第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第7話「無情な空に散った夢」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容前半後半)



幽霊とはいえ人の目に見えるようになり高校生生活を楽しむ操緒。
自分から離れて行動し始めた操緒に寂しさを覚える智春。
雪原との戦いの傷を癒す朱浬。
埋め戻している途中の遺跡をはる奈と見る雪原。

四人とも航空機事故の被害者だった様です。
現在の様子と織り交ぜて、同じ飛行機に乗り合わせた三組が描かれていました。



朱浬と紫浬は双子の姉妹。
妹の紫浬は期待の新人女優
姉の朱浬は姿も声も全く同じ。雪原曰く演技が下手な様ですが…
初めての映画で認められた紫浬は海外の監督に招かれイギリスへ。同行する朱浬。

遺跡の研究のため出張が多い父に会いに行った雪原。
父は神聖防衛隊から調査費を得ている様です。
この頃の雪原はスカートはいてますよ。
二人が向かった遺跡には銀のトランクが!
1巡目の世界とか2巡目の世界を破滅から救うとか言ってますが…
しかしそのトランクを守らんと現れる巨大な蟹ロボットな見た目の番人、カスタス・マキーナ。
雪原を救うため囮になる父。
別れの間際に父から託されたトランクを渡すべく雪原は神聖防衛隊のあるイギリスへ。


朱浬と紫浬と雪原は中学生の頃から知り合いだった様です。
朱浬も雪原も紫浬をからかいながらも可愛がっている様子が伝わってきます。
同じ飛行機である事を喜ぶ双子ですが…


中学生になる春休みに長期出張中の両親を訪ねてイギリスに向かう操緒とついて行く智春。
半年ぶりに会う両親に制服姿を見せたいからと着て飛行機に乗る操緒。
制服に気付かない智春にはかなりご機嫌斜めでしたが…
操緒のヒントで気付いた智春。漸くご機嫌さんになった操緒でしたが…


飛行機が揺れアラームが鳴り響き…墜落炎上。

目を覚ました雪原はトランクを探し、トランクと一緒に双子も発見。

朱里の首に手を当て離す雪原の描写がありましたが、朱里は死んでいたのでしょうか?
そして目を覚まそうとして再び目を閉じてしまう紫浬。紫浬は生きている?

トランクを傍に置き紫浬の名を呼ぶ雪原。
玲士郎が瀕死の哀音をベリアルドールにした時と同じなのでしょうけど…
それなら死んでそうな朱浬を選ぶ様に思いますが…(完全に死んでいては駄目なのでしょうか?)

白い大きな木の根元で眠る?双子。
あなたのヤドリギではないと言われ立ち上がる紫浬。

遺体安置所の様な所に寝かせられている朱里?に取引を持ちかける直貴の代理の奏!?

事故後雪原が再会したのは本人は紫浬だと言っているのに雪原は朱浬だと言い張るし…

記憶喪失の時の朱浬は紫浬を名乗っていたし…


一体どちらが朱浬で紫浬なのでしょう?

雪原はシロガネのベリアルドールを紫浬だと思い込んでいる?
それとも再会したときの朱里が紫浬だと嘘を言った?
記憶喪失の時の朱浬が自分を紫浬だと思い込んでいた?

直貴の代理として奏が登場したのは一体?
取引を持ち掛けられたのはどちらの黒崎?
と言うか取引って何?

色々な可能性がありそうです。




敵対しているようで、戦いが終わると次に何かあるまでは一旦は休戦な感じが不思議。

案外、最終的な目的は同じなのでしょうか?手段や立場は違っていても…

主人公らが事故に巻き込まれた頃の状況はわかりましたが、朱浬と紫浬は双子なのでどちらがどちらなのかはっきりはしていないし、智春と操緒は事故までしか描かれていなかったし…

謎が解決されるどころが増えてる気が…


 原作は只今12巻目


 コミック第1巻


TB送信先
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-05-15/trackback (ウサウサ日記様)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51510930 (パズライズ日記様)
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10265142114/5ec6c67c (ぷち丸くんの日常日記様)
関連記事
スポンサーサイト
[2009/05/21 15:34] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Pandora Hearts 第7話「Whisperer 深淵からの呼び声」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 夏のあらし! 第7話「他人の関係」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1112-de26291d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。