第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン2 EX017(第4話)「生け贄の名を喚ぶ代償」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
CM


「思った通りだ。アスラクラインも魔力を放出した直後は隙が出来る」恭武
「里見恭武!?」操緒
「加賀篝を殺せれば良かったんだけど、何か良さげな物があるじゃない?それ、持って帰ったら皆に羨ましがられるだろうなあ。大手柄だ」
カスタスマキーナに攻撃させる恭武
イングリッドが加賀篝を包み守るがロードナイトが銃弾にされされる
「後は僕に任せてこのまま無抵抗に死んでくれると嬉しいなあ…終わりだ!加賀篝隆也」嗤う恭武
「舐めるなよ坊や!」
ロードナイトが輝きイングリッドが触手を伸ばす
恭武の部下達が鎖に絡め取られイングリッドの触手が次々にカスタスマキーナを破壊していく
「これを見ろ!加賀篝」
捕えていたアニアをカスタスマキーナの爪で掴んで見せる恭武
「ニア!」智春
「ニアちゃn!」操緒
怯む加賀篝
絡められていた恭武の部下達の鎖が解かれる
「撃て!」
恭武が命じるとくるりと回転しカスタスマキーナに撃たせる部下達
撃たれ倒れていくロードナイト
「ロードナイトが!」智春
影に沈んでいくロードナイト
イングリッドが加賀篝を守るが…
その時キラキラと非在化が進むクルスティナが走りだす
「クリシィ!?」
真直ぐアニアを捕えるカスタスマキーナに向かって
「やめろ!クリシィ!!」
意を決する様にビスマスに両手を置くクルスティナが力を込める
猿ぐつわをかまされ声にならないアニア
「クルスティナー!」加賀篝
力尽きついたクルスティナの膝がガラスの様に砕ける
アニアに手を伸ばすクルスティナが涙のアニアに微笑みかけ倒れる
「悪魔の非在化か…こうなってしまうと哀れだね。でも安心しな。直ぐに楽にしてあげるよ」
鋏を広げ銃口を表しクルスティナに向けさせるが…不発
「あ?」
その隙に
「嵩月!頼む」智春
炎を纏い奏が向かう
「撃て!早く撃つんだよ!!くそっラックイーターの力か!?」
奏が炎の剣でカスタスマキーナの爪を断ち切り智春がアニアを受け止める
バランスを崩したカスタスマキーナはそのまま恭武の方へと倒れ逃げる恭武
奏がアニアを拘束していた綱を切ると
「姉様!姉様!しっかり!!」と姉に駆け寄り抱える
腕に罅が入り光の砂が零れるクルスティナの足先はほとんど消えている
「姉様!姉様!…どうして?…智春!姉様を助けてくれ!早く!お願い!…お願いだ!助けて!!」
アニアの涙が零れる
見ていることしか出来ない智春達
「クリシィ…」イングリッドに支えられた加賀篝が呟く
「あ…」
「やだ!やだ!姉様…」
と突然イングリッドが消え、アニアの腕に支えられていたクルスティナが光の粒になってしまう
泣き叫ぶアニア
ビスマスが爪を引き抜き
「煩いガキだな。随分手間取った。もう終りにしよう」恭武
睨む加賀篝の前に琴里が現れ加賀篝の頬を包む様に両手を添える
「私達を愛してくれてありがとう」
加賀篝から離れる琴里
「ダメだ琴里!約束…」
ふっと姿を消す琴里
「ビスマス!」
恭武に命じられビスマスが鎖を放つが最後の力を振り絞るロードナイトに遮られる
再び命じようとする恭武
「死ん…まさか僕の邪魔をする気?」
睨みつける智春
「覚悟したよ」
「ん?」
「僕は、自分の意志で痛みを背負う!」拳を握りしめる智春
「夏目君…」奏
智春の拳をそっと包む操緒
「大丈夫。智には操緒がついてるよ」
頷く智春
微笑み返す操緒がふっと姿を消し
「来い!クロガネ」
召喚する智春の影から現れるクロガネ
「ちっ!ウザいんだよ」
ドリルを向けるビスマス
手で受け止めたクロガネにヒビが入ると智春の腕にも痛みが…
呻く智春を嗤う恭武
「何だその様は?僕の勝ちだ。圧勝だ。ビスマスのランスの回転はどんな強力な魔力をも消滅させる」
嗤い続ける恭武
「だけど、回転しなければ何もできないんだろう?」
「は?」それまで余裕のあった恭武の顔が歪む「バカな…」
回転が止まり罅が入って行く
「何だ?この力…そんな!?嘘だろう?」
どこかから聞こえてくる呪文の声
クロガネがビスマスの腕を掴み引き千切ると叫ぶ恭武
クロガネの拳がビスマスに!
「終わりだよ、里見恭武。もうやめろ」
「終わりだと?僕はまだ負けちゃいない。お前みたいな甘えたガキに僕が負ける筈が無いんだよ!」
「これ以上戦えばあんたのベリアルドールが死ぬ」
唾を吐き
「そんな生贄の女が何人死のうと知った事か!」
「知った事か、だと?」
「そうだよ。誰が死のうと関係ない。僕が残ればいいんだよ!死ね死ね!何をしているビスマス?全員殺せ!」
恭武が振り返るとカプセルが露わになったままギシギシと動くビスマス
「そうだそうだ!皆、殺せ!」
嗤う恭武に憤る智春だが
突然苦しげに胸を押さえる恭武
振り返るとビスマスの胸を貫く光の剣が見える
カプセルが割れ液体が噴き出す
苦しげに転げる恭武
とビスマスがたすき掛けに薙がれ倒れる
背後から現れたのは…ガラスの様な巨大な鷲とガラスの様な剣を持った女?(鳳鳥氷羽子?)
ハッとする奏
睨むコアラ
剣が消える
「ごきげんよう、夏目智春様」
鷲に跨る女
銀のトランクを奪い飛び、天井を切り裂く
天井が崩れ逃げる智春達
穴を開けられ月の光が差し込む

