第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話「それぞれの行く先」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
イシュバール戦
激しい銃撃に倒れる人々
突然上がる炎
爆煙から現れるロイ・マスタング
その険しい顔
決意の籠った拳

一人の力などたかが知れている
ならば私は自分に守れるだけ
ホンの僅かでいい
大切な者を守ろう


「下の者が更に下の者を守る。小さな人間なりにそのくらいは出来る筈だ」ロイ
「鼠算かよ?…てぇ事はだ、この国丸ごと皆守るには鼠のてっぺんにいなきゃならねえな」全軍を見下ろす大総統を指差すヒューズ。眼鏡にひびが入っている
「あそこはさぞかし気分が良いだろうな、ヒューズ。だが私一人の力ではあそこに上り詰める事は出来ない。その自身はある」見上げるロイ
「何を威張ってるんだお前は…」肘でこつんと当て
「面白そうじゃねえか!一口乗ってやるよ。お前の青臭い理想がこの国をどう変えるか見てみたい」
ロイ達の方を見る大総統
にらみつけるロイ

「…大佐。大佐?」
眼を覚ますロイ
「お疲れでしたら仮眠室へ行かれては?」リザ
「ああ、すまん。セントラルに移動になる前にやりかけの書類を纏めておきたくてな。このところあまり寝ていない」
「何か夢を見ておられた様ですが?」
「なに、つまらん思い出だ」

第10話「それぞれの行く先」

OP


「で、こいつに蹴られた後はもう覚えてない」
第五研究所で襲ってきた黒服の絵を見せるエド
「魂のみの守護者、貴重な人柱、生かされている」アームストロング少佐
「ウロボロスの刺青に賢者の石の錬成陣。マルコー氏曰くイシュバールでも石が使われていた」ヒューズ
「タダの実験にしては謎が多いですなあ」
「これ以上調べ様にも今や研究所は瓦礫の山だしなあ」
うーんと頭を捻るエド達

ドアに耳を当て
「何だか難しそうな話をしてますが…」
部屋の外で護衛しているブロッシュ
「これ以上危ない事に首を突っ込みたくないから聞かない!」両耳に指を突っ込むロス
「おお君達!」
驚きあたふたとするブロッシュ
「鋼の錬金術師君の病室はここかね?」
「はい、ここで…」
気づき慌てるロス

「軍法会議書で犯罪リストでも漁れば何か出てくるかもしれないなあ」ウロボロスのマークを手にするヒューズ
「吾輩はマルコー氏の下で石の研究に携わっていた者達を調べてみましょう」少佐
ノックの音
ドアの方に振り向くと
「失礼するよ!」
驚く4人
「き、キーング!ブラッドレイ大総統」少佐
「ああ、静かに。そのままでよろしい」にこやかに片手を上げる大総統。もう片手にはフルーツの籠?
「閣下!何故この様な所に?」ヒューズ
「何故って…お見舞い!メロンは嫌いかね?」籠の中身は立派なメロン
「ああ。ども!」受け取るエド「…じゃなくて!」
「軍上層部を色々調べている様だな、アームストロング少佐」
「はあ…あ…否、そのう…何故それを?」
「私の情報網を甘く見るな。そしてエドワード・エルリック君。賢者の石だね?」
じっと睨む大総統に息をのむエド
「何処まで知った?場合によっては…」
その場に緊張が走る
「フフフ…フハハハハハ!冗談だ!そう構えずとも良い」
「は…」エド
「軍内部で不穏な動きがある事は私も知っていてな。如何にかせねばと思っているのだが」
テーブルにあった書類をめくり
「あ!それは…」少佐
「賢者の石の研究をしていた者の名簿か。この者達、全員行方不明になっているぞ」
「はあ?」
「第五研究所が崩壊する数日前にな。敵は常に我々の先を行っておる。そして私の情報網を持ってしてもその大きさも目的も、どこまで敵の手が入り込んでいるかも掴めていないのが現状だ」
「つまり、探りを入れるのはかなり危険であると?」ヒューズ
「うむ、ヒューズ中佐。アームストロング少佐。エルリック兄弟。君達は信用に足る人物だと判断した。これ以上この件に首を突っ込む事をもこれを口外する事も許さん!誰が敵か味方かも分からぬこの状況で何人も信用してはならん!軍内部全て敵と思い慎んで行動せよ!…だが、時が来たら君達には存分に働いてもらうので覚悟しておく様に!」
「「は!」」敬礼するヒューズと少佐
「閣下!大総統閣下は何処ー?」大総統を呼ぶ声が…
「ああ!いかん。うるさい部下が追ってきた」
と窓を開け窓枠に足を掛け
「仕事をこっそり脱け出して来たのでな!では、さらば!」と外に出て何事も無かったかの様に歩く大総統
病室で何とも言えない顔をしている4人
そこに
「エドー!…あれ?どしたの?皆」ウインリィ
汗ダラダラでゲンナリしている4人
「いや…嵐が通り過ぎた」エド
「?頼まれてた切符買ってきたよ。明日のお昼の汽車で良かったんだよね?」
「おお!サンキュ」
「何だ…忙しないな。怪我も治りきってなかろうに…」少佐
「何時までもこんな消毒液臭い所に籠ってられっか!」
「今度は何処へ行くんだ?」切符を覗きこむヒューズ「ダブリス?」
「ああ!アルとも話し合って先生の所へ行こうって事になってさ」
ポンとアルを叩くエド
先生と聞き震え出すアル
「お?」
「やっぱ怖いよ!兄さん…僕達きっと殺されるよお!」兄の手を取るアル
「耐えろー!弟。俺だって怖いんだ!」
手を取り合い冷や汗と涙の二人
「あんた達の先生って…」呆れるウインリィ
「ダブリスとは又随分と遠い…」少佐
「どの辺なの?」
地図を広げ
「うーんとねえ…ここ!南部の真ん中辺り」指で示すアル
「ふーん…あ!…ああーっ!」大声を出すウインリィが示した先は…
「ここよここ!ダブリスの手前!オートメイルの聖地ラッシュバレー!!一度行ってみたかったの~」
薔薇を背負って踊り出すウインリィ
キラキラお目目で両腕をブンブンして「連れてって!連れてって!連れてって!連れてけー!!」
「一人で行け!そんな所」
ずいっと上から顔を近づけるウインリィ
「誰が旅の費用払うのよ!」
「俺にたかる気か!?」
「まあまあ!良いんじゃない?ついでだし…」
「しょうがねえなあ」
「やったー!」くるくるくる…「ばっちゃんに電話してくるね!」
一瞬固まるエド達
ポンとエドの肩を叩くヒューズ
「ありゃーいい嫁さんになるぞ!」
「俺に言うな!」
「まあ…家の嫁さん程じゃないけどなあ~!」
惚気っぷりにゲンナリエド

