第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
07-GHOST 第10話「それはただひとつの償い」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容)

前回、小さな動物に転生したミカゲがテイトの元に帰ってきましたが…
ミカゲを失ったテイトの心が癒されるにはまだ時間がかかりそうです。

ミカゲを操るアヤナミの冷酷な眼差しを思い出し復讐をと思うテイトは教会から去る事に…
偶然会ったカストルに喪服のお礼と教会から出てフォーブルグ要塞に向かうと告げるテイト。

フラウがゼヘルである事を、そしてカストルも同じ様な存在である事を勘づいたテイトの記憶を消すためセブンゴーストの時の姿を晒しテイトの意識を奪うカストル。
ベンチに横たえ記憶を消そうとすると…現れるフラウ。

最後のミカゲの笑顔を残してやりたいと思うフラウはテイトがゼヘルを見てしまった記憶を消さなかった様です。

しかしセブンゴーストは見られてはならない存在。
このままではフラウが任から外され、テイトも又何時か処分を受けるだろうとカストル。
カストルはテイトがミカエルの瞳が発見された時の候補生である可能性も指摘。
カストルは軍の情報も掴んでいるのですね。
フェアローレンの鎌はフラウにしか扱えず、またセブンゴーストでなければ制御できない。
テイトには何とか首輪を外し、力をつけてやり見守ろうと提案するカストルに勝手にしろと去ろうとするフラウですが…

突然フェアローレンの鎌が暴走しテイトを襲う。
テイトの右手甲に埋められたミカエルの瞳が現れ咄嗟に守ります。
元に引っ込む鎌ですが…
右手甲に現れた紅い石と白い骨の様な何か、紅い眼、普段のテイトとは異なる物言い…
驚くフラウとカストル
何者かと問うフラウには呆れつつも

「本来なら殺してやりたい所だが我が主はそれを望んでおらぬ」

と偉そうに…
ミカエルの瞳だと推測するカストルには

「ふん。愚問だな。見ろ!我が主は歴代の中でもを1・2を争う程の美しい器なのだ!」

ミカエルの瞳がとってもミーハーに見えるんですけど…
確かにテイトは綺麗な子ですし将来も有望そうですが…自分の器に強さや賢さ以上に美しさを求めていたとは…
候補性を選ぶ時に見栄え良さそうな子を集めていたとしても決してミロク様の趣味と言う訳ではないと?(まあどちらにも優れているとかが条件なのかもですが…)
自画自賛(実際にはミカエルの瞳が主テイトを…なのですが)している様に見えるテイトが何とも言えません。白い骨みたいなのはハートだし!
ミカエルの瞳が表に出ている時の自分を見たらかなり恥ずかしがるかもしれませんね。

ミカエルの瞳かどうか?疑問を口にするカストルですが…

「神に直接問うか?愚かもの!」

突然ザイフォンを放ち床を砕き…紅い空間へ…
残された足元の塊に立つフラウとカストルはセブンゴーストであると見透かされ…再び元の礼拝堂へ。
普通の人間なら正気を失うかショック死って…テイトを通して感じ取っていたのかも知れませんが主が望まないから殺さないと言っていたのに無茶な…

しかしミカエルの瞳をも手玉に取るのか?フラウとカストル

幸か不幸かテイトの首輪はミカエルの瞳にも効果があり…力が押さえつけられ、逆らえないようです。
縛、眠、痛…制御装置だけに便利な機能がついておりました。
抵抗しながらもあっさり動きを縛られ眠るミカエル。

制御装置を外す…カストルは軍と何か繋がりを持っているのでしょうか?候補生脱走も知っていたし…

トラブルメーカー…フラウ自身もフラウが関わる者もって事でしょうか?
今回は流石にフラウの手にも余る様ですが…

ミカエルの瞳を持つテイトが軍から狙われる事に納得がいくフラウ。
テイトが世界を守る守護天使となるのか?古の予言が本当ならば世界を滅ぼす闇の天使となるか?とカストル。

古の予言が気になりますが、どちらにもなりうる大きな力は良き方に導かないとね。

漸く目を覚ましたテイトは元のテイト。一見元気そうに見えましたが…

やはり教会を出て行く様で、ラゼットとシスターに別れを言い外への階段に向かいます。
死ぬ時は一緒だと誓ったミカゲ。今度は自分が…
引き留めに現れるラブラドールとカストル。
引き留める権利はないけれど…
正常な判断が出来てない…第1区どころが第7区も出られないだろう…
しかしそんな言葉では留まらないテイトに

「ミカゲが助けた命はそんな軽いものか?」

無理やり掴んで連れて行くフラウ。
アヤナミに操られたミカゲと戦った部屋の壁や床には放たれたザイフォンにより刻まれた文字が残る。
それは「ミカゲの最後の言葉」だとフラウ。
そこにはずっと最高のダチである事、そして先に逝く事を詫び「お前は生きろ!」とテイトが生きる事を望むミカゲの想いが…

テイトに大好きだと言ってくれたミカゲ。

ミカゲが守ってくれたテイトの命、苦しくても逃げずに投げ出さずに生きろとフラウ。
それこそが死んでしまったミカゲに対するただ一つの償い。

ミカゲの名を呼び続け泣くテイトが痛々しいです。
如何して良いのか分からないテイトですがこの答えはテイト自身にしか決められない。

テイトがどんな道を選択するのかは次回語られるのでしょうか?

一方、帝国軍では…
ミロク様はテイトがミカエルの瞳の所持者であると知っていたのですね。
覚醒したらアヤナミにも話すつもりだったようです。
軍上層部を出し抜くつもりの様ですがミロクは何を考えているのでしょう?
テイトの傍にゼヘルがいる事を知っているアヤナミはテイトを始末しミカエルの瞳だけを奪取しようと考えている様ですが…
殺すのが惜しくなる…ミロクが殺さなかったのは何故?
アヤナミはゼヘルについては語らなかったようですが…

アヤナミ達も近いうちに教会を襲いそうです。

小さなミカゲが可愛かったよ。テイトを慰める姿にこちらも和ませて貰いました。






全巻セット!ご購入は当店で!6月30日23:59まで全商品 送料無料です!【漫画】7-GHOST(1-8巻 ...



TB送信先
http://shoumo2.blog14.fc2.com/tb.php/355-39bd2c0f
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-06-10/trackback (ウサウサ日記様)
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/15 14:55] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<f植物園の巣穴 (梨木香歩) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」 | ホーム | 07-GHOST 第10話「それはただひとつの償い」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1166-5ff71b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。