第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第63話「扉の向こう側」 「アニメあれこれ(85598)」
外に出たいとホーエンハイムに語るフラスコの中の小人(OP無)

前回に続きエド対お父様。
錬金術を使わず素手で殴り飛ばすエドと最後まで力を求め、石に頼るお父様。
最後にお父様が石を求めたのはグリード。
グリードが抗う間もなく腹に腕を突っ込みグリードの本体を引っ張ります。
リンが必死に引き戻そうとしますが、巻き込まれるから放せとグリード。決して放さないリン。
そこでグリードは世界の王からシンの皇帝へと規模は小さくなるが共に戦うとリンを油断させておいて殴って手を放させる。
嘘をつかない事を信条としているグリードが吐いた最初で最期の嘘。リンを巻き込まないために…
お父様に一人引きずり込まれ腕を炭化。ランファンにお父様の腕を切らせ一人お父様の内へ…
賢者の石はランファンが持っている。それを持ってシンへ帰れと。
途端に手の甲のホムンクルスの刺青が消えるリン。

グリードはお父様の体を脆いボロ炭に変えていく。詰るお父様に遅めの反抗期だと言いながら…
取り込んだグリードを慌てて引っぱり出し噛み千切るお父様。グリードが!?
グリードの抵抗もここまで。
仲間に誘ってくれたリンやエド。
それまで小便ガキとかチビとか呼んでいた二人を魂の友と呼ぶ。
十分だ、何もいらないと満足気な顔で散り散りになっていくグリード。

グリードの後を受けボロ炭になったお父様の真ん中に拳をぶつけ破るエド。
途端に捕えられていたたくさんの魂が吹きあがり天に昇っていく。
一旦空気が抜けだすと外圧に負け一気に抜けて縮んでしまう風船の様に…

腹に空いた穴から黒い触手が現れ内側へ…触手に捕えられ縮み消えるお父様。
元のフラスコの中の小人の姿に戻ったお父様は真理とも神とも呼ばれる存在に対面する。
この世の全てを知るために一旦は取り込んだのに出ていった神。
何故と問うお父様に己を信じないからだと神。
他人の力を盗み人から生まれたのに神にしがみつき成長が見られないと…
お前は何だ?何様だ!?と尋ねるお父様。
神(呼び名は色々あるが…)とはお父様が人柱になった錬金術師たちに語った通り、思いあがった者に正しく絶望を与える存在。
全てを知りたい…そのために外に出たいと行動してきたお父様にとって絶望とは…フラスコに戻る事。
戻る事を拒み、どうすれば良かったのかと答えを求めるが触手に捕らわれ元へと…
答えは既に見ている…気づく事が出来なかったお父様。

一方エドはアルを迎えに…
賢者の石や人の命を使わずに体を取り戻すと約束したエドとアル。
賢者の石を使ってくれというリンの申し出を断り、後一人分残っていると命を差し出す父・ホーエンハイムを叱りつけるエド。
アルが戻る事を願う人々。
中でもアルに頼まれ間接的にあっちへと送ってしまったメイは大泣き。
考えに考えるエド。思考を止めてはいけない。前へ…
そしてエドが選んだのは…

棒を拾い人体錬成の陣を描き迎えに行ってくるとエド。鋼の錬金術師最後の錬金術だと…

扉の前に立つエド。
何を代償にするのか問う真理にこれは自分のモノだからどうしようと自分の勝手だと背後に立つ巨大な扉を示す。
エドが選んだのは通行料を支払い得た膨大な錬金術の知識。

真理を見て陣無しに錬成出来る様になった事で踊らされてきたが錬金術で全てなんとかしようと思っていたのは間違い。
タダの人間になり下がるのかと尋ねる真理に、キメラの少女も助けられないタダの人間だったとエド。
失えば錬金術が使えないがイイのかと尋ねる真理に仲間がいると答えるエド。
それこそが正解。
両掌を合わせ扉に両手を置くと途端に分解されていく。
勝手口はあっちだと指す真理も散り散りと…扉の前に座るアルが現れる。
無茶しやがってと言うエドに笑うアル。やせ細ったアルを支え元の世界へ…

