第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
CM

アイキャッチ(刀を担いだリン・ヤオ)

「教えてくれないかなあ?」
「くっだらねえなあ。不老不死なんざ」
「真剣だよ」
「何にせよこれが人に物を尋ねる態度とは」
首に突き付けられた刃物をオートメイルの右腕で退け左腕で殴ろうとする
「思えねえな!」
しかしかわされ、蹴りを喰らうエド
「兄さん!」
突き付けられた剣を握るアル
「貴様も逆らうか!」男の声
「ちょ、ちょっと!」
一旦離れ助走をつけアルにぶつかる男
エドにぶつかるアル
「なろう!軽業師かよ!」エド
「シンの国の体術かなあ?やり辛いねえ」
「んでもよお!」
「うん!」
「先生より」
「弱い!」
襲い来る黒装束

屋根の上で修理をしていたパニーニャの耳に爆発音が聞こえ煙が上がるのが見える
「うん?ありゃりゃ?」

「ハハハ!はー行っちゃったよ」
テーブルに着いたまま高みの見学を決め込むリン
目の前にエド達が練成した何かが色々な所に…
「うん。おっちゃん!デザート追加ね」
「はい!」
大きな配管を滑りながら逃げる黒装束を追うエド
配管に触れ棒を練成する
眼を見張る黒装束
棒を繰り出すエド
クナイでかわす黒装束
管を降りきったところで身構える黒装束に棒を振り回すエドだが
ワイヤーを仕込んでいたらしい紐で棒を切断される
そのまま殴る黒装束に殴りかかるエドはそのまま左腕を取られ
「やべ!」
背中をついて投げる
宙返りして着地し再び構える黒装束
「糞ー!賢者の石だ?不老不死だと?いきなり喧嘩吹っ掛けてきやがって!何を企んでる!?お前も、あの糸目バカも!」
突然眼を指で突いてくる黒装束
咄嗟に仰け反り避けるエド
そのまま蹴りあげ回転させ落とす
「お、当たった!」
途端に顔を蹴られるエド
逆さで背を思いっきり配管でぶつけ落ちた所で頭も…
(こいつ、あの野郎の事を糸目バカつった途端…はは~ん!)
ニヤリとするエド

必死で黒装束の男から逃げるアルの横に降り立ち並走するパニーニャ
「あ!久し振りパニーニャ」
「何やってんの?一体…ってまあなんとなくわかるけど」と男の方を振り向く
「そうだパニーニャ!頼みがあるんだ」
(奇妙な…あの鎧生きた人間が持ってる筈の気の流れが感じられん。あれは一体?…ん?)
突然男の前方でアルとパニーニャが止まって振り返り男に対峙する
「仲間を増やせばどうにかなると思ったか?愚か者め!」
迫る男

右拳で殴りかかるエド、クナイで拳をかわしながら切りつける黒装束
エドの蹴りが入り遂にはクナイを叩き落とされてしまう黒装束
「どうした、どうした!?動き見えてきたぞ!部下がこの程度じゃあのリンって野郎もたかが知れてるってもんだなあ」
挑発するエド
眼を眇め駆け寄る黒装束
(やっぱりな!こいつ、主の事貶された途端急にブチ切れやがる。そうなると)
「攻撃が単調で大振りだ!」
殴りかかった黒装束に拳をぶち込むエド
呻く黒装束
「そんじゃそろそろその面」
両手を合わせ面に手を当てるエド
「拝ませてもらうぜ!」
錬成光が輝き面が割れ…
「女!?」
キッとなる黒装束の女
驚くエドの隙をつき背中に手をまわし別のクナイを取り応急手当の腕に突き立てる
ブチっと切れガシャンと音がするオートメイル
手榴弾の紐を歯で咥えて引き抜き構える女
同時に黒装束の男の前ではパニーニャの足に仕込まれた砲が
同時に放たれる!
突然2か所で起こった爆発に驚く人々
爆風に飛ばされながらもラッシュバレーと書かれた看板のゲートにつかまる男
(義肢内蔵砲とは…この国中々侮れん)
と爆発の塵の中に青白い光が走り
現れるアル!足場を練成して男に近づく
手を合わせそのまま男の面に手をやるアル
途端に男の身を看板から練成したロープで拘束し男の面を外すアル
「ふー!ま、初めてならこんなもんかな?」
「錬丹術!?陣もなしに?」
「さてと!兄さんは無事かなあ?」
足場に立ったままエドを探すアル

