第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
リオールの街で再会したホーエンハイムとアル
「久し振りだな、アル」ホーエンハイム
「うん」ぎこちないアル
「その…ピナコから聞いたよ。体の事とか…」
無言になる二人
「あ!いたいた」パイプを担いだ女
「ホーさん、一寸手を貸してくれないか?」柱を担いだ男
「ああ、はい。じゃ、後でゆっくりな」
「あ…うん」
被っていた手ぬぐいを外し呼びに来た男女について行くホーエンハイム
「あんた達が直してくれたあのラジオ!あれから調子イイよ。雑音も入らなくなったし」と上を指す配給所のオヤジ
ラジオを見つめるアル
「ごめんなさい。僕達がコーネルにチョッカイ出したばっかりに…」
「ああ、気にすんな。不正を暴いてくれたお陰で街は正気を取り戻した。暴動やなんかもあったが今はほら!」
壊れた建物の復旧に精を出す街の人達
トンカチを振るう音が響く
「イイ音だろう?街を上げて復興に取り組んでいるんだ。蟠りを捨ててな」
嬉しそうに眺めるオヤジ
「…僕も行ってくる!ロゼ、ウインリィをお願い」
駆けだすアル
「どら、俺達も手伝うか」ジェルソ
「行くぞ!ヨキ」ザンバノ
「え?飯は?」
ナイフとフォークを手に座っていたヨキを有無を言わさず襟を掴んで引きずっていくザンパノ
「働いて食った方が旨いだろ?おらこい!」
「おい!放せ!!…メシー!」

槌を振るう男の傍で杭を支えるホーエンハイム
「え?さっきの息子さん?」男
「あら?悪かったかしら…久し振りなんじゃない?ほっといていいの?」柱を運ぶ女
「いや~、何年も前に家を出ちゃったんで父親として信用されてないだろうし何を話せばいいのやら…」と笑うホーエンハイム
そこに
「父さーん!…あの…僕も働く!」アル
「ん」
「あ、それ、運びます!」男女から柱を受け取り運び「はい」と持ち上げ屋根の上の人に渡すアル
嬉しそうにアルを見つめるホーエンハイム

シャワーから雫がポタリ
伸びをするウインリィ
「ウインリィさん、湯加減はどうかしら?」ロゼの声
「最高です。ああ。湯船に浸かったのって何時以来だろう?」
バスタブに身を沈め手足を伸ばすウインリィ頬が温もりで赤くなっている
「着替えここに置いておくわね」カーテン越しにロゼ
「ありがとうございます」鼻まで湯船に浸かるウインリィ
(は~!ロゼさん良い人だあ)
「それにしても偉いわねえ。その若さでオートメイル職人として自立してるなんて。エドの足もあなたが?」
「ええ!幼馴染のよしみっていうか」
「すごいなあ。エドが立ちあがるための足を作った人か…回り回って私を立ちあがらせてくれたんだから、ウインリィさんは私の恩人でもあるわね」
「あ…」

テーブルには紅茶と砂糖
「死んだ恋人を生き返らせてくれる…奇跡の技と言うのを信じて私はレト教にのめり込んでしまったの。そんな時よ。エドとアルがこの街に来て教師のペテンを暴露したのは。今まで縋ってきたモノが突然消えて、絶望したわ」
お茶を一口飲むロゼ
椅子に座りロゼを見つめるウインリィ
「そしたらエドに怒られちゃった。自分の足で立って歩けって」
笑うロゼに慌てるウインリィ
「ごめんなさい。あいつ何時もそうなんです。何でもう少し優しくなれないかなあ…」
「優しかったわ。あれがエドの優しさ。貴方も分かってるんでしょう?」
「え!?…」頬を染め目を逸らしお茶を飲むウインリィ
「お陰で目が覚めた。私もこの街も」窓の外を見るロゼ
ロゼに並び街を見るウインリィ
窓の外には街を復興する人々の姿が…
「奇跡なんかに頼らず皆自分の力で立ち直ろうとしている。エドとアルのお陰よ」
「あ…」(エド…)
ウインリィの顔が曇る

「軍の奴らにくっついて来たは良いけど、何だかとんでもない所に迷いこんじゃったなあ…ああ、グリードさん」
太いパイプが走る上を歩くビドー
ハッとして下に降りパイプ隙間を這って進む
細い隙間を潜り抜けると顔の両側に人の頭の様なモノが…
「へ?…」
悲鳴を上げ床に伏せるビドー
見上げると沢山の人型がぶら下がっている
悲鳴をあげそうになる口を塞ぎ見上げているとシャッターが開き明かりと人の声が…
「倫理などと言うものは時代や個人によって変わるものだ。理由はそんなモノではない。個人が強力な軍隊を持たぬようにするためだよ、少将」
ぶら下がっている人型をぺちぺちと触るアームストロング少将
「人ではない…人形ですか?」
「そうだ。人の形をした容れ物に魂を定着させ兵を作る。我々の命令のままに戦う最高の兵。いわば不死の軍団だ」
「質問してもよろしいでしょうか?」
「なんだね?」
「その定着させる魂と言うのは何処から調達するのですか?」
「我々が踏み躙った、あるいはこれから踏み躙る国の者達からだ。戦場は大量の魂を手に入れる猟場となるんだよ」
隠れて聞いていたビドーが後退さりパイプの上を走り逃げ出す
「セントラル怖えー!酷え!飛んでもねえ!こんなとこにグリードさんがいるわけねえ!!」
泣きながら走っていたビドーが突然足を止める
パイプの上に立つ人影は…リン!

