第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第12話「世界が枯れるまで」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
青い空と海
賑わう砂浜
「う~ん!快適快適!」
真っ赤なビキニの朱浬はパラソルの下で寝そべりすっかりくつろいでいる
警笛を鳴らすアロハの玲士郎がメガホン片手に
「そこは遊泳禁止地域だ!直ぐ戻れ!」
笑う朱浬
「生徒会長は修学旅行先でも気が抜けないわねえ」
飲み物を飲みほし
「う~ん!快適快適!」

日の丸か?と思いきや何やら呻くような声が…
「ニア!そろそろ降参しろよ」智春
「智春こそ!」ニア
ツイスターする智春とニア
「同レベル」操緒
箱を手に見守る奏
「ぬぬぬ!お子ちゃまに負けてたまるか!」
「ぬーっ!…カプっ!」
いきなり智春の腕を齧るニア
「なーっ!痛い!」
ニアを突き放した拍子に転げる智春
折りたたみテーブルにぶつかりその上に置かれていた一発芸大会の商品の置物がグラグラと落ち…
「あー痛て!」
智春が前を見ると置物が割れて…
「壊れちゃった!」割れて出てきた物を拾う智春
「それはこの間の優勝賞品?何で学校にあんの?」操緒
「いやー。何となく内に置いときたく無くってさ」
「待て!智春。それはアスラマキーナのプラグインではないか!?」驚くニア
「へ?」
と何か音がし始め…突然智春の手を離れ奏での胸の谷間に…
「あ…」
プラグインが振動し胸も揺れる
「何やってるの!?智」
「ち、ち、違う!今のはそいつが勝手に…」慌てて否定する
「そんな訳無いでしょ!」
「否、俺がそんな事する訳無いだろう?」
「あ、そんな…」
揉める智春と操緒
振動で揺れ頬を紅潮させる奏の足元から炎が!

OP

EX012 世界が枯れるまで

「誰が責任取るの?これ」操緒
「誰って…部室で起こった不始末の責任は普通部長が取るんじゃないか?」無責任な智春
「部長!って誰?」
「あれ?そういえば…朱浬さんは部長代理の筈だし…」
一人プラグインを調べるニア
「何だ?このプラグインは…」
その時放送が
「1年7組の夏目智春、至急第三生徒会室に来なさい!…」
「いや!?僕?」慌てる智春

第三生徒会室
「直接会うのは初めてね、夏目智春。あなたの噂は色々聞いているわ」刀を背後に置いた上級生らしい少女が
「ウフ!絶対良い噂じゃないよね」楽しげな操緒
操緒を睨む智春
「あたしは橘嵩冬琉。洛高第三生徒会会長よ」
「はあ…」
「何故あなたに来てもらったか、分かるわね?」
「へ!いや~えっと…」
「科學部でボヤ騒ぎを起こしたのはあなたでしょう?」
「あ…ああ」
「2年生が修学旅行に行っているこの時期は生徒の気が緩んでいるの。夏休み前だしね」
眼が泳いでいる智春
「毎年細かい騒ぎが起きるのよ」
「はあー…」
「特に科學部は毎年!必ずしでかしているわ。くれぐれも気をつける様に!」
「はい…すみません」
「イイお返事ね」ニコリとおる
「今までの科學部の事なんて智に関係ないじゃん!」ムッとする操緒
「操緒…」
「以上よ。夏目智春。戻っていいわ」
「ああ、はい」頭を下げ出て行く智春
まだ物言いたげな操緒
「操緒!」
「はいは~い」
「操緒さん。と言うのね?君の射影体は」
「え?」
「隣にいるの?」
「冬琉会長、もしかして…」
「行きなさい。夏目智春」と笑う

玲士郎、玲子、哀音の三人が写る写真の前に赤い薔薇を置く加賀篝
「お茶、どうぞ!」哀音の母、霧絵
「お構いなく。それよりも突然おじゃましてすいません」
「いいのよ。あの子のお友達なんでしょ?…えっと」
「加賀篝です」
「加賀篝さん。あら?綺麗な薔薇。ありがとうございます。花瓶に生けた方がいいかしら?」
「いえ、必要以上に生かさなくてもいいですよ」
と三人の写真の隣に置いてあった先日のパーティーの写真を手にし
「楽しそうですね」
「うふふ!そのパーティーホントに楽しかったのよ。もしよかったら来年はあなたも参加して下さいな」
「ええ。喜んで。でも、来年はパーティーを開けないかもしれませんよ」
「ええ?」
「霧絵さん、もし、もう一度お嬢さんに会えるとしたらどうしますか?」

