第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話「創られた想い」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」
OP

賢者の石の秘密を求めて元第五研究所に侵入したエドとアルは鎧に魂を定着させた者達と遭遇
戦いの中NO.66の言葉によりアルは自分がエドによって作られた紛い物の魂ではないかという疑念を抱くのだった


第9話『創られた想い』


ベッドの上包帯に巻かれ険しい顔をしたエド
「起き上がれる様になりましたね」ロス
「第五研究所は?」エド
「それが…」ブロッシュ
「何者かに爆破され跡形もなく」ロス
頭抱え
「くそー!全部パーかよー!」
叫んだ途端痛みが走り呻るエド
「く…くっそー!もう少しで真実とやらが掴めそうだったのに!!入院なんかしてる場合じゃねえ!」
顔を見合わせ頷きあうロスとブロッシュ
「「鋼の錬金術師殿!…先に無礼を詫びておきます」」
は?と思った瞬間ロスにビンタされるエド
見ているだけで痛そうに堪えるブロッシュ
頭グラグラのエド
「勝手な事をして!下手したら命を落とす所だったのよ!!」
真剣に怒るロスに呆然とするエド
「何でも自分達でやろうとしないで周りを頼りなさい!…もっと大人を信用してくれてもいいじゃない」
悲しそうに見つめるロス
項垂れるエドだが…
「「以上!」」いきなりびしっと直立不動な二人にビクッとするエド
「「階級にあるまじき暴言と暴力!お許し下さい!」」
「あ…否…悪かったです…」
「ビンタの…お咎めは?」
「そんなもん、無い無い無い」
緊張が解ける二人に
「何でそんなに気ぃ使うんだよ?」
「国家錬金術師軍の少佐に相当しますから…」ロス
隣で頷いてるブロッシュ
「俺はそんなもんのために国家資格を取った訳ではないし敬語だって使う必要ないよ」
「あら?そう」
「いや~!気ぃ使って損したかなあ」
「順応早!…あ!そう言えばアルは?」
「アルフォンス君はさっき俺が拳骨かまして説教した」と腫れ上がった手を見せるブロッシュ
笑って再びイタタとなるエドだが、突然アンテナがピンと立ち
「うっ!…もう一回盛大に怒鳴られるイベントが残ってた」
眼を点にして訝しむロスとブロッシュ

電話のベル
「はい!義手装具のロックベルでございます…エド?…あんたから掛けてくるなんて珍しいじゃない?」ウインリィ
「あー…あのさあ…言い難いんだけど…セントラルまで出張整備してくれないかな?」緊張した面持ちのエド
「出張?」
「否…右腕がな。指は動くけどー腕が全く上がらないんだ」
ハッとするウインリィ
思い出される1つ残っていたA-08の螺子
「…やっぱり駄目だったか」
「は?」
「イヤイヤこっちの話。動かなくなる前に何か舌?」
「…派手に…喧嘩した」

「又あんたは私のオートメイルを何て事に使うのよ~」
怒鳴るウインリィを想像し受話器を耳から離すエドだが…

「…もしもし?…ウインリィさん?」怖々聞き直すエド
「しょうがないわね。セントラルの何処?」
「え!?…何かお前今日は優し…否、何でも無え…うん…うん…悪ぃな。頼むよ…お!じゃあな」
受話器を置きはあーっと息を吐き出すエド
背後にいたブロッシュ
「彼女に電話?」
「誰が彼女かー!?」
叫んで傷口が開き血を噴き出すエド

ブロッシュに車いすを押して貰うエド
「何だ。つまらないな。俺が君位の年頃には…」
「あれ?何やってるんだ?そんな所で…お~い!アル」
陽の射さない暗い廊下に一人腰掛けているアル
「兄さん」
「部屋に行かないか?」
「…」
「ん?」
「ううん。何でもないよ。先行ってて」

そのまま座ったままのアル
ジコジコ…足元にぶつかるロボットの玩具
ハッとして起き上がると玩具を取りに来た子どもがアルを見上げる
にこっと笑ってバイバイとかけて行く子ども

「兄貴とやらに作られた鎧人形じゃねえのか?」

66の言葉を思い出しぐっと拳を握りしめるアル

駅に降り立つウインリィ
「お尻痛~い。エド達良くこんなの乗ってられるわねえ」
何かを探すウインリィ
「西口に目印が立ってるから直ぐ分かるって言ってたけど…あ!?アームストロング少佐!」
沢山の人が待つ中一人目立つ少佐