「じゃ、パパ、行ってきまちゅよー!」ヒューズ
「パパー!今日は早く帰ってくるの?」エリシア
「うーん…如何かなあ?パパお仕事いっぱいだからねえ。でもなるべく早く帰って来ちゃうぞ~!」とエリシアのほっぺを両側からむにゅむにゅ包むヒューズ
くすぐったそうなエリシア
「遅刻しますよ」笑って促すグレイシア
「ウインリィちゃん、今日出発だっけな?仕事で見送りに行けないけど、元気でな!」
「ヒューズさん、ホントにお世話になりました」頭を下げるウインリィ
「セントラルに来た時は又必ず遊びに来てくれよ。自分の家だと思ってさ。それとあいつらにもよろしくな!」
「はい!」
「パパ、頑張ってねー!」手を振るエリシア
「行ってらっしゃい!」
振り向かず手だけ上げるヒューズ

煙を吐く汽車
窓から手を振るウインリィ
グレイシアに抱かれたエリシアが手を振る
少佐達もお見送り


「何で急に先生の所へ行こうなんて思ったの?」
「理由は二つ。最近如何にも負けっぱなしでよお」
「はあ!?喧嘩強くなりたくて行くの?あんたら喧嘩バカ?」
「バッキャロー!そんな単純なもんじゃねえや。喧嘩だけじゃ無くて、中身もって言うか…な?」
「そうそう。兎に角先生の所に行けば何か強くなれる気がする」頷くアル
「俺はもっともっと強くなりたい」
「…二つ目は?」
「賢者の石について先生に聞く」
「真実の奥の更なる真実。結局分からず終いだからね。先生なら何か知ってるかもしれない」
「もう、形振り構ってらんねえや!先生にぶっ殺される覚悟で聞いて…聞いて…聞いて…
BGMがだんだん調子っぱずれになり…どよーんとした空気が…
「短い人生だったなあ…」
「せめて彼女だけでも作っておきたかったよ…」
「あんた達の先生って…」

「リオールの暴動?」ヒューズ
「ええ。レト教とか言う新興宗教が住民を騙したって奴、やっと収まったらしいですよ」部下
「ほお…イシュバールやら暴動やら東部も大変だな」
傍の机で資料に囲まれ魂抜けかかっているシェスカ
「東部だけでなく北も西も暴動だ、国境線だと…」
「あっちもこっちも死体の山か…そのうち国家転覆するんじゃ…むむ?」
突然席を立つヒューズ
「中佐?どちらへ?」
「書庫へ行ってくる」
何時もと違う雰囲気に顔を見合わせる部下とシェスカ

「リオール、各地の暴動、賢者の石、材料は人間…イシュバールで俺達がやった事…おいおい!?何処のどいつだ?こんな事考えやがんのは…」
カツカツと書庫に近づく足音と髪の長い人物の影
「早く大総統に…」
バタンと閉められるドア
「はじめまして、ヒューズ中佐。それとも、さよならの方が良いかしら?」ラストが爪を伸ばす


アイキャッチ(右側にヒューズ、左側にロイの後姿)

CM


 OP。通常盤初回仕様。鋼の錬金術師ワイドキャップステッカー+錬成陣ステッカー封入


関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/09 15:27] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第10話「それぞれの行く先」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 「DARKER THAN BLACK -漆黒の花- 第1話」 立ち読みとアニメ2期正式発表 「今日読んだマンガは??(53558)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1154-6885ad52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。