「な、何だ!?」
「いいからいいから、ほら早く!」
カメカメハ大王の像の前に玲士郎を引っ張て来る朱浬
「ハイハイ!そのまんま!そこにステイよ玲士郎」
とカメラを構える
「何を企んでいる?黒崎朱浬」
「智春に頼まれたのよ」
「夏目智春?」
「そ!これ心霊写真が撮れる確率が高いポラなんですって。だから射影体も写るかもって…ああ玲士郎、一歩右!」
ムッとしながらも朱浬の指示に従う玲士郎
「射影体?」
「哀音も写るかも知れないって事」
「哀音の写真?何のために?」
「あのねえ、想いで作るのに理由なんて要らないのよ。哀音ー!」
ふわりと現れる哀音
「はい!そんな顔してないで笑う!」
玲士郎と顔を見合わせる哀音
困惑する玲士郎
「さっさと笑いなさいな!ほら!哀音もそんなしみったれた顔してないで。死ぬ気で笑う!」
クスッと笑い玲士郎の傍に近づく哀音
咳払いして襟元を直す玲士郎
玲士郎に凭れ微笑む哀音が周波数の合わないテレビの様に霞む
じーっと音が鳴り写真がプリントされる

玲士郎と哀音が写る写真
夕陽の中ベンチに腰掛け写真を見る二人
「ぎこちない笑顔だな」
「士郎君こそ」
微笑む二人
写真をポケットにしまい
「そろそろ夕食の時間だ。戻ろう。ん?哀音?」
俯いた顔をあげ
「もう少し」
「…分かった」
ベンチに腰掛ける玲士郎
「喜ぶ?お母さん。この写真見たら…」
「ああ、霧絵さんも玲子も喜ぶだろうな。霧絵さんなんかはポスターにして近所に配りかねない。帰ったら届けに行こう」
「うん。帰ったら」
穏やかに微笑む二人

「では、私はこのプラグインの解析に入る」パジャマのニア
「ああ…ああ!」
智春、操緒、奏もパジャマ
「奏、一時間後にホットミルクを頼んだぞ」
頷く奏
「態々嵩月に泊まりに来て貰わなくても…ホットミルクぐらい僕が」
「奏が作るホットミルクが一番おいしいのだ!ふん!」

夜の庭園に咲く薔薇の花
「ああ、スプリッタは失敗したよ。だがイグナイターを見つけた。君の弟が持っていたよ。数奇な運命だな。夏目直貴」
携帯で話す加賀篝

ベンチに腰掛けギターを弾く加賀篝
傍に立つ射影体
「小鳥、君は教えてくれた。より大きく美しい花を咲かせるため、剪定は欠かせない。躊躇っては全てを失うのだ。世界が枯れるまであと少し。ならば、今手折ってしまおう」
傍に咲く薔薇を手折り匂いを吸いこみ
「今度こそ…」


携帯の音で目覚める智春
「だーれだ?」
「朱浬さん?」
「ピンポンピンポン!」
「又こんな時間に…」
時計を見ると朝の5時を過ぎた所
「如何?そっちは。変わりはない?」オイルか日焼け止めかを塗りながら話す朱浬
「変わりって…ああ!何かアスラマキーナのプラグインらしきものが出てきちゃって…」
「あららー。それは又、そのプラグインを狙って又アスラクラインが来かねないわね」
「ええ!?」
「ま、そんなものさっさと冬琉会長にでも預けちゃいなさいな!」
「え?あの人ですか?」
「そう!真面目な人だからきっと何とかしてくれるわよ」
「はあ…」
「って事で、明日のノーズイースト993便で帰るからそれまでに厄介事はぜーんぶ処理しておいてね!」
言いたい事だけいって電話を切る朱浬
大あくびする智春
「夏目君」
「ん?嵩月」ベランダに座る智春
「如何したんですか?」
「朱浬さんの電話で起こされてさ」
「ああ!」
「嵩月は?」
「あ、お水を貰いに」
「そっか!」
微笑む奏
「アスラクラインがさ…加賀篝があのプラグインを狙ってくるかも知れないって言われた」
「え!?」
難しい顔で考え込んでいた奏が智春の手に手を重ね
「約束、して下さい」
「約束?」
「ニ度と戦わないって、アスラマキーナの力を使わないって、約束して下さい」
真剣に見つめる奏

「本当に冬琉会長に預けちゃうの?それ」操緒
「まだ解析は終わってないぞ」ニア
「良いんだよ。こんな良く分からないプラグイン持ってたら余計なトラブルに巻き込まれかねない」智春
「あ!?智!」
ドーターに跨り加賀篝登場
「やあ!少年」
「加賀篝」警戒する智春達


CM




OPとED。上は初回限定版、下は通常盤。


2009年7月1日発売!
「Disc1にはミニドラマや“アスラクライン検定”を、Disc2には田尻光隆作曲よるBGMやangelaの歌う主題歌をそれぞれ収録」の様です。
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/25 16:32] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<アスラクライン 第12話「世界が枯れるまで」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1186-a05ba8c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。