第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
宙のまにまに 第6話「よろしく」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
楽しかった合宿も終わり
心に残る「夏の思い出(サマーメモリーズ)」
帰りに色々あったけど
それはまた「別の話(えいぞうとくてん)」

「朔~。朔~。起きなさい。時間よ」
オムレツを作りながら呼ぶ母
「おはよ…何?」
ネクタイを締めながら台所に現れる朔
愕然としている母
「今日くらいネボスケしても…」
「は!?」
「朔の意地悪!ママの楽しみを奪って楽しいの?…もっとこう、若いヤングマンのところ丸出しにしてよ!」
「朝から何なんだよ!」
オムレツには今日から2学期ハート
「パパ!パパ助けて!私達の息子が巣立ってしまうわ!!」
「そんなんで電話するなー!」


バスで通学


9月1日、新学期
あっという間に終わった夏休み
何だか今までに無く色々な事があった気がするのは
単に高校生になって出来る事が増えたからなのかそれとも…


観測予定日に大雨!!
負けずにテルテル坊主つけた傘に合羽と長靴の美星

バースディサプラ~イズ!!
8月生まれの朔のため皆が集まってくれた

1学期よめなかった本を
バーンとドア開き
耐久
ヒ~でも乱入ーっ


(実際色々あったか…)


「次は蒼栄高校前~」

が誰もピンポンを押さない

(これは!バス通などで時々発生するピンポンバトル!?…皆が下車する上、互いに誰か押すだろうと思っているうちに妙な緊迫感に呑まれ誰もボタンを押さない…如何する?そろそろ押さないとマズイ…如何する?)
指を伸ばそうとすると背後から睨みつける学生達
とあっさり朔の隣に立っていた男性がピンポンと鳴らした
「次停まります」
呆気に取られ最後に降りる朔
「背、高…」

教室
「きゃあ~!白いモコミチがモコミチに~!」
「また頭がボンバってきたけど最早それもモコミって見えるわ~!」
日焼けした白モコミチに騒ぐ女子達

「うおー!何か夏休み中にすっごい変わってねえか!?」
「た、高木さん!何かありましたか?」
夏休み前は眼鏡だった高木さんが眼鏡を外して…騒ぐ男子達

夏休み明けの教室は久し振りに会ったクラスメートと話しが弾むが…こっそりと教室に入る朔
朔の肩をポンと叩くクラスメート
「大八木、俺達お前のいる世界にいけなかったよ…」
(そのライン引き、待って!)
そこに入ってくる美星、江戸川
後ろで見守っている小夜と部長
「朔ちゃ~ん!見てみて!私達の夜の写真が出来たよ~!」
夜の写真に反応する男子達
焦る朔
「見せてください!」群がる男子
教室の入り口で髪を撫でつける姫が騒ぎに気づき
「ああ!?新学期早々入り浸らないでください!」
「姫ちゃんおはよー!」抱きつく美星

掲示板には蒼栄祭のおしらせが…

星空の写真
「わー!写ってる、写ってる!」嬉しそうな美星
「こういったらなんだけどホントに写るんだな」感心する朔
「当ったり前じゃーん!夜明け近くの明るい空とか惑星とかならコンパクトデジカメでも写ったぜ」

ナイトモード&石をつんで固定
カメラに気合を入れる江戸川
横で花火の袋を持ちボー然とみている妹

「あ?これ!これは何?ブレた?」
何処かを中心に短い線が流れる様に写った写真
「違う違う!これも星!」
「星が動いているからよ。露出の時間が長い程この線が延びるの」小夜
「へえ~」
「じゃあ、このぼおっと緑に写ってるのは?」姫
星空に山と夜景が写る写真。山のすぐ上あたりが空より明るい感じ
「これは…市街地の光ね。山の向こうの。光害とも言われて問題になっているの」少しさみしそうな小夜
「うんうん」頷く美星も
「あんなに暗く感じた場所なのに?」朔
「そういえば、これ、写真部にお礼しなきゃ」
ハッとする江戸川が慌てて
「いえ、いいんです!お気持ちだけで十分です!!」

水着で写る小夜の写真が…写真部への献上品に…
「水着少女の儚い一瞬を手中に収める事こそ我らの責務です!」
写真部のやさしさは半分下心で出来ています。

「でも何か、夢が一寸叶った!これからもどんどん色んな事しようね!」美星
「理想を掲げるのも結構だけど地に足はついてるのかしら?」
「うっ!」
「新学期早々部費増額の申請なんて私が認めるとでも思っているの?」
冷たい空気と共に現れる琴塚会長
「フーミン!私達はこの夏、しっかりと愛を確かめ合ったんじゃなかったの!?」
「何の事かしら?話しにならないわね。却下します!」
石になる美星「うわ~ん!」
「琴塚先輩…冷気が…」朔
「見捨てないでよ~!フーミン」
「それは正しく、夏休みの私服効果!」突然叫ぶ江戸川
「夏の日の幻。ミステリアスに・・・」
「何?」朔

