第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
07-GHOST 第20話「ふたりで捧げるレクイエム」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
CM


ヒュウガの刀を鎌で受けるフラウ
笑顔のヒュウガ
落下しながらミカエルの瞳に手を伸ばすテイト
「もう…少し」
テイトの傍に寄りながら切り合うフラウとヒュウガ
と、テイトを掻っ攫うフラウ
ミカエルの瞳を摘みニヤリとしながら見やるヒュウガ
「あ!?」テイト
交差する二機
「瞳が!…瞳が!」手を伸ばすテイトだが持ち去ったヒュウガの方を振り返らないフラウ
「フラウ!何で瞳を取らなかった!?何で俺なんか!」
舌打ちするフラウ
「退け!アヤナミの所へ行け!」
「糞ガキ!暴れんじゃねえ!」
襟首掴んで持ち上げるフラウ
「俺は、ミカゲの敵を討つ!アヤナミを殺して、瞳を奪い返してやる!」
と襟首から手を離しテイトを抱きしめるフラウ
「俺は何が大切か分かっている。それは、瞳じゃねえ」
ハッとするテイトが詰まる…

立ちあがるアヤナミが
(瞳は手に入れたか)
ハッとするアヤナミ
兵たちも…
「教会の人間が、迂回を支持しています」
前方から光の信号が送られている
表情なくラブラドールが睨みつける
「従ってやれ」
(次に会う時は貴様をいただくぞ。テイト・クライン)
向きを変える艦隊を見つめるラブラドール

着陸し飛びおりるハクレン
「テイトーっ!」
テイトに駆けよるハクレン
「あの天からの雷、お前がやったのか?すごい奴だな」
俯くテイト
「いや…」
「な!?…如何した?」
「ミカゲの敵を討つどころか、アヤナミを逃がして、瞳まで奪われた。父も、ファーザーも、命を賭けて、俺に託してくれた物なのに…」
ハクレンの手が伸びテイトを抱きしめる
「お前が無事で良かった!皆そう思っている」
漸く微笑むテイト
二人を微笑ましく見つめるフラウだが…
街の人々がざわめき指差す方にはクレーターの様な穴が開き煙が上がる
「軍の空挺が落ちたんじゃないか?」
「否、雷らしいぞ」
「あれ…俺の力なんだな?」
「そうだ」フラウ
(俺の知らない力が俺の中にあるんだ)
夕焼けに染まる街
聞こえてくる歌
ハッとするテイト
「どうしたんだ?」
「この歌…」
「歌?…何も聞こえないが…」探す様に見回すハクレン
ハクレンを置き歩きだすテイト
(記憶を…貴方の愛しい記憶を…)

ファーザーに抱かれた幼いテイトの姿…幼いテイトと目が合うテイト

(あれは…何度も思い出した事がある。俺とファーザーの姿)

記憶の中の二人とすれ違う瞬間

「行きましょう。ゼーレの地へ」
聞こえたファーザーの声

(あ…そうだ。あれは、遠い日の思い出。俺は、ファーザーと…)

ファーザーに抱えられたまま今のテイトを驚いた様に見つめる幼いテイト

(旅をしていたんだ)


「それで?帝国軍は何と?」カストル
「空挺団が教会の近くを通ったのは、戦地への近道をしたかったからだって」ラブラドール
「ふん!見え透いた嘘を…やはりミカエルの瞳については触れませんでしたか」
「うん。彼らは帝国の正式な命令じゃ無く独断で瞳を探していたんだろうね」
「お互いに公にはしたくないと言う訳ですか…」
ラブラドールの方を振り返るカストル
「これからどうなるのでしょうねえ?」
「テイト君は、もう進むべき道に気づいてるよ」

満月が照らす
「星に雪に記憶に、君の足跡探す。どうか永久の安らぎ、ここは夢の土地…」詠いながら歩くテイト
「それは…ラグスのレクイエムか?」
壁のレリーフに腰掛けるフラウ
「な!?お!?…お前…何でこの歌知ってるんだよ?」
「昔、俺の仲間で歌ってる奴がいた」
「そうか…」俯くテイト「フラウ」
「はあ?」
「助けてくれてありがとう」
「本当は瞳も守れりゃよかったんだがな」
「瞳が離れたのはお前の所為じゃない。きっと、資格だとか覚悟だとか俺の器が足りないから離れたんだ」
「考え過ぎるな。気休めにしかならねえが、瞳は主失くしては何の力も持たねえ。力をつけて瞳を取り戻せばいい。瞳は昔から、お前を主に選んでいるんだ」
「昔から…俺を…主に」
ハッとするテイト
「フラウ!俺、思い出したんだ。俺、小さい時はミカエルの瞳を使えていた」