高く積まれた瓦礫にエドの腕が!?
上ってくる女
「やり過ぎた…如何しよう…」
涙を浮かべエドの腕に手を伸ばす女
「リン様に叱られてしまう…」
腕を引き上げるとその腕に止められていたピンが外れ…女の足元を囲むように置かれていたらしい輪になった紐が女を捕え吊り上げる
「ああっ!」
吊りあげられ驚き腕を落とす女
「おーい!姉ちゃん。街中で何ちゅう物使うんだ!俺じゃなかったら死んでたぞ!」腕を担いで現れるエド
「貴様!自ら腕を!?」
「ガキの頃散々ウサギを追い廻したんでね。トラップなんざお手のものさ」
「兄さーん!」
「おお!アル」
男を抱えて現れるアルとパニーニャ
「はーい!お疲れさん」悪びれず出てくるリン
「手前!のうのうと」
男を下ろすアル
「い~や、君達強いねえ。如何?俺の部下になって一国を治めてみない?」
「寝ぼけた事言ってんじゃねえぞ!コラ。とっととシンに」
「おお!いたいた!!お前らずいぶんと街壊してくれたな!」
「弁償しろ!」
「飯代よろしく!」
迫る街の人々
「一寸待てよ!飯代も弁償もこいつとその連れが…」
指をさしエドだが
「ワタシコノクニノコトバワカラナイヨ~サイナラ~!」誤魔化し去っていくリン
「待て!待ちやがれ!コラーっ!!」
「あれ?ああ!?逃げられた!!」
黒装束の男ばかりか女の姿もない
「こっちもかあ…参ったなあ…治すったって俺は今こんな有様だし…」
千切れた腕を覗き込むエド
「良いよ、兄さん。僕がやるから」
「ん?」
パンと手を叩くアル
「錬成陣無しで出来る様になったのか?」
「多分、真理の記憶が戻ったからだと思う」
ふ~んと言いながらハッとするエド
(って事は…)

天秤の片側に錬成テクと兄の威厳が乗ったエド、もう片側に身長が乗ったアルの図
アルの上に錬成テクが乗り、逆転、てこの原理で飛ばされるエド

「ああああーっ!」兄の威厳が…
「後は僕に任せて!…って如何したの?兄さん」
地面に自分の血で兄の威厳と書いて倒れているエド

ガーフィールのアトリエ
「「ただいまー!」」エドとアルが元気に帰ってくると
「や!又会ったね」ガーフィールとお茶を飲むリン
思いっきり千切れたオートメイルの腕で殴るエド
「茶飲んでんじゃねえ!」
「酷いなあ。友達なのに…」
「誰が友達だあ?あの二人の所為でこちとら酷い目に」睨むエド
「後でよく言っとくから勘弁してよ。娘の方はランファン。爺の方がフー。二人は家に代々仕える一族なんだ。よろしくな」
「ほほ~ん!飯たかり癖に付き人二人とは結構な御身分ですなあ」皮肉るエド
「まあ、俺一応王子だし」
「「は?」」
目が点になるエド、見開くアル
「「王子?」」
想像するエドとアル
「「って事は…プリンス!?」」
大きく張り出した襟に提灯の様なズボンにマント、小さな冠を頭に載せたプリンスを想像する二人
白馬とお城つきで…
腹を抱え笑いが止まらないエドとアル
「普通、驚く所では?」突っ込むリン
「ゴメン!意外だったから…」アル
「こんな、行き倒れて人に飯たかる様な奴が王子様だなんて!」涙滲ませ笑うエドのすぐ横に突き刺さるクナイ
「ん?ひえー!」
驚き慄くエド
「リン様の悪口…許さない…」窓の外から睨むランファン
「いたのかよ」
「ま、確かに有難みは無いわなあ。王子っつっても沢山いるんだよ」

