第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第3話「科学の光が落とす影」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」

「契約を阻止するためならお兄様は手段を選ばない」
「ハンドラーと悪魔の交わりからは災いしか生まれぬ」
「止めてー!…夏目君を放して!」
「嵩月!」
「ごめん、なさい」
「あのトランクが必要だよ…ダメー!」

爆発炎上する第一生徒会室
走る智春
「あれが要る!」
トランクが開いた時に現れた黒いあれを求めて…

OP

EX003 科学の光が落とす影

トランクを取りに部屋に戻る智春だが
「だ~れだ?」背後から智春の眼を隠す朱浬
「うわ!?何なんですかあんた」
「私の事忘れちゃったの?」
「そうじゃ無くて!人ん家で何やってんですか!」
智春を指さし
「君はアスラマキーナの操り方が分からない!図星ね…そのトランクを開けた時と同じよ!命じるだけ。出てこいってね」
眼を眇める智春
「先輩一体…」
「大体の事情は分かってるわ」
入部届けを出し
「科学部に入るならね、助けてあげても良いわよ!」
「ふざけないでください!」とずるずるとトランクを机から下ろす
「あら!真面目よ。大人には大義名分が必要なの」
「先輩の下らないお喋りに付き合ってる場合じゃ無いんです!退いて下さい」
出て行く智春
「そうね。奏ちゃん、裁判にかけられる筈だけ形だけだし直ぐに処刑されちゃうわ」
チラと振り返るがそのまま学校に戻る智春

5時を知らせる鐘の音

何重にも周囲を囲む鎖の内側、両手を縛られ吊るされている奏

重たげにトランクを運ぶ智春

「頭悪いねえ!タクシー呼べば良かったのに…」

操緒がいたらそう言われただろう
しかし頭上を見上げても操緒の姿は無い
と、前方に朱浬の姿が!
無視するように歩きだす智春
その後ろをついて行く朱浬
「ねえ。サオちゃん何処に行ったの?」
止まる智春
「もしかしてやられちゃったとか?」
キッと睨みつける智春に
「わ!そうなんだ」
智春の眼には涙が…
「でもまあ、心配ないんじゃ無い?ほら!何たって幽霊なんだし」
「勝手な事言わないでください!」涙が零れ散る
「操緒には大人しくしてるなんて無理なんで。考えも無しに思った事を全部口にして、関係ないのにあーだこーだしつこくて…こんな事一度もなかった」
「だから敵を討ちたい?」
「先輩には感情がないんですか?」言い残し去る智春
「サオちゃんいないのにアスラマキーナ呼びだすのは危ないと思うなあ」
「もうついて来ないで下さい」

一人、ボロボロになった第一生徒会室に残る玲士郎
落ちていた写真盾を拾い見つめる

貨物船
ヘリコプター

「あのマーク学生連盟だよ」甲板で手すりにもたれる玲子
「見ればわかるって」快活そうな薄紫髪の少女(哀音?)
「何の用だろうね?」
「シロ君の事迎えに来たんじゃない?」
「学生連盟が?」
「一寸頂戴!」玲子のジュースを取ろうとするが
「自分で買えば」
「シロく~ん!」手を振る少女
甲板のヘリポート傍に立つ玲士郎
隣には銀のトランク
振り向いた瞬間玲子のスカートを捲り上げ…
「何するの!?」スカートを押さえる玲子
「別に見せたって良いじゃない!兄妹なんだから」
「最低!」
微笑ましく見る玲士郎だが近づくヘリを睨みつける
突然、撓る鞭の様なモノが甲板を叩き…
「な、何だ!?」
海から何本もの鞭がついた様な目の赤い怪物が現れる
赤い目には幾つもの眼球が蠢き牙を剥く

