第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
狼と香辛料11巻 Side Colors 2 (支倉凍砂) 「今日どんな本をよみましたか?(197472)」
狼と香辛料11巻 Side Colors 2 支倉凍砂 著 文倉十 イラスト (2009年5月10日初版発行 電撃文庫)




ロレンスたちがケルーベまで追うことになった美しき女商人エーブ。
貴族だった彼女が、いかにして今のような商人となったのか―。
"もうひとりの狼"エーブの過去を描く、読みごたえ満点の書き下ろし中編『黒狼の揺り籠』。
ホロとロレンスが立ち寄った村では、村人が諍いを起こしていた。
そこでホロが思いついた驚きの解決法とは!?旅の一幕を描く短編『狼と黄金色の約束』。
晴れた日、一枚の地図を見ながらホロとロレンスが思い立った寄り道と、その顛末を描く短編『狼と若草色の寄り道』。
書き下ろし中編+「電撃文庫MAGAZINE」掲載の短編2本を収録した、絶好調の新感覚ファンタジー・短編集第2弾!





「狼と黄金色の約束」

町を出て三日目、ホロと鶏談義となったロレンスは途中で売っていればと言う条件でホロに丸ごとの鶏を1羽だけと念押しして買ってやる事を約束する。
そこに鶏とビールを売っていた青年の姿が…
街道まで態々出てきた青年、丸々と太った鶏、旨いビール、しかしその樽は今にも箍が外れそうなほど古い。
ピンときたロレンスは鶏を何羽か買いたいと青年について村を訪れる。
村長から歓待を受けるロレンス達。村長の話に相槌を打つロレンス。
しばらくいて外が騒がしくなり村人が村長を呼びに…
村長が出て二人になった隙にロレンスの思惑を尋ねるホロ
ここは植民。他の行商人達から手付かずの村なら村の生活必需品を一手に…顔がにやけるロレンス。
そこに再び村長が文字は読めるなら力を貸してくれとロレンスに・・・


ロレンスが又聞きで聞いたような鶏料理、ホロじゃ無くても私も涎が出そうです。ああビールもね!
いつもながら、村や人の様子、言葉の端々でどんな村かを推測するのは面白いですね。
文字が読めて書ける事…例え一般的ではない教会文字であっても契約書に書かれた決まり文句や数字は押さえていたり。
代筆業が成り立つ世界なのですね、ロレンスらはそれだけの知識を小僧の頃から叩きこまれているのでしょうけど。
とは言ってもやはり肝心な所ではホロに敵わない訳で…例えホロには出来ない文字の読み書きが出来てもね。逆手に取られてしまうし。
まあ、あの様な方法が本当に有効かどうかは分かりませんが…村人が納得ならそれが一番。
ロレンスがホロを煽って・・・これで忘れない…。
出会ったばかりの頃に比べホロへのロレンスが取る駆け引きは随分と成長の跡が見られ、ハイハイ御馳走様と思いつつもにやにやとしてしまいます。



「狼と若草色の寄り道」

寒さの厳しい季節には珍しい暖かな日、単調な道に飽きたロレンスは地図を広げ暖かな草原でごろり昼寝を提案する。
時は金なりの商人であっても…ホロの喜ぶ顔にはそれだけの勝ちがある。
ただ当てになる地図とは…無理なら諦めようとロレンス。
ならば木漏れ日の下で昼寝を…とホロ。草原目指す二人だが…


ホロを喜ばせようと思ったロレンスでしたが…
ホロの好きな事、この二人ほど甘い会話では無いですが、他愛もない話で・・・なのは私も好きかも。
旦那は怒りますけどねえ。



「黒狼の揺り籠」

ジョンズ商会に干し草を運び込んだフルールは商会の男にぎこちない愛想笑いを見せ代金を請求するが安く買いたたかれそうにになり…
約束の最低価格を出し言い返すが、相手にされない。
口を挟む年老いた商人オーラー。
フルールの頭越しで交わされる商談。一言も口を挟めず…
混み合う港の荷揚げ場も誰ともぶつからずに歩くオーラー。
若い女である事を隠すため顔に巻いた頭巾に慣れぬフルールはまっすぐ進む事も困難。
ようやくオーラーの隣に立てたのは二人並んで歩くのがいっぱいな路地に入ってから。
少し前なら死ぬまで足を踏み入れるなんて想像もしなかった場所。
お嬢様!と険しい声のオーラー。商人としての自覚を持てと。
その言葉は常に念頭に置いてある。
何故ならもはや自分は貴族ではないから。
第十一代ボラン家当主、フルール・フォン・イーターゼンテル・マリエル・ボラン。そんな長い名前に懐かしささえ覚える・・・



エーブ・ボランがまだ商人になりたての頃のお話。というかエーブと名乗る前のお話。
傾いた家を商人の夫に買われ、夫も負債を抱え破産。
しかし、夫に雇われていた老商人オーラーがフルールを商人として一人で身を立てられる様にと教育係兼帳簿係を買って出て、一番仲の良かった使用人のベルトラが引き続き身の回りの世話を引き受けて…

手段を選ばず金を稼ぐエーブもフルールだった頃は…可愛いと言うか優しいと言うか甘いと言うか…
で、結局その甘さがフルール本人だけでなくオーラーやベルトラにもツケが回ってくる訳で…

ベルトラ、良い使用人。ベルトラがいてくれれば立派な屋敷で無くても…
交渉に失敗しても…オーラーは本当に良い教師です。しかしオーラーも又…

取引については非情な商会の男もふと垣間見せた…商人が金を稼ぐ先に何を見るのか…

浮ついた気持ちが一転…そして・・・がフルールに覚悟を掴みとらせる。
エーブの由来も。
あの商売が上手く言っていたら…今のエーブは無かったかもしれません。

先の短編2本は甘いお話でそれはそれで良かったですが、中編のエーブの話が一番面白かったです。
作者様のあとがき通り、エーブの話を読み返さなければ…時折見せるエーブの昔の影がもっと味わい深く感じられる事でしょう。

夏にはアニメ2期も開始!




在庫なしの様ですが…アニメ2期未放送番外編「狼と香辛料 大神と金の麦穂」DVD付き。
読んでみたかったですが値段が…


公式ガイド!原作1~9巻までを徹底解剖!アニメ1期、ゲーム、コミックの世界も完全網羅!


TB送信先
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/spicy_wolf/691098 (『狼と香辛料』ファンブログ様
関連記事
スポンサーサイト
[2009/05/24 13:45] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<07-GHOST 第7話「翼に喰われた魂は愛しい我子の夢を見る?」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | Pandora Hearts 第7話「Whisperer 深淵からの呼び声」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1119-29c3bab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。