第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
化物語(下) 西尾維新 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
化物語(下) 西尾維新 著 VOFAN イラスト (2006年12月1日第一刷発行 講談社BOX)





阿良々木暦が直面する、完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは―!?
西尾維新が送る、極上の怪異譚。




第四話 なでこスネイク

忍野から仕事を頼まれ後輩・神原駿河と山の上の小さな神社に向かった阿良々木暦。
デートと勘違いした神原は初めての携帯を買い、重箱にいれた手作り弁当を持参。
今後の事も考え色々と誤解を解こうとする阿良々木だが、神原の持つ阿良々木への高評価は揺らぐ事無く…
階段途中、上から下りてきた少女に気付いた二人は避けて道を開けるが、すれ違った瞬間ギョッとする少女。
少女の姿に見おぼえがある阿良々木。
いよいよ神社に到着。
急に気分が悪くなった神原は食事をすれば治ると言うが仕事が終わるまでは食べるなと忍野から指示されていたため、仕事は阿良々木が一人でする事にし、神原には弁当を食べる場所を探して貰う事にするが…
何とか仕事を終え神原を探す阿良々木。
神原を見つけ声をかけ肩に手をかけるが…悲鳴を上げびくっとする神原。
先よりも顔色が悪い事を案じた阿良々木は横になって休めと勧めるが、違うと神原が指差した先には…
そして唐突に思い出す阿良々木。すれ違った少女は阿良々木の妹の友人・千石撫子。


第五話 つばさキャット

お弁当を食べている時に突然、戦場ヶ原ひたぎは阿良々木をデートに誘う。
付き合い始めて1カ月、阿良々木がどれだけ露骨に誘っても動く事のなかった戦場ヶ原が自ら!?
勢い余って?戦場ヶ原の後輩である神原とのデートを先にしてしまったと言うのに?
その記念すべき恋人との初デートとなる筈だった六月十三日。
文化祭準備を終え急ぎ正門を出た阿良々木を待っていた千石撫子。
阿良々木と神原にお礼を言おうと待っていた千石は神原に渡して欲しいと…
そこに校内一の才媛、委員長の中の委員長、阿良々木にとって大恩人でもある羽川翼が通りかかり声をかけると、驚き逃げる千石。
誰に対しても公明正大で優しく親切な羽川も流石に傷つき、気遣う阿良々木であったが…
急いでいたのを指摘された阿良々木は戦場ヶ原絡みであると打ち明けると、最近、戦場ヶ原が阿良々木から悪影響を受けているとの噂があると羽川。
そればかりか、神原と腕を組んで歩いていた事までも噂に…
戦場ヶ原の変化を好ましいものだと捕えていた羽川は戦場ヶ原に阿良々木と付き合う事で不名誉な噂が立つ様な事がない様、また戦場ヶ原を支えるためにも阿良々木は行動に気をつけるべきだと助言する。
と、頭痛を訴える羽川。勉強すれば治ると立ち去る羽川だが…




ようやく、化物語の下巻を借りる事が出来ました!(化物語(上)感想はこちら)


上巻に続いて阿良々木は怪異を引きつけると言うか引きつけられてしまうと言うか…
女の子を引きつけると言うか…

発言(時に行動も)はとってもあれな神原ですが、良い子ですよねえ。
あれな所は別にして面倒見も良いですし。
後遺症も幸い年月で解決できるようですし良かったです。
戦場ヶ原の影響をすごく受けている場面がちらほら。最強(最凶?)コンビだけありますね。
戦場ヶ原が離れていたところを引き継いでくれているのも良いじゃないですか。

表情には乏しくても、性格悪い物言いでも、意地悪でも戦場ヶ原は戦場ヶ原で阿良々木にとって何物にも代えがたい彼女ですし…
何だかんだ言っても色々な場面で戦場ヶ原なりの誠意を感じますし、毒舌もまた戦場ヶ原の可愛さなのでしょうね。
パパの登場には驚きましたが…父娘も全くの元通りとはいかないのでしょうが少しずつ穏やかな修復されていくのでしょうか?

羽川が…切ないなあ。
重いモノを背負っているのに、心の奥底に押し込んでいるうちに色々あったようですし…
阿良々木も気づけー!って思ったり…気づかせなかったんだろうけど…
いや、いくら公明正大でもそこまで親切!?…って読者は思っていたけどね。


2人の同級生、後輩、幽霊の小学生と来て、妹の友達!
それ以前に阿良々木が一生背負っていかなければならない鬼もいる訳ですが…

皆が向ける阿良々木への気持ちに程度の差はあっても、親しく思う気持ちには変わりなく。
怪異にさらされている女の子に気づいて関わってしまう阿良々木も変わりなく。
それでも繰り返していると言う事は学習・成長している訳で…あの結末は良かったです。後日談も。


阿良々木本人が遭った怪異と、羽川のGWの話は下巻でも回想の中でしか語られませんでした。
妹達も一端を垣間見せただけでした。

会話と阿良々木の語りがほとんどを占める所も、きわどくはあっても言葉遊びが効いた会話もとっても楽しかったです。


というわけで一気読み!上巻と間は空きましたがその辺りはアニメで補いながら…

感想は書いていませんがアニメも凄い!
あの文章をそのまんましゃべっているし、アニメならではの見せ方のため一部設定を変えているのも良い方に出ているのが凄い!(まよいマイマイで出てきた公園が原作とはかなり違うんだけど、上手いなあって思いましたよ。原作通りだと読んでいる分にはいいんだけど絵的に動きが全くないからね)


そして次は↓




関連記事
スポンサーサイト
[2009/08/27 12:43] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Pandora Hearts 第20話 「Modulation うつりゆく音」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 小説版「電脳コイル」(宮村優子) 9巻の発売予定日情報!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1290-3ec6e5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。