第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン2 EX026(最終話) 「選択の歯車」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
「一巡目の非在化よりも…早い」智春

悲鳴を上げる朱浬
「出来なかった!」

朱浬の頭を抱きかかえる智春
「今までずっと、僕はあなたに助けられてきました。今度は僕が助けます」

両手で智春の頬を挟み自分の方に向かせ口づけるニア
驚く智春、操緒、奏

4体のアスラマキーナを連れた塔貴也に対峙し
「あんたみたいに、過去を捨てた奴に未来は来ないっ!」智春
「そうか…やはり君とは考え方が合わないみたいだね、夏目君」塔貴也
二人の背後から闇が立ち上り、アスラマキーナが互いの力をぶつける
「まずい!爆発するぞ!!」玲士郎
「ペルセフォネ!皆を!!」奏
翼を開き皆の盾となるペルセフォネ
爆発!白い閃光が広がる


CM

EX026 選択の歯車


爆発!
足場の岩に亀裂が走る

呻きながら立ちあがる玲士郎
「凄いパワー」六夏

苦しそうに息を整え前を見据える智春と奏
氷羽子を連れイグナイターを手にした塔貴也
「イグナイター!?」智春
「何時の間に!?」奏
ふっと嗤う塔貴也
「アニア・フォルチュナ。誰かに運気を分けたか?」
悔しげなニア
「随分と不運だな」
塔貴也が掲げたイグナイターを触手を伸ばし取り込んだハガネに赤い光が満ちていく
「これでイグナイターは手に入れた。アキのいる世界を作れるな。後は邪魔な君達を消すだけだ。ハガネ!」
大きく跳躍するハガネに対峙する智春
ハガネの拳を受け止めるクロガネ(改)だが…衝撃に叫ぶ智春
「夏目君」
駆け寄る奏とペルセフォネ
「あなたのお相手は私ですわ」
氷の鳥に乗った氷羽子が奏に迫る
奏に氷の鳥が氷刃を放ちペルセフォネが炎を吐いて阻む
氷の剣を振り下ろす氷羽子を炎剣で迎え撃つ奏
刃を交えるクロガネとハガネが離れた瞬間、ハガネの前に陣が現れクロガネに向けて…
「クロガネ!」智春
「遅いよ」
堪える智春だが堪え切れず倒れるクロガネ
「強!」六夏
「勝てないか?」瑤
立ちあがろうとするクロガネの前に陣を纏い拳を構えるハガネ
「やれ!」
苦しげに叫び声をあげる智春
「智春!」ニア
「夏目君!」奏
智春の方を向いた奏に氷羽子の剣が振り下ろされる
叫び声を上げるペルセフォネ
ハガネに踏みつけられるクロガネ
苦しげな智春
「留めを刺してあげよう」
「クロガネーっ!」
とハガネに何発もの弾が!
「今よ!智春」
ハッとする智春が「クロガネ!」と呼ぶ
答える様に立ちあがり目を緑に光らせたクロガネがハガネにぶつかる
呻く塔貴也
息をつく智春
「今の声は…」
声の主を探す智春の前に翼を付けた朱浬が!
「待たせた?智春」
今までと変わらぬ朱浬の声に笑顔が浮かぶ智春
朱浬(紫浬)の登場に切なそうな顔になる瑤
「あ~あ!なんてザマ?智春を助けに来たんでしょ?」
と瑤に近づき胸元を露わにする朱浬
瑤の胸に浮かぶエクスハンドラーの印
一瞬悲しそうに微笑み
「瑤。あなたは紫浬と共に戦いなさい。あたしは、黒崎朱浬は、夏目智春と共に戦うわ」
「朱浬さん!朱浬さん!」両手を振る智春
「あら?なあに?そんなに大声で叫ばなくても聞こえてるわよ」
「朱浬さん!」
嬉しそうな智春に笑顔を返す朱浬

足下に拳をぶつける塔貴也
「何だよ?何で思い通りにならない!?」
宙に浮かぶ目の様な異世界への門が燃える様に…
「な、何すか?あれ」真日和
「塔貴也が無理やり開いた異世界への門が、広がってきている!?」ニア
異世界への門が裂け目を広げて行く
気付いた塔貴也が門に向き
「僕を呼んでいるのか?そうか。そうだね。もうイグナイターもあるんだ。こんな世界にもう用はないんだった。さっさと飛んでしまえばいいんだ」
ふらりと門に向かう塔貴也
「あ!?」智春
「待て!塔貴也!!」ニア
「行かせるな!クロガネ!!」
「ヒスイ!ビスマス!ロードナイト!」
3体のアスラマキーナがクロガネを阻む
攻撃を受け止めるので精いっぱいのクロガネ
「どけ!夏目智春!!」
ハッとした智春が振り返ると真日和のヴィヴィアンに乗った玲士郎、六夏が!
雄叫びをあげ弾を放つ朱浬
「私達があいつらの相手をするわ!その間に行きなさい」朱浬
銃を撃ち放つ玲士郎
剣を振るう瑤
「真日和!3体までの距離は?」ヴィヴィアンから飛び降りる眼帯を付けた六夏
「約50mっす!」
衝撃を殺す様に深く膝を曲げ着地、手を地面に置く六夏
「OK!水晶!商談!!」
影が伸び水晶が現れる
「夏目君!今だ」瑤
「ボヤボヤするな!夏目智春!!」玲士郎
「部長を止めるのよ!」朱浬
「皆…」
クロガネに乗った智春が頷く
そこにペルセフォネに乗った奏が
「嵩月!」
奏の手を掴む智春
時空を移動しながら異世界への門に近づく

