第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
07-GHOST 第12話「痛みという名の闇はひたひたと…」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
ドアを開け現れてフラウ
「無に還れ!」
青く光るフラウの眼
右手の甲からフェアローゼンの鎌が現れ…目前の化け物を喰らう
ひっ!となる男
赤く光る返り血を浴びたフラウ
「お前ら、人として生きるありがたみを知れ」

OP

月明かりのない夜
人気のない街を歩く男
胸元のあらわなドレスを着た占い師と思しき女をちらりと見ると
「あらあら。あなた神の御加護を受けていないのねえ」
淡い緑の目が青い光を帯びる
驚く男だが
「神様なんているわけねえ。いたら俺はこんな人生送ってないからな。俺はもう生きる価値なんてないんだ」
くすりと笑い
「そう言わずに。死んじゃう前に何かやりたい事はないの?捨てるだけのその魂、3つの夢に変えてみない?」
女が手を伸ばすと地面にコールの翼の影が…
「さあ!魂をかけて願いなさい。必ず叶うわ」


それからは今までの生活が嘘だったかの様な幸せな日々だった


女と幸せそうに過ごす男

「契約成立だ。又イイ物を頼むよ」
顔に傷がある男から金を受け取りにやにやと笑う男
(やったぞ!この金は俺だけのモノだ!)
札束を手にニヤつくが…

「あんたの秘密をばらされたくなかったら稼いだ金は山分けよ」
泡風呂に入りながら男を脅す女
眇められる男の眼

床に撒き散らされた血と倒れている女

壁に手をついて嗤う男
「やっと俺にも運が向いてきたぜ!」
「ウフフ!」
男の前に掛けれた鏡が紫色に光りだす
男がハッと鏡をのぞくと
「おめでとう!」鏡に女占い師が!
驚き退く男
「3つの夢が叶ったね!約束通りあなたの魂をいただくわ」
「ま、待て!俺は夢の一つ、金しか手に入れてないぞ!」
怯えつつも訴える男だが
「ウフ!2つ目の夢、愛する女ならそこに転がっているし」
占い師の顔が崩れ解けていく
殺したばかりの女を見る男
「そしてその愛する女から3つ目の夢、自由を得られたじゃない!」
男の背中からコールの翼が!
「ねえ?3つの夢は叶ったでしょう?」
男の顔や目に突き刺さる何か
「ウフフ。使い方を間違えなければもっとハッピーライフだったのにね?」


Kapitel.12 痛みという名の闇はひたひたと…


明るく照らす太陽と白く輝く雲
一人階段に腰掛けるテイト
(色々あっても太陽は必ず昇るんだな。今までそんな事にも気付かなかったなんて…)
「そこのお前」
テイトが振り向くと
「司教試験には毎年1000人以上の志願者が受験するそうだが最近じゃ小学生でも受験できるようになったのか?」
どこかミカゲに似たハクレンが階段の上からテイトを見下ろす
「俺は小学生じゃねえ!この狐!」
「またまた!僕?お家は何処?お兄ちゃんが送ってあげるよ?」
からかわれてイラっとするテイトだが
(こいつ、軍学校にいたシュリって奴にソックリだ)
にやりとして
「お前、腰抜けオークのシュリって野郎を知ってんじゃねえか?」
(腰抜けオークだと!?このチビ!)
怒りを隠し
「坊や、言葉が過ぎるぞ」
差し出されていたテイトの手を掴みギューっと握りしめるハクレン
(痛っ!…こんのお!)
握り返すテイト
さらに握り返すハクレン
(ここがサンクチュアリじゃなかったら!)
(絶対にボコる!)
「「ふん!」」と同時に手を離す二人
「大体貴様の様なお子様がそのバッジを簡単に貰える訳がない!お情けか?それともコネか?」
「お前こそ名門オークは軍人か政治家以外はファミリーとして扱われないんだろ?何で教会にいるんだよ!?」
「僕がこの教会へ来たのはある人に会うためだ」
「ある人?」
「お前に答える義理はない」
と立ち去るハクレン
「ぴょん!」ミカゲがハクレンの方に…
「お!?」
ハクレンの頭にちょこんと乗るミカゲ

ミカゲを乗せたハクレンを探すテイト
「あいつ…何処へ行ったんだ?」
とハクレンと同じ白い衣の少年が…
「おい!」
肩を掴むテイト
振り返り
「何だよ!?」うすい茶色の髪の少年
「ごめんなさい。人違いです」
ハクレンではないと分かり謝るテイトだが
「如何した?」緑色の髪の少年
「こいつ、俺に難癖付けてきやがった!」
「お前も受験生だろ?邪魔する気だな!」
「否、本当に人違いで…」
「テイト君、どうかしたの?」シスター達登場
「喧嘩はいけませんよお!」
「否、その…」
「ここは神の聖域です。人の諍いは禁忌なるモノです」
「すみません」
「し、失礼しました!」茶髪
テイトの肩にがしっと手をまわし
「お互い司教試験、頑張ろうぜ!じゃ!」緑髪
逃げる様に立ち去る二人
「おい!」
と二人の向かう方にミカゲを乗せたハクレンの姿が…
追いかけるテイト
「おいコラ!待てって!」
と白い衣の少年達が集い何処かに向かう
「何だ?」
追いかけるテイト