地面にシャベルを突き刺すホーエンハイム
「地下トンネル?」
「うん。この町の地下にあるか確認したいんだ。もしあったら…否、きっとある!それを…」アル
「一寸待て!人目の無い所へ行こう」
アルを制し人目のない所に移動
「つまり、国土錬成陣の発動を阻止するためにリオールに?」ホーエンハイム
「うん。そしたら父さんがいてびっくりしたよ。と、同時にラッキーだとも」アル
「ん?」
「セントラルの地下で父さんそっくりの男を見たんだ。父さんとは無関係だとは思えない。あいつが何者か知っているんじゃないかって」
「いいのか?アルフォンス」顔を背ける父
「!?」
「俺があっち側の人間だったらどうする?」振り返る父
ハッとするアル
「そんなにしゃべって筒抜けになるとは考えなかったのか?」
詰まるアル
じっと見つめ合う二人だが…アルの胴を軽く拳で叩き
「俺を信用してくれてありがとうな。嬉しいよ」微笑む父
「うん!」嬉しそうに頷くアル
(こんな男でも一応父親と見て信じてくれてるのかねえ?)頭を掻く父
(さて。俺も息子たちを信じて全て話すか…)真面目な顔になり
「話せば長くなるなあ。エドワードにも聞いて貰いたいんだが」
「!?…実は兄さん…行方不明なんだ」

青い空を背景に険しい崖に立つ山羊の姿
雪山に囲まれた街
銀行
「次の方どうぞ」
窓口の女が促すと銀時計と封筒が…
見上げる女
「国家錬金術師、エドワード・エルリックの研究費口座から金を引き出したい」ゴリさん
「ご本人様ですか?」
「代理の者だ。委任状と署名もある」
厚みのある封筒を内ポケットにしまうゴリさん
「ありがとうございました」
ゴリさんを見送る女だが、ゴリさんの姿が遠ざかるのを確認し後ろにいた上司と思しき男に目くばせする
電話をかける男
「バンクス銀行北区支店ですが、国家錬金術師、エドワード・エルリック氏の口座から現金の引き出しがありました。代理人だと言う男が…え特徴は屈強な大男で…」

テーブルの上に封筒に入った二束の札束を放り投げるゴリさん
「ほらよ!治療費だ」
「ふんふん…はい。確かに頂きましたよ」数えて顔を上げる老医者
「ったく!こんなにぼったくりやがって…」
「何言ってんだい!口止め料も含めりゃ妥当だろう?」お茶を入れる老看護婦?
「まあ俺達の事を詮索しないでいてくれるのは助かるがな」
「ダリウス!」窓から外を窺っていたライオン男が呼ぶ
何人もの兵士の姿が…
「チッ!気付かれたか…」

ドアがノックされ顔を出す老医者
「はいはい…おや?軍人さん。何処か悪いので?」
「人を探している!」と中に入る軍人
老看護婦に包帯を巻いて貰っているライオン男
「患者は一人だけか?入院してる者は?」
「奥にもう一人…」
老医者を突き飛ばす様に奥に向かう軍人達
がばっとカーテンを開けると…ベッドにはゴリさんが…
「入院患者はお前だけか?」
「はあ、そうですが。何か?」
「貴様…銀行にいた男だな?」
睨むゴリさんに銃を向け
「動くな!」

廊下で待機する軍人に白い衣を着た誰かが近づいてくる
「止まれ!この病院の者か?」

「布団からゆっくり両手を出せ!」ゴリさんに銃を向けた軍人

「最近この病院に出入りしている他所者を見なかったか?」
ネギマや缶詰め、パン、紙パックの飲み物が入った紙袋を抱えネギマを咥えた金髪の…

そっと銃を構えるライオン男

「特徴は…」紙切れを取りだす軍人

「どうした?両手を上げろ!」
布団の下で何かを握るゴリさん

「服装は、赤いコートで、金髪の三つ編みの…チビ!」
思わず串を噛み切るったのは!

ドン!と言う音がし「何だ!?」とゴリさんに銃を向けていた軍人
もう一人の軍人が慌てて廊下に出て
「ハリス!?…しっかりしろ!」
助け起こすと顎を殴られ気絶している
「誰にやられた?おい!」

再びドンと言う音がし、何かが倒れる音が…
ゴリさんに銃を向けていた男がハッと廊下を見ると…、向かいの部屋のドアがギシリと音を立て開いている
「コーエン!ハリス!何があった!?返事をしろ!!」
両手を挙げたゴリさんに銃を向けたまま尋ねる男
と突然オートメイルの腕がバンと音を立て壁から!?
男の首を抱え込む
呻く男を茫然と見るゴリさん
泡を吹き意識を失った男を放す腕
「あ~あ!全部一人でやっちまいやがって…」
銃を持ったゴリさんが起き上がり近づいて行く
「あんまり無理すんな。まだ体力は戻ってないだろう?」
「病人扱いすんな!もうバリンバリンの、本調子全開だぜ!」
串を咥え、髪を下ろしたエド


アイキャッチ(入浴中のウインリィ)

CM






2010年02月24日発売予定!DVD第7巻。初回限定版。
関連記事
スポンサーサイト
[2010/02/15 14:17] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | はなまる幼稚園 ご 「はなまるな探偵団」「はなまるな初恋」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1482-b91fb873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。