第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
お父ちゃんと私 父・水木しげるとのゲゲゲな日常(水木悦子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
お父ちゃんと私 父・水木しげるとのゲゲゲな日常 水木悦子 著 水木しげる 画 京極夏彦 with FISCO 装幀 (2008年3月25日 初版第一刷発行 株式会社やのまん)

お父ちゃんと私

お父ちゃんと私

価格:1,260円(税込、送料別)




「早起きすると怒る」
「クソの話で盛り上がる」
「電化製品のトリセツは捨てる」
「お父ちゃんが椅子から転げ落ちたら、その瞬間写真に撮る」

―これすべて、水木的教育指導です(悦子)  (カバー見返しより)



妖怪漫画家・水木しげるさんの次女・悦子さんが書かれたエッセイ集です。
妖怪専門誌「ようかいどうかわらわばん」に連載されていたそうです。
執筆依頼された当時は「小学校の頃から作文は大のニガ手で…」と辞退されたとのことですが、なるほど、プロの文筆家が書いた様な洗練された文章ではありませんがそれだけにひょうきんでパワフルなお父ちゃんとお父ちゃんに振り回されながらも温かく見守っているご家族の様子が生き生きと伝わってきます。

というか水木さん、日常からして面白過ぎる!
マイブームとコレクションが凄い。
睡眠への拘りや旺盛な食欲があのパワーの源なのでしょうか?

人並み外れて丈夫な胃袋に至っては凄過ぎます!
ベビイの頃からの筋金入りのズイボ(食いしん坊)ぶりには呆れたり笑ったり納得したり。

そんな水木さんにもスランプな時期が…

取材旅行にはびっくりな事も多くて…

お父ちゃんに振り回されて怒ったり脱力したりしながらも心配したり可愛い!と思う悦子さんが良いです。
幼い頃の悦子さんと水木さんのエピソードも面白かったりほっこりしたり。


(株)やのまんの故・福永武司さんとお父ちゃんの水木さん、よくぞ勧めてくださった!


図書館で予約、先週借りる事が出来ましたが一気読み!


 
ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房

価格:1,155円(税込、送料別)



↑のファンの方にもお勧めしますし、夏の読書にも!




ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房

価格:1,260円(税込、送料別)



こちらは予約一杯で中々順番が回ってきません。


カランコロン漂泊記

カランコロン漂泊記

価格:1,155円(税込、送料別)



↑作中にも出てくるコミックエッセイ。読んでみたいなあ。

関連記事
スポンサーサイト
[2010/06/22 11:14] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<薄桜鬼 第十二話(最終話)「剣戟の彼方」 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第62話「凄絶なる反撃」 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1541-f283adf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。