第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第9話「存在するはずのない禁忌の存在」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
狼?の遠吠え
満月の夜。石造りの城
古いフィルムの様にざらついた画面
1つの寝台に寄り添う白い肌に金髪碧眼の姉妹
「大好き。姉様の香り」
頬を撫でてくれる姉の手が次第に褐色に…
妹がハッと見上げると褐色の肌に黒髪の別人に!
しかしその姿も突然黒く溶けニヤリとし妹を包み込む
妹の悲鳴

黒い海に板きれに掴まり浮かぶ妹
眼を覚ました妹の前に現れるアスラマキーナ
そして鎖に囚われた姉
「姉様!」
瞼を開いた姉の恐ろしい形相

病院のベッドの上うなされるアニア

川原に現れたアスラマキーナがドーターを閉じ込める氷に鎖を巻き付け砕く
ドーターとアスラマキーナが近づき…

ビスマスに鎖を放つ謎のアスラマキーナ
「姉様!」
駆け寄るアニアだが転んでしまう


OP


EX009 存在するはずのない禁忌の存在

夜の病院の待合室
「大丈夫かなあ?ニアちゃん」操緒
「いきなり飛び出してったりするからだ」智春
「いても立ってもいられなくなったんじゃ…イングリットを見て」奏
「イングリット?」操緒
「ラックイーターに使えるドーターですから」
「つまりあの事件にニアちゃんのお姉さんが関わってるのは間違いないって事か…」
玲士郎登場
「何故あそこにいた?夏目智春」
「否…偶々…その」
「アスラクラインが現れた以上この件には首を突っ込むな」
「何なんです?アスラクラインって?」
「本来は拮抗する筈の2つの能力を得た、存在する筈のない禁忌の存在。まさに排除すべき対象だ」
「如何して?」
「君達もその虚偽は目の当たりにした筈だ」
ハッとする智春ら
「通常は消費されるだけの魔力をアスラクラインはドーターとアスラマキーナの間で循環させる事で限りなく増大させる事が出来る」

アスラマキーナの鎖に巻かれたビスマスが軽々と宙に持ち上げられ叩きつけられた様子
その余波で橋は落ち…

「そんな脅威を得た人間をアスラクラインと言う。今現在もっともアスラクラインに近い存在。それは君なのだよ、夏目智春」
「はあ?」
「何で智が?」
不可解そうな智春と操緒
「アスラクラインとはドーターとアスラマキーナ、その2つの力を同時に手に入れた人間であるからだ」
「ドーターとアスラマキーナを?」
「入学当初、我々が嵩月奏を滅殺しようとしたのはそのためだ。君がアスラクラインと成る可能性の芽は早めに摘み取った方が良いのでな」
「そんな!?」
「ひっどー!まだ成るって決まった訳じゃ無いのに殺されそうになったなんてね、嵩月さん」
俯く奏
「兎に角、我々にとってアスラクラインとは排除すべき対象なのだ。アスラクラインに手を貸す射影体も悪魔も全てな」
「黙れ!偽善者め!悪いのはハンドラーだ!!」ニア登場
「ニア!」
「もう起き上がって大丈夫なの?」
「私の事なら問題ない!帰るぞ」
「待ちたまえ!アニア・フォルチュナ。君は本当にクルスティナ・フォルチュナの事を何も知らないのか?隠し立てするとためにならんぞ」
「姉様は悪くない!姉様は人間に騙されているのだ」飛び出すニア
「ニアさん!」「ニア!」追い掛ける奏と智春
玲士郎にアカンベーをして追い掛ける操緒

