第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ (結城光流) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ
結城光流 著 あさぎ桜 イラスト (平成21年6月1日初版発行 角川ビーンズ文庫)





時は平安。
稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。
雑記達にからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。
ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。
その風は、いなくなった総領の子どもを捜している天狗たちが起こしているのもだった!!
昌浩ともっくんは、子天狗を捜し出そうとするけれど―!?
新章〈颯峰編(さやみねへん)〉、開幕!! (カバー裏より)



昌浩が都に戻って一月以上経ったある日。
久し振りに訪れた都の外れで出会った土竜の妖を追い掛けて森へ…
足元を取られひっくり返った所をもっくんが庇って下敷きになってくれたり、土竜が晴明の孫と聞いて逃げだしたり、そうとも知らずもっくんを助けようと雷を落としたり…
久し振りに本性を現した紅蓮。
平和な日々が続いていた事を実感する昌浩ともっくん。
まだ足りないと言う昌浩に成長を感じるもっくん
その時星が流れた…

貴族の邸宅を見まわる舎人。
満天の星空に幾筋かの星が流れる。
風が呻る音。星が流れ…消える事無く邸南西の釣殿の屋根に直撃した。

翌日。強い風が吹き、広げた書物がひっくり返され、墨は飛び散り…机や料紙やもっくんまでも汚れ…
染みになる前に…慌てて昌浩達が拭きとる間、汚れを落としに内裏の遣り水まで洗いに行って来たもっくんはえらい話を聞いたと昌浩に聞かせる。

行成の邸に星が落ち、釣殿の屋根に穴が開いた

幸い行成達は無事の様だが…
星が落ちる事などあるのだと驚く昌浩に稀にあるともっくん。

そこへ遅れて出仕してきた敏次。

行成の家に星が落ちたと聞きお見舞いに伺ったと敏次。
皆無事であったが、北の方と幼い姫君が怯えていた。
物忌について問われたが…勉強熱心な敏次もその判断は下せない。
陰陽博士と天文博士に文を預かってきた敏次は返事を貰い次第早退をと。

届けられた報告書と貴族から寄せられた無数の文に困惑する天文博士の安倍吉昌
昨晩の予定外の無数の流星と昨晩からの突風についてばかりか本来なら吉凶の占など陰陽博士に届くべき文まで…
いつ晴明が帰京するのか?
事があれば真っ先に頼りにされる晴明に橋渡しをしている吉昌だからなのだが…
そこに入ってくる敏次と昌浩。
敏次が預かった行成の文を最優先しなければと思う吉昌だが…
昌浩に預けられた陰陽博士に届けた際渡された文と通りかかった歴博士から渡された文には…流石にげんなりとする吉昌。

吉昌からの文を預かり行成邸に急ぐ敏次。
返書を届けた敏次は未だに怯える姫君に護符を折り渡す。
少し落ち着いた様子にホッとし、若君の具合も尋ねると怪我をした鳥の雛を拾い世話をしているらしい。
気が紛れるなら…と星が落ちた釣殿を見に行く敏次は何かの気配を感じるが…

星は妖気を纏っているのか?
敏次同様気配を感じたもっくんは天空に問う。

しかし昌浩は気付かない。

そんな昌浩が京の北を守る神を思った時…

…せ…

はっきり聞きとれない事を風の所為にするが。
鈍くなっている事を指摘され…
心を研ぎ澄まし聞こえたのは

…かえせ…

夜の都に気配を求め出かける昌浩ともっくん。
そして現れる…







感想

珂神編から玉依編は痛々しくて見ているのが辛かった昌浩と彰子でしたが…
新章、颯峰編が始まりました!

大き過ぎた心の傷を癒やされ帰京した昌浩。

彰子とじい様はまだ伊勢ですね。
嵬が彰子の文を昌浩に届けているんだ!(何が書かれていたのかとっても気になりましたが…野暮ですね)
嵬、撥ね飛ばされながらも郵便屋さん御苦労さま!

十二神将達は…
朱雀は回復した様ですが天后はまだ…
じい様の代わりに結界維持のため天空が降りてきてるとは!
天空、紅蓮と勾陳でもこわいんだ…さすが束ねているだけあります。
年齢は一致しないと言われてもあの見た目には自ずと姿勢を正してしまいそうですよね。
白虎も降りて来たので昌浩の周りの見た目平均年齢が上がってるなあと思ったりも…
勾陳落ち付いたようです。紅蓮の一喝って…

昌浩は暫く夜回りせずにじい様の蔵書をひもとき、規則正しい生活ときちんとした食生活を送っていたためか身長も伸びた様です!
同じくまだ伸び盛りの敏次との身長差は縮まらない様ですが…
平和ボケ?今までの相手が凄過ぎたためでもある様です。
紅蓮と大天狗(そして勾陳も)を止めるため落とした雷はかなりなもの。力は着実に付いている様です。
それに陰陽師の負の面も受け入れたのね。
一人で頑張る事は大切だけど、本末転倒にならない様に…

昌浩の成長を感じ取った雑鬼達は…ちと残念かも…(喜ぶべき?)

昌浩ともっくんの孫!孫言うな!の掛け合いやもっくんの説教。久し振りに読んだ気がします。
二人とも心を閉ざしていた時期が続いていましたからね。

少年陰陽師シリーズを読み始めた頃を思い出させると同時に色々と乗り越えてきた昌浩の成長を感じました。
まだまだ成長の余地はたくさんある様ですが…

もっくんは気にくわないようですが、敏次が良い感じに良く動いていました。

探していた文献を昌浩を通して晴明から借り受ける事になった敏次が恐縮し頭を下げたりしながらも変わらず言葉遣いには厳しかったり…
昌浩が見えない所で努力している事を感じ取り勝ち負けでは無いが負けてられないと思ったり…
昌浩へのお礼と行成に頼んで字の手本を書いてもらったり…



行成邸で気配を察したり、昌浩が知りたい事を教えてくれたり…相変わらず事情も何も知らないうちに重要なポイントを突く発言が…

もしや…敏次が借りた書もヒントになるのか?

プライドの高い天狗達、喧嘩腰な物言いでしたが、疾風を思えば…
颯峰、この子の名がついているので今シリーズでは昌浩と一緒に活躍するのでしょうか?
昌浩の心配をして、本来は良い子の様ですね。

外法師は誰なのか?その目的は?


毎度の事穏やかにとはいきませんが、避けられなかったとはいえ重苦しい展開を超えて、久し振りに明るいというか爽やかと言うか…
そんな訳で一気読み!

結城さんの後書きに寄れば、シリーズ第1冊めの「異邦の影を探しだせ」が、漢字や難しい表現に手を入れ、角川つばさ文庫から出版予定だそうです!
やはり良いものは読者層を問わず読んでもらいたいですよね!



 角川つばさ文庫書き下ろし短編集 あさのあつこ・椎名誠・関口尚・宗田理・はやみねかおる・松原秀行 大人も読みたくなる書き手が並んでおります。

 角川ですしね…

  世代を超えて…どちらも心に響きます。


 ドラマCD。天狐編第2巻発売中!

【送料無料】少年陰陽師 天狐編 ドラマCD 第三巻~冥夜の帳を切り開け~ 2009年6月24日発売予定!もうすぐですね。



TB送信先
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-06-04-1/trackback (ウサウサ日記様)
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/07 15:57] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<07-GHOST 第9話「魂の色は永遠に…」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | Pandora Hearts 第9話「Malediction 呪いの言葉」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1149-869489de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。