第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第42話「反撃の兆し」 「アニメあれこれ(85598)」
廃屋の中で研究書の読み解くマルコー、メイ、スカー。
錬金術の研究書は一般人が読んでも理解できない様に比喩や暗号が用いられるが、そうした表現が使われず金や不老不死に関する記述が多い事から金や不老不死に着目して読み解こうとする三人。だが…
その時意識を取り戻したアルは鎧がバラバラにされている事に気づき驚く。
突然意識を失ったアルを担いで運ぶために分解させて貰ったとスカー。
バラバラのアルを元の状態に戻しにかかるマルコー達。
組み合わせを間違えない様慎重に合わせていく皆。
バラバラ…組み合わせ…
閃いたメイは研究書の綴じ糸を切りバラバラにする。
慌てて拾い集めようとするマルコーに金や不老不死に関する記述で同じ表現の部分を重ね合わせてみるとメイ。
そして並べられた研究書に書かれた陣を結ぶと…国土錬成陣!?
意気消沈するマルコーやキメラの男達。
兄ならもっと先まで辿りついていたと考えていたスカーも。
バラバラにも気付けなかったのだからまだ隠された何かがあるとアル。
再び研究書をじっと睨む皆だが…くしゃみで並べていたた研究書を派手にひっくり返すヨキ。
キメラの男達がヨキを詰るが、危機的状況を逆転させるんだと表と裏、そのままひっくり返す事を提案するアル。
そして再び陣を結んでいくと現れたのは…錬丹術を組み込んで発動する新たなアメストリス国土錬成陣!

掌の傷を舐め坑道を歩くキンブリー。
人の通った形跡は無く戻ろうとするが赤いバツ印がついた入り口に気づきそこから更に下へと続く階段を降りる。
その先にはスロウスが掘っていたトンネルの瓦礫を運び出すために使われていたと思われる線路とトロッコが…
突然キンブリーの背後にプライドが現れ、スカーの追跡は後にし先にブリッグズに血の紋を刻めと命じる。
ブリッグズ兵の強さと一枚岩ぶりは相当なもの、簡単にはいかないと振り返らず答えるキンブリーだが、その強さを利用しろと。
スロウスが掘っているトンネルがじき完成。
ブリッグズの砦に血の紋を刻んで見せましょうとニヤリとしながら応じるキンブリー。

帰還したマイルズを迎えるバッカニアとファルマン。
坑道が崩れるほどの爆発がありキンブリーとその部下たち、そしてエドも行方不明、捜索したが誰の死体も出て来なかったとマイルズ。

西にいるブレダと連絡をとるファルマン。
ペンドルトンの国境戦は態と戦死者をだしているとしか思えない戦いぶり、軍が錬成陣を作るために率先して流血沙汰を起こしている様だとブレダ。
南のフュリーもフォトセット南部でアエルゴ軍と…激しい砲撃で仲間が…絶対生き残ってやると走るフュリー。
大佐とは連絡を付けているのか聞かれ、アームストロング家縁のメッセンジャー(花屋のおばちゃん)を使い逐一連絡を付けているとファルマン。
北も大変そうだが気をつけろと言うブレダ。
この国を地獄に変えようって奴の手下が着々とその準備を進めてるってのに何一つ手出しできないと嘆くファルマンの足下でトンネルを掘り進むスロウスがとうとうトンネルを完成させた。
もう仕事しないでいいかとプライドに問いかけるスロウス。
もうすぐだとお父様。


アイキャッチ(プライド)

CM

アイキャッチ(ホーエンハイム)


暴動で壊れた街を復興するため働く人々。
人々に平等に温かい食事を配るロゼ。
とそこに行き倒れのホーエンハイムも…
食事を取り人心地つくホーエンハイムに何をしに来たのか尋ねる男。
暴動の所為で何も無い街になったと言うロゼ。
美味しい食事があるのに?と言われこんな事しか出来ないと謙遜するロゼ。
温かい食事とロゼの笑顔が皆の力になっているとホーエンハイム。
世話になったついでに暴動の原因となったレト教の本部への案内を頼む。