新学期初めての集会
校長先生の長過ぎる話しにうんざりする生徒達
「先生!路万君が貧血起こしました!」
蒼白な顔で吐血する部長を支える生徒達
ちらと映って手を振る文芸部の後輩達
気にせずキラキラと話し続ける校長
「そういや~吉川は?」朔の方に振り向いて尋ねる江戸川
「さあ?」
ますます険しくなっていく生徒達の目つき
「・・・と言う事で、とっても短いですがこれで先生の挨拶を終わります」
「長いっつーの!」生徒達の心の声が…
溜息をつき司会をしていた生徒会の生徒が
「では次に新任の先生の紹介です。草間先生、お願いします」
壇上に立つ草間先生
「休職中の吉川先生に代わって普通科1年2組と世界史を担当します草間望です。どうぞよろしく」
ハッとする朔
バスでピンポンを押した…
「今朝の…」
「ええ、1-2ってうちらの組じゃん」江戸川
「えー。こういう挨拶は苦手なので早々に切り上げますが質問があればいつでも…」
「草兄?」
「ん?」
ざわつく
「草兄?」美星
「美星…ちゃん?」
「わー!草兄!」
騒然となる
「捕獲!」生徒会に捕獲?される美星
「静かに。静かに!静かに!!」必死の会長
「おいおい。美星先輩ってお兄さんいたっけ?」江戸川
「いや…」
壇上で別の先生に注意されている草間先生
にこやかに手を振り退場していく草間先生
茫然と見つめる朔

普通科1-2の教室
黒板に「草間望」と書きチョークのついた手を払い
「草間望。30歳独身。先月までボランティアで海外にいました。至らない点もあると思うけどどうぞよろしく!何か質問は?」
花が浮かぶ中、何だか頬を赤く楽しそうにじっと見る生徒達
「何かな?この微妙な空気は…」
「いや~。俺達は別に~」
「なあ、大八木」
一人だけ汗ダラダラの朔にもニヤニヤとクラス中の注目が!
(やめろー!)
「あれ?君、今朝バスで…」
「直接対決済み!?」一転目が三角になり残念そうなクラスメート達
「だから何だ?この空気は」
「あの、さっきの明野先輩とはどういうご関係なんですか?」手を挙げおずおずと尋ねる姫に
「何?知り合い?」
「お、同じ部の先輩で、天文部です」
よくぞ聞いた!と言った感じで姫を見るクラスメート
「天文部。ハハ!そうかそうか。変わらないなあ」
「先生!質問の答えは?」他の生徒
「うーん…教頭に怒られたばっかだし、そこはプライベートとしておこうかな。彼女は僕のマイエンジェルだから」
その答えに驚く生徒達
「さてと!ちょっと配りたい資料があるんだけど、誰か手伝ってくれないか?」
クラス全体から大八木コールが!
結局朔、姫、江戸川が手伝う事に…
「久し振りの日本の学生はよくわからないなあ」
汗な朔、花だらけな江戸川、ズーンとなってる姫
「元々こちらのご出身なんですか?」
「ああ。うん」
(多分、俺が引っ越した後の事なんだろうなあ…草間…草兄…全然聞いたことない)
朔の肘をつつく江戸川
「ノ~ン!そんな事が聞きたいんじゃないっしょ~。先生、美星先輩とはどういう?」
「君も知ってるのか?」
「ええ、まあ…皆、天文部で活動しているので…」朔汗
「そうじゃないだろ~!さ・く・ちゃーん!」ハート飛ばす江戸川
「ちょっと!さっきから変な事ばかり言わないでよー!」怒る姫
「さく…さく……あ…ああ!ああああ!そっか!君か!」
「何ですかいきなり…」
「否、失礼。そうか、そっか。良い名前だね」
(この感じ…誰かに…)
「もうすぐチャイムか。悪いけど皆にこれ配ってもらえるかな?」
「え?でももう教室…」
「ホラホラ!急がないと天国からお迎えが来ちゃう」
ドサリと朔が持つプリントの上に持っていたプリントを乗せる草間先生
「え?」
手を振り行ってしまう先生
「「「あ…」」」
チャイムの音
音と共に駆け込んでくる
「草兄ぃー!」
「「お見事!」」朔と姫

夕方
浮かない顔の美星
「草兄、黙ってどこか行っちゃうなんてひどい」
「まあまあ。そうしょげなくても同じ学校なんだから直ぐ会えるわよ」頭を撫で慰める小夜
「小夜先輩も知ってるんですね」
「うん!」
「男の人って、追いかけると逃げてしまうのね」溜息な美星
「お前それ分かって言ってるのか?」突っ込む朔
部室のドアを開けるが…止まる部員達
窓際に立つ草間先生がニヤリ
「や!」
「うわー!草兄!」
「今日からこの学校の教師及び天文部の顧問です」


CM
関連記事
スポンサーサイト
[2009/08/21 00:04] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<宙のまにまに 第6話「よろしく」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 「DARKER THAN BLACK 流星の双子(ジェミニ)」の放送は… 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1272-44a5afe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。