アルが目を覚ますと周囲には皆が…
助け起こして貰い父の手に触れる。ようやく温もりを感じるアル。
アルに泣き伏すメイ。辛い事を頼んだと詫びるアル。

小さな小さな赤子になったセリムをブラッドレイ夫人に手渡すエド。
ラジオキャピタルから今回の騒動について流れる。
ブラッドレイ大総統の留守を狙い軍上層部で国民の多数を犠牲にする錬金術の実験が進行していたがアームストロング少将とマスタング大佐が阻止。首謀者の内二人の准将が捕えられ国軍も武装解除。
ブラッドレイ大総統と子息のセリムが亡くなった事が報じられると聞いていた街の人達が悲しみに顔を伏せる。
そして大総統の遺志を継いでマスタング大佐が国の安全を顕示、関係各位と協議を始めていると結んだ。

フラスコの中の小人が外に出る事を望んだ時の様子を思い出し生み出したのは自分の血だと思うホーエンハイム。
そこにアームストロング少佐が二人が病院に収容された事を知らせる。
エドとアルのお陰でこの世界は救われたと礼を言う少佐に涙を流すホーエンハイム。

ホーエンハイムが一人向かった先はトリシャの墓前。
人より長い人生に辛い事ばかりだったが…
トリシャと出会いエドとアルに出会えた事に感謝するホーエンハイム。
糞はついたがエドが親父と呼んでくれたと…
もう十分だと満足気に言いながらもまだ死にたくないなあと思う自分をしょうがねえなあと笑うホーエンハイム。
体の所々に入ったヒビ入りが急速に進み剥離していく。

手桶を下げたピナコがホーエンハイムに気づき声をかける。
トリシャの墓前で座り込むホーエンハイムの髪は真っ白。
ピナコが覗きこむと満足そうな顔で亡くなっているホーエンハイム。で、次回は最終話!







決着がつきました!


エドの選択。
最年少国家錬金術師として諦めず考えに考え、鋼の錬金術師として最後の錬金術を陣を描いて…
通行料と呼んでいたので通り過ぎるだけで代償を要するように感じていましたが、実際には人の分際では過ぎた知識の代償だったのね。

仲間の存在に錬金術を惜しむ事無く返却するエドならどんな仕事についても大丈夫でしょう。若いのですからまだまだこれからです。




アル戻ってきました!これで体を取り戻すエドとアルの旅も終わりですね。
やせ細っているのが心配ですが次回きっと元気な姿を見せてくれますよね?

グリードはお父様に一矢報いた後散っていきましたが満足そうな顔でした。

グリードを失い不老不死では無くなりましたが賢者の石はあるリンはどうするのでしょう?
アルを迎えに行く時のエドの選択と結果を見ているのでどのような選択をするのか楽しみです。

頼まれたとはいえ辛い役目を負ったメイはアルが戻るまでもアルが戻ってからもシャオメイと泣いておりました。メイの涙を見ると一緒にうるうるしてしまいます。

お父様はフラスコへ、ホーエンハイムはトリシャの元へ…
フラスコの中の小人とホーエンハイムの最終回でもありました。

ただ知りたいだけだったという小人の欲深い傲慢さ。神で無くても呆れます。
人から生まれ、人から盗んだ力を使い、都合が悪いものは分離して我が子に背負わせ全てが他人任せ。
知識欲があっても自分で動かなければ気づく事が出来なかったのは仕方ないかもしれません。

変わらぬ時間を過ごしたホーエンハイムは最期を迎えましたが、ここまできたらせめて孫の顔くらいは見せてあげたかった様にも思います。
ブラッドレイ同様、急速に年を取り、満足気に…

次回最終話。その後の皆の様子を見せてくれるのではと期待。



月刊 少年ガンガン 2010年09月号 「鋼の錬金術師」最終話再掲号(雑誌)[スクウェア・エニック...
今月号は手に入りそうにないですものね。
関連記事
スポンサーサイト
[2010/06/29 00:31] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<RDG3  レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (荻原規子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」 | ホーム | 薄桜鬼 第十二話(最終話)「剣戟の彼方」 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1543-f5b328ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。