第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
07-GHOST 第8話「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
CM

ミサで祈りが捧げられている中
一人走るテイト
(畜生!)
ザイフォンがテイトに向かって伸びる
防御するテイト
(これ以上は持たない)
飛ばされ転がるテイト
ゆっくりと近づくミカゲから容赦なく放たれるザイフォン
僅かにかわしたテイトに代わり床が抉られる
再び走りだすテイト
砕かれる床
(畜生!俺のダチになんて事を!?ミカゲ…如何すれば?)
バケツを持った信徒を避ける様に曲り
(あそこへ…)
ドアに肘を当てるテイトだが…開かない
「少年。その先は立ち入り禁止だよ」声をかける男
近づくミカゲの足音
蹴破るテイト
「少、年…」
反対側から現れるミカゲ
「鬼ごっこも終わりだ。テイト・クライン」
にらむテイト
突然閉まるドア
(さすがはバルスブルグ教会。私を隔離するつもりか?)ミカゲの姿のアヤナミ
ハッとするフラウ
「悪いな。ミサは頼んだぜ」
頷くカストルとラブラドール
フラウ手を伸ばすと宙から現れる鎌
背中から放たれる黒い影
「彼等に神のご加護を」祈るカストルとラブラドール

ドアとドアを結ぶ手摺の無い橋
「我が帝国から逃げきれると思っているのか?」
ミカゲの背を破って現れる骨の羽
「あれは!?」
今まで現れたコールの姿を思い浮かべるテイト
「お前…まさかコールなのか?」
「コールだと?私はそんなに優しくないぞ」
左側だけに生えている羽
「アヤナミ!如何して俺のダチにそんな事するんだ!?直接俺だけを狙えばいいだろ!それともこれは取引なのか?俺が帝国に戻ればミカゲを返してくれるのか!?」
「取引だと?貴様にそんな権利はない!」
羽ばたいた瞬間テイトの背後に現れるミカゲ
「本来なら殺してやりたい所だが」
テイトの鳩尾に膝を入れ倒れたテイトの首を掴んだまま床に押し付ける
(嘘だろう?今の動き…まるで見えなかった)
テイトの胸を足蹴にするミカゲ
「私の手を煩わせるな。この制御装置をつけろ。軍に帰るんだ」
と突然テイトの背中が接していた辺りに影が広がり…そこだけ床に穴が開いたように落下するテイト
水に落ち沈む
(如何なってんだ?…ミカゲ…)
思い出されるミカゲの姿
(ミカゲを助けるんだ!)
ザイフォンを放つテイト
体に掛けられていた白い衣の留め金が弾ける
橋の上から見下ろすミカゲ
突然光が!
水が巻き上がる様に伸びる
雄叫びをあげ水柱から現れるテイト
(あれさえ壊せば…)
羽を見やるテイト
(コールに取りつかれた人達は翼を壊せば元に戻ってた。だったら…)
テイトのザイフォンが翼に!
だが微笑むミカゲ
「擦りぬけた!」
その瞬間テイトの背後に現れザイフォンを放つミカゲ
「無駄だ!」
床に激突するテイト
仰向いた所でミカゲの腕がテイトの首に!
絞めながら持ち上げるミカゲ
「分からないのか?私はコールではない。翼を切ればこの体は死ぬぞ」
(そんな!?翼を壊してもミカゲは助からないのか?)
「そう言えば先日面白い話をしていたな。お前はラグス国王の息子とか?」

ミカゲに告げたあの夜
「俺ラグス国王の息子なんだ」
「俺は信じるよ」

「ラグス国王の息子などいなかった筈だ」
「ミカゲを返せ!」
「今の貴様は何が出来る?力なき正義などタダの飾りだ」
「それでも俺はミカゲを見捨てたりはしない。俺達は誓ったんだ!」