見上げる加賀篝
「追わなくていいんですか?」智春
「俺達にはもう必要ない」
「え?」
座りこむロードナイトを見る智春がハッとする
「クリシィも琴里もいなくなった」座りこむ加賀篝
座り込むアニアの傍に座る奏
俯く智春の傍に現れ肩に頭を乗せる操緒

ディスクを手に歩くアニア
眠ってしまった奏を背負う智春
「あ!いたいた」元来た島へと戻る途中の岩に座っていた朱浬
「朱浬さん!無事だったんですね」智春
「何とかね…あら?部長、どろどろですね?」アニアからコアラを受け取る朱浬
ディスクをじっと見つめるアニア

「こいつをやるよ。クリシィの研究データが全て入ってる」アニアにディスクを渡す加賀篝
「良いんですか?」智春
「言っただろう?俺にはもう全てが必要無い。遺跡もデータも…未来も…」加賀篝の頬を伝う一筋の涙

遺跡のある島を見つめるアニア
「ニア、あの…」智春
「データの解析は私に任せておけ」
「え?」
「姉様の残した物は何一つ無駄にはせん!何一つ」
「ニアちゃん」目覚めた奏
「何だ?」
「お姉さんが、私は幸せだったって…」
涙が滲み唇をかむアニア
姿を現す操緒
「ニア…その、えと…大丈夫だ。僕達がついてるよ」
光が刺し朝日が昇ってくる
微笑むアニア「ありがとう」



決められずにいた事
迷子になっていたもの
あなたのぬくもりが道しるべ
解けそうな絆を
きつく、きつく、結び直せたら
いいな

次回、EX018 愛と魔力のせつない関係




2009年11月18日発売!DVDつき初回限定盤。「オルタナティヴ」PVを収録&デジパック仕様
関連記事
スポンサーサイト
[2009/10/28 15:48] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<夏のあらし! ~春夏冬中~ 第4話「みずいろの雨」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | アスラクライン2 EX017(第4話)「生け贄の名を喚ぶ代償」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1382-795cbc69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。