第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
07-GHOST 第25話(最終話)「真実は幾重にも連なる心の彼方に…」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
フラウ、カストル、ラブラドールを引き連れバクルスを掲げ白い光を放つテイト
「行け!」静かに命じるアヤナミ
ヒュウガ、コナツ、クロユリ、カツラギが刀の柄に手をかけ滑る様にテイト達に向かう
「仕方ありません。こちらも」カストル
向かいながらヒュウガらが刀を抜く
青いバクルスの文字と赤いザイフォンの文字がぶつかり…


OP


Kapitel.25 真実は幾重にも連なる心の彼方に…


俯き動かぬテイト
「如何した?大切ならば守って見せろ。お前の器がどれ程のものか示せ」アヤナミ
「教会の皆が死ぬ前に」顔を表に向け「お前を殺してやる!」
嗤うアヤナミ
「一撃で仕留めなくば、待っているのは」剣を抜き剣先をテイトに向け「お前の絶望だ。あの日殺した少年の様にな」
睨むテイト
思いだされるミカゲとの別れ
(お前は…何故何時も俺の前に立ちはだかるんだ!?嫌だ!もう何も失いたくない!!苦しい。憎い。憎い…お前が憎い!)

スクラーとして立つテイトにミロクが言った言葉
「情けをかけるなテイト。それは即ち己の弱さなのだ」
 
バクルスを構えるとスッと目が据わるテイト「殺してやる」
「良い目だ。私の檻の中でパンドラの箱を探すか、それとも絶望を再び辿るのか」近づくアヤナミ
(ファーザー…父さん…)
「テイト・クライン。お前の羽を手折る事など容易いが大人しく私の檻の中に入るのなら戻してやらなくもない。あの時、少年の命と引き換えに目覚めたこの瞳を…」
アヤナミの手から浮かび上がるミカエルの瞳がステンドグラスを反射する
ハッとするテイトに聞こえてくるミカエルの瞳の声
「呼んで下されば良いのに…困った時は何時も私を呼んでくれたでしょう?」
と、瞳を失った筈のテイトの右手甲が赤い光を帯びザイフォンの文字が浮かび上がる
「現れたか」アヤナミ
「覚えていますか?貴方が初めて人を殺めた日の事を…」

床に倒れるテイトと同じ年頃のスクラー
返り血を浴び立っているテイト

ハッとするテイト
「貴方の親友に刃を向けたあの日も…裏切り者のバスティンを倒した時も…全て私が必要だったのだ、あなたが壊れない様に。そして今貴方は壊れかけている。心から憎む男を前に。そして又私を必要としている。私が何でも殺してあげる」
瞳を掴むアヤナミ
「さあ、来るのだ。テイト・クライン」
バクルスを回転させ、両手で上に掲げるテイト
「消えろー!」
バクルスの描く十字架のまま白い光が放たれる
(何!?)困惑するミカエルの瞳
ぴゃ!と肩に乗るミカゲ
「この程度か?愚かだな、テイト・クライン」
帽子の鍔を指でなぞり拳に握るアヤナミ
赤い光を帯びた手からテイトの方に向ける放たれた!飛ばされステンドグラスにぶつかるテイト
割れたガラスが舞い散る
落ちていくテイトに聞こえるミカゲの声 
「大丈夫だ!テイト」
肩に乗ったミカゲを頬に寄せ
「ミカゲ…」
足下にザイフォンを放ち落下を止め上昇するテイト
「アヤナミ!愚かなのはお前の方だ。たとえ俺を檻の中に閉じ込めたとしても、お前は何も変わらない!何も救われない!!」
走るアヤナミと降下するテイト
互いの力がぶつかり合う
雄叫びをあげ白い光を放つテイト
剣を振り上げ赤い光を放ち相殺するアヤナミ
そのまま帽子のつばを指で擦りガードを出し、指をテイトに向けるが…手の内側が赤く光り出す
テイトの甲も赤い光を帯び、バクルスが白く輝きだす
バクルスで白い光の球を放つテイト
落ちる事でかわすアヤナミ
それまでアヤナミがいた場所に当たると周囲のステンドグラスが衝撃で砕け降り注ぐ
(何処までも邪魔立てするか!?フェアトラーク)睨むアヤナミ
「主よ、分かりますか?これがあなたの、ミカエルの瞳の力」ミカエルの瞳
「分かってる。だからこそ俺は!」
バクルスを振り翳すテイト
テイトを透明な球体が包み足下に現れた光の十字架が巨大化していく。
舌打ちするアヤナミ
白い光はテイト達がいる部屋の外にまで広がって行く

