第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ダンスインザヴァンパイアバンド 第8話「ニア ダーク」 「アニメあれこれ(85598)」
教会襲撃から一カ月。
ヴァンパイアに襲われるもワクチンによりヴァンパイア化しなかった生徒達の一部は学園を去り、教室には半数程の生徒が残るばかり。
アキラとの距離を感じ接し方に迷う由紀。
人狼、地の一族、背負った宿命…そしてアキラの心の中にはミナが…
優しく慈愛に満ちたミナとアキラと死闘を繰り広げたミナ。
複雑な思いを胸に生徒会立て直しのための草案を理事長でもあるミナに提出に向かった由紀だが…
ノートが異なる事に気づき慌てて教室に取りに戻る。
教室に一人いるアキラの前に美刃が現れ…
由紀が教室に入る直前、机を散らし姿を消す美刃。
驚く由紀に寝ぼけていたと誤魔化したアキラはミナの仕事が終わるのを待っていた。
机からノートを取りミナの元に戻る由紀。
と、由紀が間違えて持ってきたノートを読みふけるミナが…
慌てて恥いる由紀に勝手に見た事を詫びるミナだが由紀の書いた小説を高く評価する。(一部分からない表現は何かの符牒だと思ったようですが…)
教会でミナを庇い、涙した由紀。
嫉妬のあまり由紀がアキラに贈った指輪をアキラからミナに差し出したと嘘をついたのに…
由紀に指輪を返そうとするミナだがその手をそっと包み押し戻す由紀。
アキラを好きな自分達は腹心の友だと由紀。
ミナと由紀、種を越えた友情がここに!微笑ましく二人を見守るヴェラ。
そこにアキラがやってくるが知らぬ間に仲良くなっている二人に困惑。

平穏を取り戻したかに見える一方、街ではバンドを抜け出たヴァンパイアが人を襲い…
その中には生徒会長だった東雲ななみの姿も。
嘗ての固く真面目なイメージからは大きく外れ、血を吸うために色香に惑わせ…
そんなななみを探す隣家のユヅル。

デイトレードにかまける母に放任されていたユヅルにいつも優しく声をかけ夕飯を作ってくれたななみお姉ちゃんだったのに…
ある夜、ユヅルの元を訪れたななみはユヅルに口づけ牙を剥くが、ユヅルを求める自分を恥じユヅルから逃げ出す。
ななみを探しバンド近くに来たユヅルに襲いかかるヴァンパイアの男。
あわやという所でヴェラが止めると、爆発して散る男。
人を探すためにバンドに入れて欲しいと懇願するユヅルに人間はバンドに入る事は出来ないと諭すヴェラだが、探しているのがななみだと知りミナに知らせる。
ななみがヴァンパイアになった事に責任を感じているミナはユヅルを由紀に任せアキラと共にななみを探しに…
ようやく見つけたななみを追うミナとアキラを阻む何者かの針がアキラに刺さり…
アキラから伏兵有の知らせを受けベイオウルブズに知らせヴェラ自らもミナの元へ。
ななみに追いつき血の盟約を示し全力で救う事を誓うミナだがななみには既に…
突然現れたヒステリカと名乗るななみの新しい主は数に物を言わせミナとアキラを手下共で取り囲む。
その中にはヒコの姿も。
バンドに下る様説得するミナ。
仮にもヴァンパイアの女王ともあろうものが…とミナを嘲るヒステリカ。
正真正銘の王だと動じずお里が知れると窘めるミナ。
かかれとヒステリカに命じられ襲う手下共だが…それを切り捨てる男達。
ミナを守る様に立った彼等はレーゲンドルフに命じられ参じたベイオウルブズの8人の精鋭、ウルフボーイズ。
首領の女と少女には手出し無用だが他の者は塵に返せと命じるミナ。
総員抜刀!
沢山のヴァンパイアを次々切り裂き塵に返して行く。
流石に慄くヒステリカに近づき爪を立てるミナ。
銃を構える隙も与えず手刀を下ろそうとするが、止めるななみ。
宙を飛ぶミナをキャッチするアキラ。
ななみを止めようとするミナにキレ襲いかかるヒステリカだがそれを止めるヴェラ。
後はヴェラに任せななみを追う。
ヒステリカとヴェラ、二人が最後に会ったのは1918年のパリ。
フランチェスカと呼ぶヴェラに今はヒステリカの方が通りが良いと…
何度も主を変え今はテロメアの…
一人だけに仕え地味な格好のヴェラを詰るヒステリカ。
社交界では黒いルビーと歌われていたのに…
当時の華々しい姿を思い出し一緒に来れば良かったのに、何でも手に入れられたのに…とヒステリカ。
今はミナの信頼以外何一ついらないとヴェラ。
こんな島国で君子を気取る女王について…と蔑むヴェラに姫を愚弄するなとナイフを手にするヴェラ。
90年前の決着をつけてやる!とヒステリカ。

お茶を入れ戻ってきた由紀だがユヅルの姿が無い。
ななみを探し外に出たユヅル。

ななみに追いつき怨んでいるだろうと声をかけるミナに怨んでいると返すななみ。
ヴァンパイアにされた事ではなく、今まで気付かぬふりをし必死で隠してきたユヅルへの想いが止められない事に…
ユヅルを汚す前に、自分を嫌いになる前に…涙を流しながら殺してと懇願するななみ。
そこに現れたユヅル。
自分の姿を恥入り見ないでと逃げ出すななみだが…
ユヅルを払い除けるヒステリカはユヅルを案じるななみの後ろ髪を掴み捕える。
後れをとったと詫びるヴェラ。
私の計画を楽しみに…と立ち去ろうとするヒステリカ。
それはヴァンパイアの脅威を知らしめる素敵なイベント。
逃すまいと追うアキラに飛びかかる手下共。
邪魔な狼少年だとヒステリカが携帯のボタンを押す。
途端に内側から膨れ上がる手下共。爆発!
姫の盾となるアキラ。
黒煙が晴れると狼に戻ったアキラに抱えられ無事だったミナが何かを拾い上げる。
プラスチック爆弾を腹に詰め込むより巧妙な手を思いついたな…とミナ。


EDの絵
大人で羽根が生えた様な姿の皆の後ろ姿から。
捕えられたミナを助けるためにアキラが人から狼の姿に変わり、次々に敵を倒していく様子が。
二人の指を赤い糸が繋ぐ。
解放されたミナに優しく微笑みかけるアキラ。アキラの手に頬を寄せるミナ。


エンドカードはカサハラテツローの描くミナ





人間である由紀の位置が今後どうなるのか気になっていましたが、同じアキラを思う者同士ミナと友になったのですね。
文豪に勝るとも劣らずな由紀の小説が色々と気になりました。
ななみは気の毒ですね。今後もヒステリカに利用されていくのでしょうか?
怪我を負ったユヅルも気になります。
ヒステリカ達が企むイベントとは?
ウルフボーイズ、今後のミナの警備は彼らが中心になるのでしょうか?




レベッカの土橋安騎夫が担当するオリジナルサウンドトラック
関連記事
スポンサーサイト
[2010/03/11 13:56] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<小説版電脳コイル11(宮村優子)の発売予定日 | ホーム | 今日から5年目 「★つ・ぶ・や・き★(1274859)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1496-cddd6221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。