ウインリィの背後を通り過ぎて行くあの二人は…

「おお!ウインリィ殿」
左右を見回すウインリィ
「エルリックの馬鹿兄弟は?」
「実は…」耳元でこっそり伝える少佐
「エドが入院!?」

エドの病室
荷物をドンと落とすウインリィ
「は、早かったな…さては…特急料金取るつもりだな?」怖々エド
「だって…あたしがきちんと整備しなかったからオートメイルが壊れて…こんな大けがしたんでしょう?」項垂れるウインリィ
少佐達の眼がエドに集中
「へ!?…別にウインリィの所為じゃねえよ!元はと言えば俺が無茶な使い方をした訳だし整備はいつも通り完璧だった」と焦って言うエド
(螺子の閉め忘れに気がついてない)
「それに腕壊れたから余計な怪我しなくて済んだとも言えるしさ…気にすんなよな!な!!」
(って結果オーライ)ピカーと眼を光らせるウインリィ
「じゃ!早速出張整備の話だけどやっぱり特急料金付きね」
「は?」
ふと見ると牛乳だけ残された食事
「牛乳残してる…」じっと睨むウインリィ
眼を逸らし汗だらだらエド
「牛乳嫌い」
「そんな事言ってるからあんたは何時まで経っても豆なのよー!」
「煩せえ!嫌いなもんは嫌いなんだよー!」
「我儘だぞ!エドワード・エルリック」肉体美を見せる少佐
「子どもは皆飲んでるわよ!」ロス
「牛乳飲めなきゃ持てないぞー!」ブロッシュ
そっと覗きこみ入らず行ってしまうアル
「あ、アル?」ウインリィに頬を抓られながらエド
廊下に響くアルの足音

ウインリィに整備して貰うエド
「アルの奴この頃変なんだ」
「変て?」
「何か悩んでるみたいなんだ」

洗面所で鏡を見つめるアル

「お前、兄貴とやらに作られた鎧人形なんじゃねえか?」
「認めちまえよ。楽になるぜ」

66の言葉を思い出し鏡に凭れていた手に力が…ヒビいる鏡
俯いたままのアル

最後に一拭きするウインリィ
「よし!整備完了」
「やったあ!やっと直ったぜ。サンキューな」と肩を回し具合を見るエド
「どう致しまして!」
そこにバタンとドアが開き
「よお!エド。病室に女連れこんで色惚けてるって?」ヒューズ登場
後ろで困った顔のロス
ベッドからずっこけて傷口又開いているエド
「タダのオートメイル整備士だって!」
「おお!?整備士を誑しこんだか…」
「ああ言えばこう言う!」頭抱えるエド

ブンブン握手しながら
「マース・ヒューズだ!よろしくな」
「あ…ウインリィ・ロックベルです」
「良いのか?仕事サボって」
「心配無用!シェスカに残業置いてきた」
書類の山に囲まれぐったりしているシェスカを想像し
「あんた…鬼か?」
「そう言えばお前達、間もなく護衛対象から外されそうだぜ」
「ホントかよ!」
「護衛って!?…一寸あんた!どんだけ危ない目に遭ってんのよ!」
「いやーまあーそのー…なんだ…大した事じゃねえよ」眼を合わせられないエド
そのままにらみつけるウインリィだが…
「そうね!どうせあんたら兄弟は聞いたって言わないもんね…じゃあ又明日ね!私は今日の宿探しに行くわ」と荷物を背負うウィンリィ
「何!?だったら家に泊まっていけよ」
「でも」
「気にすんなって!女房も娘も喜ぶしよ~」
「いやあの」
「よおし!そうしよう」
「あの…一寸…」
「ほらほら!行くぞ」
有無を言わせず荷物を取り上げ背負いウインリィの襟首引っ張って笑いながら出て行くヒューズ
「一寸~!」と引き摺られていくウインリィ

クラッカーを鳴らし
「エリシアちゃん。おめでとう!」
テーブルを囲む大人や子ども達
テーブルの上には御馳走とバースディケーキが…
ふーっとロウソクを消すエリシア
拍手
「あのーヒューズさん。これって?」
そっと席を立ち傍に立つヒューズに尋ねるウインリィ
「よくぞ聞いてくれました!今日はエリシアの誕生日なのだ~」
「なのだ~!」エリシアも
「アハハ…幾つになったの?エリシアちゃん」
「ふた…みっつー!」2本立てようとして、3本立てるエリシア
「か…か…」ハッとするウインリィ
「「可愛い~!」」一緒にエリシアの可愛さに感動しているウインリィとヒューズ

アイキャッチ(エリシアを真中にヒューズ一家)

CM


 OP
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/02 14:41] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話「創られた想い」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第8話「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1137-993d7d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。