第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第9話「存在するはずのない禁忌の存在」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容前半後半)


一寸疲れておりますので感想は簡単に(昨日同様内容を書きだしておいてなんですが…内容もきちんと見返していないので誤りが多いと思われます)

漸くアスラクラインについて説明されました。

アスラクラインとはアスラマキーナと悪魔の両者と契約したハンドラー

かな?
それともそうしたハンドラーが操るアスラマキーナやドーターも含めているのでしょうか?
その辺りがはっきりとは分からなかったけど…

あの褐色の肌に黒髪の少女はやはりドーターだったようです。
黒いドロドロしたのも、黒豹も、姿を変えているだけで一緒。
本来相反するハンドラーと悪魔が互いの魔術を消費せず増幅させていくため通常のアスラマキーナの力とは比べ物にならないらしいです。
で、前回、アスラマキーナとドーターの間に無限大みたいな形の光の輪が描かれていたのでしょうか?

アスラマキーナの件には手出し無用と玲士郎は釘を刺して行きましたが…
兄が心配な玲子は智春を頼るのね。

朱浬さん…智春を焚きつけたいのか?からかっていただけかな?(操緒の女の勘が…奏ちゃん赤いよ…)
玲士郎に容疑者の写真を見せる朱浬。
こういう時はお互い協力するのね。(朱浬がこっそり調べていた時に見ていたのって誰だったんだろう?)
今一つ各生徒会が反発したり協力したりの基準が分からない…

ニアは姉がハンドラーである人間に騙されていると考えていましたが人間である玲士郎達まで目の前で傷つけられて…姉は変わってしまった?
落ち込むニアですが素直に人を頼れない。
同じ悪魔である奏には多少は素直に振る舞えるようですが…
で、智春が強引に図書室に連れて行ってアルバム探して姉の笑顔の写真を見つけると…嬉しそうでした。
で、泣いてさっぱりですよ!
泣き終わったら喉カラカラ。
智春をパシリに使いますが…

加賀篝と出会う智春。
仲間に誘う加賀篝ですが当然断る。
しかし圧倒的な加賀篝の力にニアを攫われてしまいました!

加賀篝の目的は?
次回予告のクルスティナの様子が…


恭武、アスラクラインは智春だと勘違い。
雪原、否定してやってよ!


 2009年7月8日発売!DVD第1巻。CD付き限定版。第1~3話収録。


【送料無料選択可!】アスラクライン バラエティーCD (仮) / アニメ
2009年7月1日発売!BGM集とバラエティーCDを複合した企画CD2枚組!!
バラエティーCDには、ミニドラマやアスラクライン検定を収録。
BGM集の音楽は田尻光隆、主題歌はangelaが担当。



全巻セット!ご購入は当店で!【ライトノベル】 アスラクラインセット (全12冊)
やっぱり原作の方が楽しめるのかな?

アニメの方で満足って事もないし、原作で読みたいと言う気持ちにも今一つ…
取りあえず見始めて感想書きだしてしまったから…というのが…継続している一番の理由かも…見ればそれなりには面白いけど…
原作既読の方々の感想を読んでこの先面白くなるのを期待はしているのですが…やっぱりアニメはすっぱり切って古本屋さんで出回るようになってから原作読むのが一番なのかなあ?

 
TB送信先
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-05-29/trackback (ウサウサ日記様)
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222830/29909694
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/45206833
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10273870151/0b291daa
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/04 13:04] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 夏のあらし! 第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1142-71e6b0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。