崩れた教会の中、地下へ降りる通路はいつの間にか普通の人間は入れない様毒の水に満たされていた。
しかし、躊躇なく歩きだすホーエンハイム。
慌ててロゼ達が止めるが、奇跡の技!?じゃなくて、錬金術!錬成光と共に橋がかかっていく。
二人に待たせ奥に向かったホーエンハイムは線路が続く地下道を見つける。
デカイ物作りやがって…線路を進むホーエンハイムが呟き足を止める。
いきなり当たりか…
途端に遅いかかる沢山の眼や歯が付いた影。
障害物を出しながら逃げるホーエンハイムだが瞬く間に崩され足止めにもならない。
しかし侵入した穴に倒れ込んだ途端、影は入ってこない。
フラスコの中から出て来れなかった最初のホムンクルスと同じ…トンネルとセントラルの町という容れ物から出られない。
引きこもりと言われ苛立ちを見せた影を怒ってる?と更に呷るホーエンハイム。
怒りも他の要らぬ感情も父の中に置いて来たという影はプライド(傲慢)だと名乗る。
人にある7つの罪、色欲、強欲、怠惰、暴食、嫉妬、憤怒、傲慢。
プライドの父が最初に切り離したのはプライド。
フラスコの中にいた頃の姿に似せて切り離した事からその姿こそが傲慢で自尊心が強いプライドの父の本質かと指摘するホーエンハイム。
父上の所へ来ていただこうかと平静を装うプライドだが、そう焦るなとホーエンハイム。
呼ばれなくてもその内奴隷23号が会いに行くから待っていろと…

その声に応え待っているとお父様。

戻ってきたホーエンハイムに何かあったか尋ねる男。
危ないから誰も入らない様に言って置いて下さいとホーエンハイムが言うと橋が錬成光と共に壊され落ちる。
奥で何をしてきたのかロゼに聞かれ宣戦布告と答えるホーエンハイム。

酷い吹雪の中、ブリッグズの砦の壁の上、見張りを交代する兵士達。
と吹雪の中5つの大きな黒い影に気づく兵士達。
吹雪の合間に見えるのは…ドラクマの!? 
サイレンが鳴りドラクマから開戦宣言があった事が知らされ戦闘配備に着く兵士達。

ブリッグズの北壁が不在とはありがたいと双眼鏡を覗くドラクマの司令官らしき男。
男が呼び掛け背後に立つのは…キンブリー!?
こちらの手の者が砦の中に多数いて戦闘開始で内応し混乱に陥れるだろうとキンブリー。
長く攻略出来なかったブリッグズを今日こそ!と男。
さあ!宣戦布告ですよ。派手に花火を打ち上げ様じゃないですか!
男の命令で一斉に火を噴く砲台。

ED


電話ボックスから何処かに電話をするキメラの男の一人、ザンパノ。
マルコーがアスベック村のスラムに潜伏中だとセントラルに密告。
お前の身は保証してやると電話を切ったのはエンヴィー。
腰掛けていたブラッドレイの机の上から降り、マルコー!楽しくなってきたよとニヤリとする。



エンドカードは行き倒れのホーエンハイム


次回、第43話「蟻のひと噛み」




----------------------------------------------------------

研究書の読み解きのヒントになる事が強調されて描かれている様に思いました。前回も…否、毎回同じ様な事を感想に書いているかもですが…
原作コミックは読んでいるので何処が重要になるかを知っている所為もあるとは思いますが、コミックだとさらっと読み流してしまうところでもアニメでは重要な場面を強調して分かりやすくしているのでしょうね。

とうとうスロウスは掘っていたトンネルを完成させてしまいました。
それに合わせる様に西でも沢山の戦死者を出し、南でも…フュリーが!?頑張って生き延びて!
そして北でも開戦宣言が!
プライドから血の紋を刻め(この時のにじり寄るプライドの触手の様な手が何とも…)と命じられたキンブリーはドラクマに加担!?
味方を売ったのか?それとも両者共?あるいは…
宣戦布告のキンブリーさんのニヤリとした顔が良いです。今週のキンブリーさんは美人さんでした。

今回はホーエンハイムも宣戦布告。
こちらは取り合えず宣言だけで、対決の時はもう少し先の様です。

EDでも思ったのですが、黒い影で現れる時のプライドって描きやすいのか表現しやすいのか何か意味があるのか横向きに描かれている様に思う。
そこだけ違和感を覚えるのですが…(EDで影のプライドがエドに向かっていく様子も…)





DVD第6巻。発売中!第19~22話収録。

封入特典
FA CHARACTER VAULT(アイキャッチカード収納ファイルケース)(初回のみ)
EYE CATCH CARD(初回のみ)
ALCHEMIST'S LOG(16P特製ブックレット)(初回のみ)
キャラクターデザイン菅野宏紀による描き下ろしジャケット

映像特典
『ハガレン4コマ劇場』(4話収録)



2010年02月24日発売予定!



TB送信先
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10447969159/395f4728
関連記事
スポンサーサイト
[2010/02/01 16:05] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<1月の読書記録(神永学) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」 | ホーム | 今年最大の…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1474-e47437e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。