第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
明かり取り用の窓から日差しが差し込むドアの前、金髪を後ろで一つに括った髭面の眼鏡の男が見下ろす

ハッとするエド
顔にはびっしりと汗
「兄さん、そろそろダブリスに着くよ」斜め向かいに座るアル
深く崩れる様に椅子に凭れるエド
「夢見てたの?」
「ああ。あいつの夢だ」
エドを見て窓の外を見るアル

ダブリスの駅
「とうとう着ちまったなあ」
「うん」
がくりと俯くエド
「先生、留守だと良いなあ…」
「うん」頷くアル
ズシリズシリと響く音
ドアが開き血を滴らせた包丁がぎらりと光る
怯える二人
「んん?」
髭を生やしたガタイの良い強面の男がぬっと現れる
汗びっしょりで小さくなっていく二人
「どどどうも…」
「お久しぶりです」
「良く来た」がしっとエドの頭を撫でる男「大きくなったなあ」
(ち、縮む…)
「あの…アルフォンスです。ご無沙汰してます」頭を下げるアル
「凄く大きくなったな」
解放されてホッとするエド
頭を撫でて貰うアル
「鎧になってから初めて頭撫でられた」頬が赤く染まり嬉しそうなアル
「イズミ、エルリックのチビ共が来たぞ」
窓から室内に声をかける男
錬金術の研究書らしきものを読んでいるイズミなる人物
「起きられそうか?」
「大丈夫。今日は少し体調が良いから」イズミ
「具合悪くて寝ていたんだ」アル
「体、良くなって無いのかな」エド
と突然ドシとドアが開き、蹴りの体勢の女性が…
WCと書かれたサンダルで思いっきり顔面を蹴られるエド
そのまま道路の向こう側の建物に激突
呻くエド
ひっと怯えるアル
パタパタとサンダル鳴らして
「この、バカ弟子が!軍の犬に成り下がったって!?」太陽を背に逆光になっていても睨んでいるのが分かる程怒ったイズミが怒鳴りつける
ぎぎとドアが鳴る
振り向き威嚇するイズミ
ドアの陰に隠れ様にも隠れられないアルが小さく悲鳴をあげ
「先生…その…これは」
「アル!随分大きくなって」
「先生もお変わり無い様で…ううっ!」
ホッと近づくアルが握手しようと右手を伸ばすとその手を取られ転がされ呻る
「鍛え方が足りん」
「あ痛ー!」漸く戻ってくるエド
「具合悪かったんじゃないんですか?」立ち上がるアル
「何を言う!お前達が来たというからこうして!」突然血を吐くイズミ
「「うわー!」」悲鳴上げるエドとアル
イズミの肩を抱き
「無理しちゃ駄目だろう」薬瓶を片手に男
「心配してくれるのね。あなた!」男の手を取る泉
ひしと抱き合う二人
沢山飛んでるハートマークに当てられてるエドとアル

テーブルにつき話すエドとアルとイズミとその夫
「賢者の石についてはロクに知らん。興味ないからな」イズミ
「そうですか」
「以前セントラルで石にやたら詳しい錬金術師に会ったろう?」イズミの夫
そう聞いて嬉しそうに顔を見合わせるエドとアル
「どんな人です?」エエド
「名前は確か…ホーエンハイム」
眼を見開き俯くエド
ハッとするアル
怒りに震えた顔のエド
ダブリスに到着直前、汽車の中で見た夢に出てきた男が思い出される
「如何した?」エドの様子を見て尋ねるイズミ
「生きてたんだ」エド
「知り合いか?」
答えないエドに代わり「父親です」
「昔出て行ったって言う?」
「あんな奴!…あいつの所為で母さんは死んだんだ!…あいつの所為で…」

玄関の前に立つ父と母
「あら?如何したの?こんな朝早く」微笑む母
「ふあ~!アルがおしっこって…」眠そうなエド
エドの袖をつかんで立ったまま眠っているアル
「アルの面倒を見てくれたのね。ありがとう、エド」エドの頭を撫でる母
嬉しそうなエドが父を見上げるがただ見下ろしているだけで何も言わない
そのままドアを開け朝日の中出て行く
眩しさに目を開けるアル
バタンと閉められるドア

もぐもぐご飯を食べるエドとアル
父の席を見るエド
「ねえ、お父さんは?」エド
はっとして食器棚の扉を閉める母
「出かけたわ」
「ねえいつ帰ってくるの?」アル
少し間があり
「こーちょこちょこちょ!」
アルをくすぐる母
笑い転げるアルをくすぐり続ける母の眼には涙が…
「直ぐに帰ってくるわよ!早く食べちゃいなさい」
一緒に笑っていたエドだが母の様子に何かを感じる

