった泉水子は真響の誘いを嬉しく思い、玉倉神社で泉水子を待つ佐和に帰る前に戸隠に寄りたいと伝えるが佐和の返事はあまり芳しくない。
その上、雪政にも戸隠行きを反対される。
かつて修験場として高野山・比叡山に次いで栄えた戸隠。
山伏とは異なる道・忍者を選んだかつての戸隠修験。
それでも戸隠山が霊山である事に変わりない。そんな所に泉水子の様な子が出かけていったら何が起こるかわからないと雪政も佐和も危惧していたのだった。
それでも泉水子が行くと言うのなら…役には立たないが深行を同行させると雪政。

こうして真響と真夏の家に招かれ、合宿に向かう事になる泉水子と深行だが…

泉水子と深行を招いた真響の思惑は?
真響と真夏が呼びだした真澄とは?
戸隠で何が?






発売されたのは今年の5月末。ようやく借りることが出来ました!


分かった事をメモ。

真響と高柳のナンバーワン争いは学園でただ一人の世界遺産候補になるため。
そのために真響も高柳も仲間を集めて備えていること。学園祭が本番?

高柳が学園の本命と見られている節があること。
パートナー枠は高柳への優遇を隠蔽するためと高柳の競争候補である可能性があること。

判定するのは穂高先輩や仄香達判定者。
判定者達は完全に中立の立場をとる。

真響は真夏のために世界遺産候補を目指していること。
真夏は真澄の様に心不全を起こす可能性がある事。
二人の力は先祖返りで父も祖父もそんな力は持っていない事。
でも一応父は二人の力を承知しているのね。(大学の研究何を専攻しているんだろう?)
父は二人の力が他人に目をつけられた事も危惧していたようでした。

そう言えば泉水子の高校入学前に父か雪政も世界遺産候補について何か言っていたような…
泉水子が候補になる事を山伏達は望んでいたんでしたっけ?(1・2巻も借りれば良かった…)

今回は真響と真夏が呼びだしている真澄の正体も…というかかなり厄介な…
真夏は真澄の正体をはっきりとは知らなくても『よろこばせなければならない』と思ったのは肌で感じていたのでしょうね。
それでも悪いものではない、良い悪いと断じてしまってはいけない存在と泉水子も感じていたわけですし…

もっと話し合うべき泉水子と深行。
泉水子は一人思い悩んで無茶(むしろ無自覚か?)するし深行は言葉が足りないし…

紫子さん登場!学園祭で会いたかった様ですが娘のピンチに飛んできてくれました。
二人とも知らされていない事ばかりですが、知る過程も試練の内なのかな?
紫子さんによれば教えるわけにはいかないみたいでしたし…
それにしても自分で強いと言える紫子さん、かっこよかった!

玉倉山の人(?)って和宮?
高柳が和宮に見た目が似ているのも気になりますね。



一気読み!まだ未完結ですが下の2冊と合わせて夏休みの読書にいかがでしょうか?




RDGレッドデータガール

RDGレッドデータガール

価格:1,680円(税込、送料別)



RDGレッドデータガール(2)

RDGレッドデータガール(2)

価格:1,680円(税込、送料別)














関連記事
スポンサーサイト
[2010/07/02 17:47] | | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<アニメ最終話感想(WORKING!!、デュラララ!!、鋼の錬金術師) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第63話「扉の向こう側」 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
いいですね~。3巻読まれたんですね。

うちの図書館では、まだ入荷していません。
いつ入るんだろう?
[2010/07/09 01:03] URL | 藍麦 #79D/WHSg [ 編集 ]
藍麦さん
いらっしゃいませ!
お陰さまで発売1カ月ほどで借りることが出来ました。

実は発売時点で新着図書に入っていなかったので今回初めて図書館にリクエストしました。
漫画やライトノベルのリクエストは難しいのですが、これは児童文学(YA?)の範疇ですし、1・2巻が既に図書館にあったのでリクエストしやすかったのです。

藍麦さんの方の図書館にも早く入荷すると良いですね。
[2010/07/09 09:47] URL | yamahusa #79D/WHSg [ 編集 ]
やっと借りられました。
後付けを見ると、第3版でした。(苦笑)

>学園でただ一人の世界遺産候補になるため。
RDGがここにつながっているようですね。
前に話しが出たような気もしますが、目指すってことは出でなかった気がします。

>泉水子は一人思い悩んで無茶(むしろ無自覚か?)するし
いや、泉水子の成長と見て上げましょう。(笑)
色々と前に出られるようになっていますし。
特に最後の深行との会話が良かったです。(苦笑)
[2010/08/05 23:51] URL | 藍麦 #79D/WHSg [ 編集 ]
藍麦さん
いらしゃいませ!お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

>やっと借りられました。
>後付けを見ると、第3版でした。(苦笑)

荻原さんのファンとしてはうれしいような、初版からもっと出して欲しい様な複雑な気持ちです。

>>学園でただ一人の世界遺産候補になるため。
>RDGがここにつながっているようですね。
>前に話しが出たような気もしますが、目指すってことは出でなかった気がします。

山伏達の思惑はともかく、表立って競い合うものだとは私も思いませんでした。

>いや、泉水子の成長と見て上げましょう。(笑)
>色々と前に出られるようになっていますし。

そうですね。
真響と一緒とはいえ買い物に出かけるなんて1巻の泉水子だったら想像もできないですよね。
自分の想いや意見を伝える事も難しかったですし大きな進歩ですね。

>特に最後の深行との会話が良かったです。(苦笑)

二人の今後が楽しみですね。
[2010/08/07 16:50] URL | yamahusa #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1544-7be9acc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。