ハッとするフラウ、クロユリ、ハクレン
「フラウ司教!」ハクレン
振り返るランセとカツラギ
カストルとラブラドール、ヒュウガとコナツにも…

真っ白な光が広がる
教会の真ん中を囲むセブンゴースト像
ハッとするとテイトの元に呼び寄せられたランセ、カストル、ラブラドール、フラウの驚いた顔。
アヤナミの傍に寄せられたヒュウガ、コナツ、カツラギ、クロユリも…

テイトが掲げるバクルスが白く照らす
ふっと微笑むアヤナミが静かに命じる
「次の合図で引く」
「はいよ!アヤタン。何か収穫あったみたいだね」ニヤリヒュウガ
「ミカエルの瞳の器は私が追い求めるモノの良き道しるべとなる」
「じゃ、テイト・クラインは生かしとくって事?」
「一方が生きぬ限り、一方も生きられぬ。そういう事だ」
「ふうん」とニヤリ
「行け!」
「仕方ありません。こちらも」カストル
互いの力がぶつかり合う

教会内から眩い光が!
「何だ!?何が起こっている?」困惑する兵士達
「この光は…」「経典に記されている」「守りの光…」シスター達
ラゼットも何かを感じている様子

「アヤナミーー!」テイト
剣を構え前に出るアヤナミ
「私が繋がりを断つ。その瞬間に引け」
一瞬目を見開くヒュウガが笑い「あいよ」
拮抗する互いの力を断ち砕くアヤナミ
クロユリが手を翳すと黒い球体が現れ、背後に闇の穴が開く
カツラギ、コナツが飛び込み…姿を消すアヤナミ達

アヤナミ達が去り、フラウ達も又何処かに…
「守ったじゃないか?…お前も仲間を守ったじゃないか?アヤナミ」
「テイト…」
はらはらと舞い降りる白い羽根
「ミカゲ!?」
「さあ行けテイト。やるべき事、知るべき事がたくさんあるんだろう?」
背後からテイトを抱く様に首に両手を回すミカゲ
ハッとしていたテイトが俯き
「そうだったな、親友!」ミカゲを振り向くテイト
「そうだぜ!親友」テイトを見つめるミカゲ
ミカゲがそっと離れ姿を消すと同時に白い羽根が散る
肩にミカゲを載せて…
穏やかな表情になるテイトが歩きだすと、足首を掴む軍服を着た赤い目のテイトが床に腹ばいになっている
「逃がさない。お前を一番愛しているのは私だ」ミカエルの瞳
眺め、目を瞑り考えるテイトをじっと見つめるミカエルの瞳
目を開けたテイトは手を差し出す
「お前も一緒に行こう!」
はっと驚くミカエルの瞳
赤い光の粒となりキラキラと舞いあがる

前に現れたドアを開けるテイト
ドアの外には煙草を吹かすフラウが…
ハッとするテイトに
「合格だ!テイト・クライン」フラウ
傍にはカストルとラブラドールも
「尤も、途中からは司教試験では無くなっていましたがね」カストル
「でも、道を見つけたようだね。テイト君」ラブラドール
「道…」
「行くぜ!糞ガキ」テイトの頭にポンと手を置くフラウがテイトの顔を廊下に倒れている兵士達に向ける
「ん!?まさか、軍が…」
「派手にミカエルをぶっ放した奴のお陰でな」
取り出したマントをかけるフラウ
「早く着な!時間が無え」

走るテイトとフラウ達
「試験に受かったら司教見習いとして先輩の同伴をする決まりだ。お前はそれに紛れて第7区を脱出する」
前方に立っていたハクレンが振り返る
「テイト!」
「ハクレン!」「ぴゃ!」足を止めるテイト
「全く!お前は慌ただしい奴だ…俺は合格したぞ!」
「当然だ!俺はお前の合格を信じてた」
「テイト!次に会う時、俺は更に強くなってる。その時はお前の持ってる重たい荷を俺にも分けてくれ」茫然と見上げるテイトににっこりとし「お前はいい奴過ぎて困る」
(お前が眩しく霞む。瞼が熱くなって)
「ハクレン!何時か、ちゃんと全部話すからな!!」
がっちりと手を組む二人
手で合図するフラウ
頷きあうテイトとハクレン
「行け!テイト」
互いに振り向かず分かれる二人

教会の尖塔を掠める様に飛びさるアヤナミの艦隊
(なるほど…分かった気がする)

「君は、あの子を殺すのが惜しくなる」ミロク

(ミロク様がああ言われたわけがな)
立ちあがるアヤナミの傍にヒュウガが従う
「アヤタン。何が見えてるの?」
ふっと笑み席に戻るアヤナミ
「この次が楽しみだ、テイト・クライン」


CM


 
OP。結構好きでした。
関連記事
スポンサーサイト
[2009/09/29 15:24] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<07-GHOST 第25話(最終話)「真実は幾重にも連なる心の彼方に…」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 電脳コイル 9 (宮村優子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1344-4130c262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。