第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
プリンセス・トヨトミ (万城目学) (7/2追記) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
プリンセス・トヨトミ 万城目学 著 石居麻耶 イラスト (2009年3月1日 第一刷発行 文藝春秋)




このことは誰も知らない。
五月末日の木曜日、午後四時のことである。
大阪が全停止した。
通常の街としての営業活動、商業活動は停止。地下鉄、バス等の公共機関も運転をやめた。
種々の非合法活動すら、その瞬間、この世から存在を消した。
長く閉ざされた扉を開ける重要な"鍵"となったのは、東から新たにやってきた三人の調査官と、生まれた時から西にいた二人の少年少女である。いや、この場合、二人の少女というべきか。
大阪が完全に停止した日より、遡ること十日。月曜日の朝に、物語は始動する。
片や、東海道新幹線東京駅から。
片や、大阪の"坂道を抱いた"商店街の一角から。(前書きより)



時間が取れないので簡単に…

東京から検査のため大阪に訪れた会計検査院の調査官、松平、鳥居、旭。
副長の松平は検査の厳しさから「鬼の松平」とおそれられ、鳥居は抜けたところはあるが無意識に偽造発見をするためこっそりと「ミラクル鳥居」と呼ばれている。
そしてハーバード大出身で長身の美人の旭。
大阪府庁での検査を大方終え、大阪市立空堀中学校に向かう三人。

一方、空堀中学校では…
空堀商店街のお好み焼屋の息子、真田大輔は幼い頃から女の子になりたかった。
祖父から「巳さんはえらい」と聞いた大輔は小学2年生から毎日、巳さんに願い続け…
2年生になって1カ月、初めて女子として幼馴染の茶子と登校するが周囲からは奇異な目で見られ…





感想

1年ちょっと前まで関西に住んでいたため、ともかく懐かしい地名がいっぱいでした。
大阪府庁の辺りも空堀商店街も森之宮も中之島も確かにこの文章のまんまだよ!(情景がそのまんま浮かぶ!)

大阪城公園はおにぎり持ってベビーカー押して行ってましたし…

空堀商店街にお好み焼食べに行ったり昆布やダシ買いに行ったり(美味しんぼで登場した昆布屋さんがあります)…

子どもは夏休みだけど旦那は仕事なんて日で、どこかに連れて行けって時は松屋町に出かけて駄菓子とか花火とか見に行っていました。
甥っ子や姪っ子達と会う時のために箱で駄菓子を買ったり箱のくじとか買って、ちょっとかわいいファンシー文具とかも買って…
ベイブレードが流行っていた頃、ベイブレードに限らず独楽回しにハマった息子にベイゴマを買ってやったり…

NHKの横にある大阪歴史博物館に乱太郎のシール目当てでスタンプラリーに行ったり…

大正区から住之江区にかかっているグルグルした橋(2種類あり!)が無料でしかも歩道まで付いてるのも…
渡船、天保山の所のは利用した事があります。ホント無料なんです!平べったいから自転車の人はそのまま乗船。橋かける代りだから無料なんだよね。

おっと!これじゃあ感想でなくて懐かしかったことを並べているだけですね。


松平がこの仕事に派遣されたのは運命だったのでしょうか?仕事の鬼でしたが、最後の決断はよかった!
鳥居は人間が小さいんだけど案外憎めないやつです。鳥居の杜撰な性格や特異体質や通ぶりたい所がうま~く働いているのもよい。
旭は鳥居の前だと見た目や優秀さが鼻を突く感じもありましたが…あれは鳥居の所為だね。なかなか意外でした。
三人とも癖の強い調査官で読んでいる方は面白いですが検査される側は大変かも。

大輔と父。二人ともカッコよかったよ!
暴力での解決に反対してそれを押し通して…これが本当の強さって感じ。

茶子は正義感に溢れているけどそれは危ないぞ!と思ったよ。でも蜂須賀に蹴りが決まったところは映像で見てみたいかも!

父息子間だけで口伝で内緒で…な所は鴨川ホルモーや鹿男にも似たような状況がありましたが、都市機能を一部除き麻痺させる程ではなくても家単位や村単位でこうした伝承は普通にあったと思うのですよ、少し昔までは。(地域によっては今も)
地下の…本当にあってもおかしくないかもと思ったり…

実際に住んでいたならかなり迷惑な事ですが男達が役割を果たし集合していく様子が何とも言えない。

大阪女学館の南場は鹿男にも出てきた剣道部の先生と一緒でしょうか?
府警の男達もやはり大阪の男でした!というか最後にもね!

女達にも納得!旭の気持ちもね。

もちろん一気読み!夏休みの読書にいかがでしょうか?




南場先生も出てきますが…ドラマも面白かったけど原作のほうが好きかも。

 
見た目は洗練されていないけどぼんちゃんが良いのですよ。コミック化、映画化されてます。


これまだ読んでない気がする…図書館で予約しなければ…



7/2 追記
今年の直木賞候補作品に選ばれたそうです!
関連記事
スポンサーサイト
[2009/07/02 07:42] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<夏のあらし! 第13話(最終話)「プレイバックPart1」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | アスラクライン 第13話(最終話)「呪われた罪人の烙印」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1199-71c02923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。