母と三人の暮らし
崩れた本に埋もれて叱られたり
牛乳を飲めずにいるエドを見ててくれたり
錬金術で折りヅルを作って喜んでもらったり
エドとアルと母の笑顔

「お母さん!」
転がるトマトがぶつかった先
家に帰った二人を迎えたのは倒れたままの母

「あの、父さん、石について何か」アル
「長年の望みがもう直ぐとか…嬉しそうに言ってたな」
と突然俯いたままのエドを殴るイズミ
「飯にするぞ!」
「はーい」

テーブルに並べられた御馳走
「アルは食わんのか?」イズミ夫
「うう…いえ!汽車の中で沢山食べちゃって…」慌てるアル
「ほら!アル。俺達ラッシュバレーで出産に立ち会ったんだよな」と話を変えるエド
「そうそう!先生、僕達赤ん坊を取り上げるの手伝ったんですよ」アル
「バーカ!手伝ったって言えるのかよ」
イズミを見る夫
「エヘヘ!家族が協力して母親も命を懸けて皆に祝福されて人間は生まれてくるんですね」
「そうだよ。お前達もそうやって生を受けた。自分の命に誇りを持ちなさい」
嬉しそうに顔を見合わせるエド達だがイズミを気遣う様な夫

窓から星空が見える
「兄さん」
「ん?」
「先生変わらないね」
「ああ。あの頃から全然変わってない」

激しく降る雨
河川敷で男達が土嚢を積むが今にも溢れそう
「しっかりしろ!もっと持ってこい」
「崩れるぞ!」
心配そうに崖の上から河の様子を見る人々
その中にはエドとアルの姿も
決壊
「堤防が崩れるぞ!高台へ逃げろ!」
「兄さん、見て!」
アルの指差した先にはイズミが
「おい!危ないぞ」
河の勢いで崩れだした堤防に近づき流れだした水につかりながら手を広げ、ふん!と手を打ち、はあっ!と地面に両手をつける
と水柱が上がり河の中央へと進む
錬成光が瞬いた途端河の中から大きな壁が出現する
淵を抉っていた河の流れをせき止める
「ふう!」手を払うイズミに傘をさしかける夫
振り返ってにっこりと
「これでしばらくは持つでしょう!」
「あんた何者だ?」
「通りすがりの主婦です!…グヘ!」と吐血
驚く人々
血を拭く夫
人々をかき分け近づくエドとアル
「俺達を弟子にしてよ!おばさん」
睨むイズミ
途端に両手を合わせ地面に…
地面から現れた巨大拳骨でひゃー!と飛ばされる二人だが直ぐに戻り
「「お願いします!おばさん」」
「一寸耳が遠くて聞こえなかったなあ」とバキバキ指を鳴らし「もう一回言ってくれる?」と威嚇
顔を見合わせ、目をキラキラさせながら
「訂正します!」エド
「弟子にして下さい!お姉さん」アル
「ダメ!」
「何で!?」
「弟子は取らない主義!それに旅の途中だ」
「お願い!弟子にして!」イズミの腕に飛びつく二人
腕についたままぐるんぐるん回して振り払おうとするイズミ
「「うわー!」」
「しつこい!両親の許可は?」
近づく村の男
「あの~、そいつら親がいなくて…」
必死にしがみつく二人に困った顔をするイズミ
「如何にも弱いね」

鳥の声
深い森
呆然振り向くエドとアル
「二人だけで生き延びなさい!」ボートの上からイズミ
「「ええ?」」
「それが仮修行。うまくいったら本修行に入る。仮修行中は錬金術使うの禁止ね」
「「はあ!?」」
「一は全、全は一。一か月でその答えを見つけなさい。答えが見つからない場合はリゼンブールに送り返すからね!」とナイフを投げてよこす
エドとアルの間、足元に突き刺さりひゃっ!と慄く二人
「じゃ!」
手を上げるイズミ
ボートを漕ぐ夫
「「ええー!?何じゃそりゃー!」」
大きな湖の真ん中の小島に取り残された二人

島の淵から森の方へと移動した二人
「腹減ったー」
「ベッドで寝たいよ」
「これの何処が錬金術の修行なんだよ!」
怒りだすエドだがお腹が鳴る二人
諦めて大きな葉っぱを敷いた上で眠る
「「腹減ったー」」

アイキャッチ(イズミと夫のシグ)


ホログラム(初回限定CD+DVD)
ホログラム(初回限定CDのみ)
2009年08月12日発売!新OPの様です。
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/24 08:21] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第12話「一は全、全は一」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第11話「愛しき者への償いは…」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1183-71faffc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。