シンは50からの民族が集まって出来ている国家でその頂点に皇帝が君臨している
そして各民族の長の娘が皇帝に嫁ぎ子を産むんだ
今の皇帝には王子24人、王女19人がいて俺はその中の12番目だ

「子どもが43人!」エド
「後継者争いとか起きないの?」アル
「それ!今まさに直面してる問題。皇帝の体調がかなり悪くてねえ。どの民族も今のうちに取り入ろうと躍起になってる。という訳で俺も」
「不老不死の方法を餌にして取り入る」
「ご名答!ね、だから教えて!賢者の石の情報を!」
「断る!賢者の石は出世の道具じゃねえ!」
「教えないと何処までもついて行くぞお!」とエドにすりすり
「ついてくんなー!」腕で殴るエド
「ただいまー!」
ウインリィの声に止まるエド
「何か大通りの方で大きな騒ぎになってて、帰るのが遅く…」
応急修理した腕が千切れている事に気づくウインリィ
「何でもげてんのよー!」
「うわー!」
スパナや金槌他工具が飛び交う
それを傍で面白げに見ているリン
「若!」と窓の外からフー爺さんが…

屋根の上で話すリン達
「何も若があそこまで下々の者に頭を下げなくても…」フー爺
「俺の頭一つで済むなら安いもんだろう。ヤオ族50万人の命運がかかってるんだ。形振り構ってられんよ」
目を開けると鋭い表情になるリン

「で、次は何処に行ってオートメイルを壊す気?」さすがに刺々しいウインリィ
「壊すの前提かよ!」
「セントラルで調べ物しようと思ってるんだ」
「え!セントラル行くの?私も行きたい行きたーい!」手を止めて振り向くウインリィ
「何しに行くんだよ?」
「ヒューズさん家にお礼を言いに!」
「でもウインリィ、仕事あるんでしょう?」
「ウフ!良いわよ~、ウインリィちゃん。偶には息抜きしてらっしゃい!」ガーフィール
「本当!?ありがとう!ガーフィールさん」手を取り喜ぶウインリィ
「そんじゃあ皆で」
「行きますか!セントラル」
「うん!」
「楽しみだな~!セントラル」と窓の外から逆さに顔をのぞかせるリン
「だからお前はついてくんなー!」

ロバに乗り馬車を曳かせるヨキ
眠るメイ・チャンとシャオメイ

「結局ついてきやがりましたねえ」ヨキ
クルミを握るスカー
「そういや旦那の名前って、まだ聞いてませんでしたね。いい加減教えて下さいよ~!」
クルミをぎゅっと握り
「イシュバールの民は自分の名を神より賜ったものとして誇りを持って呼ぶ」
「それはそれは…旦那もさぞかし立派な」
「故に俺は名を捨てた」
「は?」
「行け!進め!」クルミを握り潰す
「は、は…はい!」
鞭をくれるヨキ
「2度と戻れぬ道ならば神より賜りしもの、全て捨て行く」


新ED(「LET IT OUT」福原美穂)


再会の期待に胸ふくらませ
セントラルに戻ったエド達を
悲しい事実が出迎える
そして暗闇は
新たな生贄を選び出す

次回、「戦友の足跡」

歩き出した男の胸にあるのは
光か闇か



【予約】福原美穂/LET IT OUT(初回生産限定盤)(DVD付)
初回限定盤はDVD付き

【予約】福原美穂/LET IT OUT
初回版:アニメワイドキャップステッカー

【予約】福原美穂/LET IT OUT(鋼の錬金術師描き下ろしジャケット)
鋼の錬金術師描き下ろしジャケット仕様。 2009年9月30日までの期間生産限定

2009年9月9日発売! 新ED。
関連記事
スポンサーサイト
[2009/07/14 16:28] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1224-2954b49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。