第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン2 EX020「カイメツの刻 ショウメツの闇」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容簡易版)



前回、仮面の女と氷羽子に襲われ危険な所を直貴(一巡目の智春)に救われたものの、鳴桜邸を爆破され、学生連盟に捕えられた智春達でしたが…
事情聴取されている間に再び仮面の女に襲われてしまいました。(学生連盟ってお粗末)
そしてその時捕えられたニアといつ捕えられたか分からない部長を智春と交換するとメールを送ってくる敵。

氷羽子の滅殺許可が出たと瑤も一緒に交換場所に指定された鳴桜邸に。
非在化の進む奏は留守番の筈が…最後までとも最期までとも聞こえるのが…

ニアを取り戻した所で攻撃する瑤。
瑤を掠める様に朱浬も撃ち放します。
ニアを庇おうとして身構えた智春と咄嗟に奏が現れて…

シロガネの攻撃を受け止める仮面の女は瑤が睨んだとおりエクスハンドラーでしたが…正体は冬琉!?
冬琉はシロガネを貫き…紫浬が…
朱浬にも瑤にも紫浬の存在は大きなもの。
シロガネを倒されるのと同時に朱浬にも瑤にも大きな精神的ダメージが…

次は奏…迫る氷羽子に止めてくれと懇願する智春。
自分さえ従えば…と思っていた様ですが冬琉、氷羽子の狙いは智春が窮地に陥れば現れるだろう直貴。

思惑通りハガネを伴い現れた直貴(一巡目の智春)は冬琉に向かって「歴史を狂わせている張本人」と言い、ここまで予定を狂わされるとは…と零す。
予定とは「異世界の移動を可能にしている超原重力炉、セントラルボーテックスを破壊の事」の様です。
これが何を齎すのか今一わかりませんが…(異世界に行き来出来る事が問題なのか?その存在そのものが問題なのか?)

ハガネはクロガネの重力制御とシロガネの空間切断能力を同時に操る事で完全な空間制御を可能とする最終形の完成されたアスラマキーナ。
例え冬琉でも倒せないと言う直貴でしたが、直貴自身が銃で撃たれ…
ハガネのベリアルドール、一巡目の奏も氷羽子に氷柱で貫かれ…

次はスペアを…智春が狙われますが、ニアと奏を連れ逃げろと、智春はスペアではないと朱浬が…
双子だった朱浬が言うとスペアというのも実感が籠っている様に感じます。
しかし既にボロボロだった朱浬も冬琉に貫かれ…

これ以上の犠牲は必要ないと止めに入る部長。
しかし直貴を撃ったのは部長。


部長はアスラマキーナの契約の仕組みの一端を智春に語る。


ハンドラーとはアスラマキーナを制御するために体内にナノマシンを注入された人間。
ベリアルドールを失ったハンドラーはナノマシンが変質し周囲の魔力を拒絶する電波妨害的な働きをする。
これがエクスハンドラーの魔力無効化の正体。
そしてエクスハンドラーにもベリアルドールになる資格がある。
(まあ今までもエクスハンドラーになった者がベリアルドールになる機会が無かっただけで資格があるともないとも言ってなかった様に思いますが…)

遺跡で氷羽子を使い奪わせた銀色のトランクは直貴のアスラマキーナだったハガネの祭壇を使い、エクスハンドラーである冬琉をベリアルドールに、契約をする部長。
冬琉の姉が生きているだろう三巡目の世界を作るために…

何だか唐突な感じ。
不登校とはいえコアラのぬいぐるみで現れた御茶目な部長が、亡くなった冬琉の姉の事で生きる望みを失ったり冬琉と行き違いになったりしたのをついこの前思いとどまり関係も修復したばかりだったと思うのですが、あれは芝居だったの?部長だけで?それとも部長と冬琉とで?
氷羽子とは一体いつ契約を?
冬琉は何時頃からこの計画に加担していたのか?それとも自ら?
こうなるとコアラ登場前から怪しく思えてくるなあ…(録画を消してしまっているので確認できませんが…)

もちろん、大切な人を失くし揺れ動く心は分からなくもないけれど…
加賀篝が悪魔を使って…もかなり非道ではありましたが、仲間だと思っていたのを裏切られるのも…
それだけベリアルドールになった愛する人を失う悲しみは大きいのでしょうが、それをわかっているのなら一巡目の奏も、紫浬(朱浬?)も消滅させるのがどれほど酷い事か知っている筈だし…
結局は自分さえよければなんでしょうけど…
ニアとニアの姉の研究もコアラでいれば見放題だったろうし…なんだかなあ…

先週ようやく顔見せした直貴こと一巡目の智春は消され(ハガネは丈夫でも生身は…)、大人っぽい一巡目の奏も僅かな登場で…
智春のために用意した科學部だったのにね、一番の障害になるとは一巡目の智春も浮かばれません。
一巡目の智春もですが皆で智春をスペア呼ばわりはやっぱりね。(だから朱浬さんがすごく良かったです!)


朱浬と瑤は生きているのでしょうか?
智春と奏とニアは何処へ?
操緒は何処へ連れて行ってくれたのでしょう?




「カミラジオ!」


【送料無料選択可!】アスラクライン2 バラエティCD / アニメ
2010年1月6日発売!
録り下ろしのドラマCDと、田尻光隆によるBGMを収録したサントラCDの2枚組の様です。



TB送信先
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-11-12-1/trackback (ウサウサ日記様)
http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/647-bb2b85d2
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1501-7eb482d6
http://kenkenmk2.blog94.fc2.com/tb.php/430-fe5319a0
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10391959215/11a89db0
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51591128
関連記事
スポンサーサイト
[2009/11/21 21:48] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第32話「大総統の息子」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 夏のあらし! ~春夏冬中~ 第7話「天城越え」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1410-68e31576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。