ファーザーの傍で幼いテイトが玩具の様に瞳から白い骨の様なモノを出している姿が…

「な!?…ホントか?」
「うん。瞳を俺自身の意志で操る事が出来た気がする」

雪の舞う中ファーザーの手に引かれ歩く幼いテイト

「俺、思い出したんだ。ファーザーと旅をしてたって事。俺には知らなきゃいけない事がたくさんある。瞳も、記憶も、全部、取り戻す!」
握る拳に力が籠る
ふっと微笑むフラウ
「お前は失ってばかりじゃねえ」
「ああ。フラウ」
「は?」
「あの…バスティン司教の事だけど…」
「部屋に戻れ。糞ガキ」目を逸らすフラウ
立ち去るテイトかと思いきや…フラウの傍に上り背中を合わせる
「星に雪に記憶に、君の足跡…」詠うテイト

仄かに輝く双葉の植木鉢を手に歩くラブラドール
隣にはカストル

ラブラドールとカストルに気づくフラウとテイト
微笑むラブラドール
「これはね、エイビって言う木の芽なんだ。世界で一番長生きする木だって言われてるんだよ」
「ほお」
「この色の魂はフラウが一番よく知っているね」
ハッとするフラウとテイト
ぴゃっ!とミカゲ
鉢を受け取るフラウ
「中庭の一番陽のあたる場所に植えてやらねえとな」

日当たりのよい大きな木の根元に植えられたエイビ
陽を浴びて輝く葉


喪服から受験生達と同じ白い衣に換えたテイトがハクレンと喪服のフラウの元へ
「似合ってるぜ!その服」
「ミカゲを忘れた訳じゃない。でも、今からダチと一緒に試験受けてくるから」
隣に並ぶハクレンの頬が赤くなり…驚いたハクレンがテイトの方に向く
「ミカエルの瞳を失ったけれど、皆のお陰でここで試験を受ける事が出来る。ありがとう!行ってくる」
「お前達に神の御加護を…」
二人に手を翳し祈るフラウ
鐘の音が鳴り響く

階段を上る男
「今回のラッキーアイテムは…朝最初に手にした物…フフ。これだ。大司教補佐の証」
金色に光るパスを持ち眺めていたが…落としてしまう
「あ!…と」
からからと落ち、ようやく止まるパスだが…
階段を上って来た者に踏まれてしまう
「ノーっ!」男の叫び
ふと足元を見るテイト
ぴゃ!
踏んづけたのはテイト
テイトを押し退ける様にパスを拾う男
慌てて退くテイト
「ご、ごめんなさい」
真っ二つに割れたパス
嗤う男
「受験生か?…面白い!」
涙キラリ…
怯えるテイト達
駆けだす男
「覚えておきなさい!覚えておきなさい!!」

受験生達の列に並ぶテイト達
「何だったんだろうな?さっきの…」テイト
「さあ…」ハクレン
「おい!何処見てんだよ!!ジジイ」
老人の受験生が床に倒れこんでいる
「モタモタしてんじゃねえよ!」
「待てよ!今お前がぶつかったんだろう!?」テイト
「ああ!?」
素早く立ちあがる老人
「喧嘩はいかんぞ!若いの」
「とろいジジイで済まんのお」ソックリ同じ顔の老人が二人!
「静粛に!」
ハッとして前を向く受験生達
「ようこそ!選ばれた者達よ。さあ!諸君の人生と魂を賭けて司教試験に挑むが良い。私が司教試験巻最高責任者、ランセ司教である」
それは今朝、テイトがパスを割ってしまった男!?
「「ええ!?」」
驚くテイトとハクレン
怪しく笑うランセ


ED


少年は繰り返す
幾多の熱い出会いと
凍りつく様な別れを
それは偶然?
あるいは宿命なのか?


Kapitel.21
なぜゆえに、汝、敗者の扉をくぐる…



私がランセ司教である。





【23%OFF!】07-GHOST Kapitel.1 【初回限定生産】(DVD)
発売中!第1・2話収録

封入特典
webラジオ出張版CD「07-GHOST the World」
特製ブックレット




【23%OFF!】07-GHOST Kapitel.1 【通常版】(DVD)
発売中!第1・2話収録。

封入特典
特製ブックレット

関連記事
スポンサーサイト
[2009/08/25 22:04] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<07-GHOST 第19・20話(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第20話「ふたりで捧げるレクイエム」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1283-13fdfb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。