鳴桜邸
「ニアちゃん眠ったかな?」操緒
項垂れる奏
「辛い立場ではあるわね。ある意味身内から犯罪者を出した様なもんだし」朱浬
「そんな!?ニアちゃんの言う通りお姉さんはハンドラーに利用されているだけかも知れないじゃないですか!」操緒
「まあそうだけど真実が分からないうちはね」
「朱浬さんは知ってたんですか?アスラクラインの事」智春
「当然!」
「如何して教えてくれなかったんです?」
「教えようと思ってたわよ。然るべき時が来たらね」にやり朱浬
「何ですか?その笑い…」眼を逸らす智春
「ねえ!智春。モノは相談なんだけど…(この際だしやっちゃえば~!奏ちゃんと)」
「(はあ!?)」
「(だって!智春がアスラクラインになれば対抗出来るし。だからここは一つ奏ちゃんと…)」
「いい加減にして下さいって!」堪らなくなって怒鳴る智春
「智、今エッチな事考えたでしょう!」感づく操緒
「否!考えてない考えてない!」頬が赤い智春
「うっそだー!その慌て様絶対エッチな事だ!」
頬染め俯く奏
「違うったら!」
「でも真面目な話、あの力は脅威よ!あちらも正体がばれた以上今後は大っぴらに動き出すでしょうしね」

ベッドで横たわるニア
「人間が悪いのだ…人間が姉様をこんな目に…」

翌朝
「もう!皆昨日は如何しちゃったの?アニアちゃんの歓迎会やろうって準備までしたのに…」杏
「ゴメン杏!あの後色々あってさ」謝る智春
「代わりに今日歓迎会をしようよ!ね!ニアちゃん」操緒
窓の外を見て振り向かないニア
「何かあったの?」
答えに詰まった所に現れる樋口
「な、な!聞いたかよおい?例の吸血鬼事件だけど昨夜又大量に襲われたらしいぞ!」
「へえ!又ー?」杏
「でな、市民病院の裏手に川あるだろ?あそこの橋が如何いう訳か通行止めになっててさ、きっと吸血鬼事件と関係あると思うんだよなあ、絶対」
立ち上がり教室を出るニア
ニアの方をちらと覗う智春達
「てまあ、俺の勝手な推測だけどな!」笑う樋口

科學部部室
一人座るニアの元に智春達がやってくる
「何の用だ?」ニア
「ほら!これでも吸え」
怪しい金色の置物を置く智春
「何だその不気味な物体は?」
「開運グッズだよ!鶴と亀と龍、三拍子揃った。ニア達の様なラックイーターはこういうものからも運気を吸って力を得る事が出来るんだろ?」
智春にそっと耳打ちする操緒
「智、気持ちは分かるけど怪し過ぎだってば!」
「良かったら、これ。長い間使ってた物ですから其れなりに運気が溜まっているかと」櫛を差し出しにっこりする奏
「欲しくない!」
「良いから吸えって!顔真っ青だぞ」
「偽善者め!ハンドラーであるお前の指図は受けぬ」
そこに飛び込んでくる玲子
「夏目!」
「佐伯?」
「又アスラクラインが現れたの!ヨウレンジ高校が襲われて、ついさっきお兄様が向かったのだけど…一人であれに対抗するなんて無茶だわ!」
ハッとする4人
「如何する?智」操緒
「如何するって…」
「ニアさん!」いつの間にかニアがいない
「あいつ…兎に角俺達も行ってみるよ」
「お願い!」

森の中
突き抜ける鎖が襲う
黒い触手が巻き付き…
血を吸うドーター
赤いアスラクラインが翡翠に鎖を放つ
かわした鎖が背後の建物に当たり崩す
走るニア
追い掛ける智春達
かわし切れず建物に叩きつけられる翡翠
「翡翠!」
落下する翡翠
到着したニアの目の前で黒い触手が玲士郎の体を貫く
奏でられるギターの音色
血に染まる玲士郎の背中
ギターを弾く男の傍に駆け寄り褐色の少女の姿をとるドーター
「終わったか」ドーターの頭を撫でる男
穏やかな顔で微笑む少女
呆然と見ているニア
「会長!会長さん!」玲士郎に駆け寄る智春達


CM



 OPとED
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/03 13:07] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<アスラクライン 第9話「存在するはずのない禁忌の存在」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第8話「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1140-2c5b20c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。