「もし戦場でピンチになっても俺はお前を見捨てたりしない」
「ああ」
合わせた拳

「愚か者。ミカゲの魂は二度と戻らない。私に従わない者には制裁を。お前を二度も庇い軍を裏切った。当然の報いだ」
テイトの背中の紋章

司教達の前に並ぶ信徒達
「あなたの神のご加護を」ラブラドール
ハッとする大司教
「フラウは如何した?」
「西の塔の温室にコールらしきものが現れました。現在フラウは追跡中です」カストル
「コールらしきもの?」
「それが…魂が半分しかない少年に片翼のコールが」
「何と!?」

壁をすり抜ける様に現れる死神
「何処行きやがった!?糞ガキ!こんだけ探しても見つからねえとは…第一、何処にもあいつの気配がない」
近づく腕輪をした腕
「は~い!フラウちゃん」
突然赤い髪の少女に抱きつかれおもろい顔になってる死神姿のフラウ
「こんな所で何してるの?」水色の髪の少女
「お前ら糞ガキを見なかったか?」
「糞ガキ?」赤髪
「侵入者なら隔離しちゃったわよ」水色髪
「何!?」
「あの子達危険だわ」
「否、奴らは侵入者じゃねえ。ただの糞ガキだ。奴らの命がかかってるんだ。通せ!」
「んまあ!?せっかちさんなのね」赤髪
「侵入者を試練の橋に隔離した時もう一人の坊やも一緒に入ってしまったわ。でもあなたのためなら又扉を開けてあげる!愛しいフラウ」水色

テイトの首の後ろに付けられた制御装置から目玉も様なモノが現れ警報が鳴り手枷足枷が外れる
「何故?…何故俺を殺さない?」
「お前を生かして捕まえて来いとのご命令だ。ミロク様からのね」
「なら!俺が死んだら困るだろう?この首と引き換えに、ミカゲを!」首の周りをザイフォンが回る
「自殺行為も抵抗とみなす」
制御装置から眼玉が再び現れ…
光りの粒に包まれ呻きながら
(糞!ミカゲを助けるんだ)
白い羽根が舞う
「ミロク様の教え子がこの程度とは」
気付いたテイトが立ち上がる
(ここは…)
テイトの前に階段が…
階段を駆け上がってくる幼いテイト、士官学校の頃のテイト、鎖に繋がれたテイト、教会に世話になるテイト、そして枷が外れたテイトが今の自分を追い抜く
振り返るテイトの前に岩の翼にも蜘蛛の巣にも見える何かに捕らわれたテイトが…
「何だよ!?この壁。ひょっとしてこれが今の俺なのか?…何やってんだよ!俺。ダチがやべえんだよ!何で動かねえんだ!?」
壁を叩くテイト
「ミカゲは命をかけて俺を守ったんだ!死ぬ時は一緒だって誓ったんだ!諦めてたまるか!!」
掌を叩きつけるテイト
崩れる壁
落ちてくる捕らわれたテイトが壁を崩したテイトと重なる
テイトの前に項垂れる巨大な像が…
叫び声を上げるテイト

ハッとする三司教達
「迎えが来た。テイト君が目覚める」何時になく真剣な表情のラブラドール

雫がテイトに…
ミカゲの眼から流れる涙
掌に受け見つめるミカゲ
「何だ?これは…涙!?」
制御装置が警報を鳴らす
テイトの手の甲に文字が現れ瞼を開く様に紅い玉が姿を現す
テイトの全身を包む光
浮きあがるテイトの身体
瞼を開いたテイトの瞳も紅い
「私に首輪をつけたのは貴様か?」
「まさか…そんな筈はない」

ED


少年は目覚める
そして誓う
友が愛した全てが自分の正義であると
友が捧げてくれた心より尊いものなど無い


Kapitel.9 魂の色は永遠に




次回は大変な事に!!



【送料無料選択可!】瞳のこたえ [CD+DVD] / Noria ED。2009年7月29日発売!
関連記事
スポンサーサイト
[2009/06/01 15:22] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話「創られた想い」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第8話「半分だけの魂が悲しき目覚めを呼び起こす」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1135-8cf36828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。