第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (荻原規子) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 荻原規子 著 酒井駒子 装画 (2009年5月月30日初版発行 カドカワ銀のさじシリーズ)


 

神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子(すずはらいずみこ)。
学園では、山伏修行中の相楽深行(さがらみゆき)と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。
弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響(そうだまゆら)と、その弟の真夏(まなつ)と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。
しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。
生徒たちはある特殊な理由から学園に集められていたのだった…!! (カバーより引用)



前作のあらすじもありましたので引用します。

-----以下引用-------------------------------------------
前作「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」

山伏の修験場として世界遺産に認定される紀伊、玉倉神社に生まれ育った鈴原泉水子は、一度も山から出たことがない中学三年生。
しかし突然、父から東京の高校進学を薦められる。
それには泉水子も知らない、自分の生い立ちや家系に関わる大きな理由があった。
東京に住む母親に相談するため、初めて山を下り修学旅行に参加する泉水子だったが、恐るべき出来事が彼女を待っていた!
-----引用終わり-----------------------------------------


玉倉山を下り、鳳城学園に入学する事となった泉水子は、父・大成と神社で食事や泉水子の世話をしてくれていた佐和と共に東京へ…
佐和がいれば人混みも平気でいられたし、修学旅行では体調を崩しそれどころではなかったディズニーリゾートも父に誘われリベンジを果たし、デパートで買い物も…

いよいよ、東京都の西端高尾山の北側にある鳳城学園に到着すると相楽深行が出迎えてくれた。
半年ぶりに会った深行に気後れする泉水子だが父達に向けた優等生な態度から一変そっけない言い方で話しかけられ反ってつっかえが取れる。

学生寮は二人部屋。泉水子と同室は中等部から持ち上がった長野出身の宗田真響だがまだ帰省中。

父達を見送った後、「この学園、甘くみないほうがいいぞ」と言いだす深行。
入試について誰からも何も言われなかったため、希望すれば無試験で入学できると思っていた泉水子だが、学園の学力レベルは高く中等部にいても上に上がれなかった者がいた事を話す深行。

翌日、深行に図書室で参考書を選んでもらう泉水子は高柳一条に一緒にいる所を見られてしまう。
邪魔をしたのか、それとも地縁か血縁があるのか問う高柳に親同士が知り合いだと言い、泉水子にも高柳を紹介するが微妙な様子の深行。
何処か和宮と似た顔に、あの顔は鬼門だと漏らす深行。
そして自分の身元は出来るだけ話すな、正体を隠せ、無防備は良くないと。

同室の真響について尋ねる泉水子。
真響に勉強を見てもらえと深行。
真響は学年2位の才媛だが、明るく面倒見がよくさばけている。

桜が咲き始めた日、寮に戻ると真響がいた。
かわいい!という真響にたじたじとなる泉水子だが中等部からいる真響は共同生活に慣れている様子で真響に任せておけばうまくいきそうに感じられた。
真響の弟真夏もこの春から鳳城学園に入学。泉水子と同じく無試験で…
勉強嫌いの真夏の勉強を見なければならないからと一緒に勉強しようと誘われる泉水子。
真夏と真響は三つ子。もう一人は幼い頃に亡くなっている。

真夏を紹介される泉水子。
気持ちがいい食べっぷりの真夏は流鏑馬の師匠が神奈川にいるから姉のいる学校に来たと話す。

入学式。
心機一転、髪型を変える真響と眼鏡を外してみる事にした泉水子。
泉水子は真夏と、真響は深行と同じクラスに…
中学の頃と変わらず、挨拶が続く退屈な式。
しかし、一年代表で高柳が立った頃からパニックの兆候が感じられる泉水子。
何とか抑え込んだ泉水子だが、式も終わり自分の教室に向かうと…
入学式の時よりも強くな脅威な気配が!?
このクラスに何かがいる…
去年パニックを起こした時とは同じものでは無いと理解できるが…
自己紹介が始まり、自分の番も終わり、真夏の番も終わり……ある生徒が進み出た時に泉水子は凍りつく…




泉水子が見たモノは?
その正体と思惑は?

何故泉水子や真夏は無試験で入学できたのか?
中等部からの生徒を落としても入学させた訳は?



読んだのは少し前で図書館に返却してしまったので…とりとめなく感想を…



何もかもが新しい生活で、不安でいっぱいな泉水子。
深行は付きっきりで教えてくれるタイプではありませんしね。

幸い、真響・真夏姉弟が傍に…

中等部から持ち上がりの真響は慣れない泉水子にうってつけのルームメイトでした。
勉強ができて面倒見が良い真響は引っ込み思案な泉水子にはちょうどよかったでしょうし、お互い特殊な事情(力)を持っているという点でも泉水子は安心できたようです。

一方、真夏はクラスメート。一緒に真響に勉強を教わる仲でもあります。
ごまかしが効かないけど大らかで色々なモノを受け入れる心の広さがある。
率直に言うけれど意地の悪さや駆け引きは無い。

高柳の件で真響が怪我をした時の真響を心配して叱る様子や、高柳への怒り、それでも美味しい所は真澄に譲る所とか良いです。
真響の笑顔のために、真夏も真澄も自分の意志で動いて、頼れる兄弟を持った真響がうらやましいですね。

三つ子は戸隠の…山伏に近い?忍者?古い家柄の様ですが…


泉水子…相変わらず肝心な事は知らされないままです。
案外と深行も知らされていない事が多いので二人で模索しろという事なのでしょうか?

今回、一人で高尾山まで出かける事が出来ました。切符も買えたしね。



深行…中々泉水子とはうち解けません。
他者に自分達の事を情報戦として探られたくない事情もあるでしょうが、むしろ…
あの手の顔(和宮似の…)は鬼門って…

真響の登場でこれ幸いと家庭教師役や世話役を下りてしまいました。
真夏もセットで、仲がいいのは宗田姉弟と鈴原の三人って…

それでも泉水子のピンチの時には駆けつけます。
こっそり呼ぶ余裕がなかった泉水子のためにも。
PCの前で庇ったのもきっと深行だよね。
穂高先輩にも怯むことなく…どうやら深行は泉水子のパートナーだった様ですが…

従者としての責任感だけとは思えないんだけど…

姫神は深行がお気に入りの様ですね。
姫神が頼んだのは一体?そのためには深行はどうすべきなのでしょう?

この子もまだまだ模索中。泉水子と一緒に成長していくんでしょうねえ。(深行の方がきっと大変だろうけど…)
とりあえず穂高先輩とは協定を結んだようですが…

それにしても、和宮が深行の方に現れるとは…やっぱり深行の方が大変だねえ。


高柳は危ない奴でした。今回はお灸を据えられ諦めたようですが、これでおとなしくなるのでしょうか?



まだまだ謎が多いですね。


もちろん一気読み!

次回はいつなのでしょう?

RDGが2008年7月、RDG2が2009年5月ということは単純に考えると来年3月辺りかと思ったりしますが…待ち遠しいなあ。


2008年7月に発行された1冊目!こちらを読んでからどうぞ!
関連記事
スポンサーサイト
[2009/07/16 06:28] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<宙のまにまに 第2話「ファーストスター」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1226-dc9e7bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。