門を抜けニヤリとする塔貴也だがそこに現れるクロガネの姿にハッとする
「まだ懲りていないのか?氷羽子。君の魔力を貰うよ!」
微笑む氷羽子
ハガネの背に氷の鳥がとまると白く光り砕ける
途端に苦しそうに叫ぶ氷羽子
氷の翼と尾がハガネに一体化する
「ハガネが…氷の魔力を吸った?」驚く智春
息を切らし膝をつく氷羽子の体が透けキラキラと光が散る
「非在化…」奏
「これが…非在化。成程。面白い感覚ですね。この現象が進めば私達悪魔は消滅すると言う訳ですか」微笑むながら非在化していく掌を見つめる氷羽子
「どうして?何故そんなになってまで?」奏
「あなただって戦ったでしょ?」
ハッとする奏
「知りたいのです。世界の全てを。そして、私の存在と言う全てを」
立ちあがる氷羽子
「そのために主と戦うのです。今度は私が問いましょう。あなたは何故戦うのですか?何を知りたくてここにいるのですか?」
「私は…」
うっそりと微笑み答えを待つ氷羽子
口を歪め嗤う塔貴也
「私は…夏目君の事を…」
智春を見つめる奏
奏を見る智春
「夏目君の全てを知りたくて、どんな時も夏目君を見逃したくなくて、戦うの!」
真直ぐに前を見据える奏にハッとする智春
「その答えも面白いですわ」
「夏目君」
ペルセフォネがクロガネの肩に止まる
「私達も…」
「でも…」
穏やかな笑みを浮かべる奏に心を決める智春
「嵩月、ペルセフォネ、僕に魔力を分けてくれ!」
「はい!」
嬉しそうに答える奏
明るい光となりクロガネに染み入るペルセフォネ
途端に炎が広がり炎を纏ったクロガネに!
「さっき戦ってわかっただろう?そんな寄せ集めのアスラマキーナではハガネに勝てない!」塔貴也
氷を纏ったハガネと炎を纏ったクロガネがぶつかる
「何!?」驚く塔貴也
「先程より強い?」面白そうに笑む氷羽子
「そんな!バカな!?」
ハガネとクロガネが白と金の軌跡を描く
ハッとする玲士郎
「冷気?」
門を潜り現れたハガネの冷気に3体のアスラマキーナが凍りつき散って行く
「うわ~!まずいっす!皆、ヴィヴィアンで非難するっす!」皆を呼ぶ真日和
ぶつかるハガネとクロガネ
「アキ…」呟く塔貴也
ハガネの拳がクロガネの胸を捕える
「操緒!」智春
「凍らせて、粉々に!喰らえ!!」
ハガネの掲げた腕の上には巨大な冷気が
「でかい…」
「大丈夫です!夏目君。一緒に」
隣に立つ奏が智春の手に熱を帯びた手を重ねる
「嵩月」
見つめ合う二人
「消えろ~!」叫び放つ塔貴也
奏に頷いた智春は奏が指を絡めた手を前に掲げ
「「炎月!」」
クロガネの空いた左手に炎の剣が!
「二刀流!?アキと同じ構えだと?」
雄叫びをあげ構える智春
冷気をぶつけるハガネだが…
「バカな!?受け止められる訳が…」
ハガネの冷気を受け止めるクロガネにアキの姿が重なる
「アキ…僕を止めようとしているのか?…嫌だ!嫌だ!会いたいんだ!会いたいんだよ、アキーーっ!」
「僕は負けない!世界を救うんだ!それが僕の…」
冷気を二振りの刀で薙ぎハガネの目前に現れるクロガネ
「クロガネっ!」
ハガネの胸も二振りの刀で薙ぐ
叫びながら塔貴也が転げ落ちて行く


CM




そう言えばOPなかったかも…
関連記事
スポンサーサイト
[2010/01/06 14:36] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<アスラクライン2 EX026(最終話) 「選択の歯車」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 今年もありがとうございました(そして明朝は部分月食!)(1/1追記) >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1453-9b18c525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。