押し合う白い衣の団体
「おい!押すな」
「混んでるんだ。少しは我慢してくれ!」
「うわ…見えない」
そこを潜り抜け前に出てくるテイト
(何が始まるんだ?)
「静粛に!バスティン大司教補佐様がコールを退治していらっしゃる」
(バスティン大司教補佐?)
バクルスを手にほほ笑むバスティン
床にはコールの翼が生えた女が横たえられている
青い光を帯びた文字が現れる
バスティンが手を翳すと光る球体が現れコールの翼が少しずつ剥がれ浮かび上がる
おお!と驚きの声が上がる
「さすがは大司教補佐」
「患者に苦痛を与えずコールを取り除くとは!」
すっかり翼が消えた女は穏やかに眠ったまま
(すごい!バクルスってあんなふうに使えるんだ)
「本日の講習は以上です。質問があるものは私の部屋へ来るように」
そう言って立ち去るバスティン
講習が終わり散っていく白い衣の団体
「オヤ!勉強熱心ですねえ、テイト君」
カストルの声に振り返ると3司教が…
「カストルさん!あの今の術は如何やって?」
「テイト君が攻撃系のザイフォンならバスティン様はヒーリングザイフォンのエキスパートなのですよ」
カストルの説明の横で大欠伸するフラウ
「ちなみに僕と一緒だよ!」ラブラドール
「ヒーリング系は動き回るコールを直接攻撃する事は出来ませんが例えばコールの移動範囲を固定する事により患者に負担をかけずコールを除去する事が可能です」
コールの翼を円を描くザイフォンがいくつか重なって球の様に閉じ込める様子が…
「才能にも寄りますが努力しだいでは系列に囚われず様々な術が使える様になりますよ」にっこりカストル
「でもザイフォンが強ければ強いほどバクルスが扱えると言う訳ではありません」
「ええ!?」
「という訳で早速今夜から特別授業を課しましょう!一刻も早くあなたを鍛えねばなりませんからね!」テイトの方にポンと手を置くカストル
立ち去る三人
「ま、頑張るこったな!糞ガキ」去り際にフラウ
「いっ!?フラウの奴!何度糞ガキじゃないっていやあ分かるんだ!」
「ぐるぴょん!」
反対に向かう白い衣の団体の最後尾にミカゲを乗せたハクレンが!
さっとミカゲを取るテイト
「ミャーウ!」
「ん?」振り返るハクレン
「こいつは返してもらうぜ!」
「お前、本当は俺と友達になりたいんだろう?」
「はあ?」
「ふ!…ガキだな。素直にそういえばよいものを…」
「勘違いすんじゃねえ!」
「ぐるぴょん!」

息を切らせながらよろよろと歩く男
酒場ではカードで賭けを楽しむ男達の笑い声が…
そこの現れる男に注目が集まる
「何だ。お前か!」
「寄越せ…」
「金ならもう渡しただろう?」
男と契約を交わした顔に傷のある男が振り返って言う
「とっとと消えな!」仲間の男も
「寄越せ…」
口から涎が伝う男に振り返りもせずゲームを続ける男達だが…
突然男の頭が膨れ上がり異様な姿に!
「お前の魂を寄越せ」
途端にひっくり返る顔に傷がある男
「魂…寄越せ…」
ふらふらと他の男達にも近づくが外から靴音が…
振り返る男が怯えたように振り返る
目に青い光を帯びたフラウが右腕を構え
「無に還れ!」
途端に右手の甲からフェアローレンの鎌が現れ異様な姿となった男の頭上に爪を擡げる
爪に囲まれた内側に口が開き男を喰らう
飛び散る血に用心棒らしき男がひっ!と声を上げる
血を流し倒れる男
「化け物!」
ぺろりと返り血を嘗めるフラウの背後に戻ってくる鎌
「お前ら、人として生きるありがたみを知れ!」

満月が明るく照らす
所々に明かりがついたたくさんの窓がある建物
「ここが試験塔?」バクルスを担ぎシスター達と廊下を歩くテイト
「そうです」
「受験生達はこちらで試験の準備をするのです」
「今までゲストルームで御免なさいね。今度のお部屋は受験用だから図書館も近くて便利よ」
「受験生は皆ここに泊ってるの?」
「いいえ。通いの方もいらっしゃいますよ。7区出身の方とかね」
「へえ」
と通り過ぎ様とした部屋が開き人違いで揉めそうになった受験生達が…
「あ!?」
「「お前…」」突然ドアを閉める二人
「ああ!テイト君、怖がられてるんでしょうか?」
そのまま先を進み一つの部屋の前で止まる
「さ!ここがテイト君のお部屋よ。相部屋だけどあなたならきっと上手くやっていけるわ」
「頑張ります!」
シスターがノックすると
「はい」と現れたのはハクレン!?
「げっ!?」となるテイト
「は!?」驚くハクレン
「昨日第1区からいらっしゃいましたルームメイトのハクレン・オーク君です。で、こちらがテイト・クライン君」
紹介するシスターだが
「「変えてください!」」
「ダメです」
「ルームメイトはお互いを高めあうため、常にペアで行動するきまりです」
「慈愛と奉仕の精神こそ神へお仕えする第一歩ですわ」
にこやかに言うシスター達
睨み合うテイトとハクレン

CM

【送料無料選択可!】緋色のカケラ [CD+DVD] / 鈴希ゆき
【送料無料選択可!】緋色のカケラ / 鈴希ゆき
OP。2009年7月29日発売!
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/30 17:58] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<07-GHOST 第12話「痛みという名の闇はひたひたと…」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | Pandora Hearts 第12話「Welcome to Labyrinth 鏡の国」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1196-e205ac43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。