「ドータカ(?)…あれを狙ってきたのか?」


第一生徒会室で写真立てから写真を取り出す玲士郎
玲士郎の腕を取る薄紫髪の少女と後ろで泣いている玲子

「お兄様、嵩月さんは?」
「拘束してある」
「如何なさるおつもりなのですか?」
「手順に従い裁判を行う」
「退学させれば済むのでは?」
「彼女は校内の治安を守る立場にある第一生徒会を襲撃したのだ。しかも動機は夏目智春を助ける事にあった」
玲子の頬に手を当て
「玲子、僕達の使命は神聖にして絶対だ。それを忘れはならない」
部屋を出る玲士郎
俯く玲子
「忘れた事はありません」

雷光
一転嵐の様な天候の中、怪物の攻撃から逃げる玲子達
「早く!レイちゃん」
咆哮を上げる怪物に立ち止まる玲子の手を引く少女
トランクをヘリに乗せる玲士郎
「二人とも早く急げ!」
怪物の鞭が唸りを上げる!玲子達を庇う様に飛ぶ玲士郎
途端に鞭がヘリに!

学校の時計は夜の9時を示している
月明かりの下一人待つ玲子
「何かが少しでも違っていたら今ここにいるのは哀音だったかもしれない」

床に落ちていた小箱を拾う智春
「嵩月…何処にいるんだ?」
そこにふわりと現れる哀音
「悪魔は危険な存在です」
「彼女は?嵩月は何処ですか?」
「悪魔を助けるために操緒さんを傷つけるのですか?…止めて下さい。操緒さんのためにも」
ハッとする智春だが
「ふざけるな!あんた達が操緒を」
「心配は要りません。操緒さんは直に戻ります」
「適当な事言うな!」
「本当です」
「信じられる訳無いでしょう!」
「玲士郎に協力してあげて下さい。力を正しく使って欲しい」
「嵩月は何処なんですか?」
「彼女の事は忘れて下さい。もしあなたと彼女が…」
「何処だ!」
溜息をつき哀音が指した先は礼拝堂?
「あそこに」
「あなた達とは戦いたくなかった」
「僕だって嫌ですよ。こんなの。でも行かないと」
トランクを手に走る智春
見つめる哀音

燃え盛る船
「しっかりしろ!哀音」玲士郎
「哀音!」玲子
破片の下敷きになり口端から血が伝う
苦しげな哀音
「大丈夫だ!今助けてやる!」
退ける玲士郎だが…ハッとする玲子と玲士郎
苦しげに息をする哀音
壊れたヘリにはトランクが
「私はイイよ。力が必要なんでしょ?」

パイプオルガンの響き
「悪魔が齎す物は禍でしかない。悪魔はその存在自体あってはならない。君はその悪魔以上に危険な存在だ。君と夏目智春の契約によって解き放たれる力は世界を地獄に変える。この世界にその様な邪悪を産み落とす事はさせない」
右目だけが異様に赤く光る玲士郎
緑に光る手錠を掛けられホール中央の椅子に座らさせられている嵩月
「私はどうなっても…だから夏目君には手を出さないで。夏目君は私の事なんか何とも思ってない。だから、もう夏目君には」
「悪魔の指図は受けない!嵩月奏。君には地獄へ帰って貰う!」
玲士郎の影が落ちたかと思うと背後に現れる魔法陣と歯車
刃を剥く何か
口を開けた様に玲士郎の左に出現した歯車が赤く…
突然ドアが開き
「動くな!」
「夏目、君!?」
「動くなよ!ちょっとでも動いたら出すぞ」とトランクを掲げ近づく夏目
「大丈夫か?嵩月」
「え!?」
「行こう!ほら早く!!」
「どうして?」
「え?」
「どうして来たの?」
「何言ってるんだ?」
「私の所為で巻き込まれたのに」
「そんな事無いよ」
「あります。悪魔だから、私」
「君にはホトホト呆れるな!夏目智春」
「動かないで!」
「悪魔の為に死にに来るなど愚かしい」
「悪魔悪魔って、嵩月は普通の女の子ですよ」
驚く嵩月
「良く解った」
と銃を向ける玲士郎達
「止めろ!動くな!」トランクを掲げる智春
「その悪魔と共に滅びたまえ」
「本当に出すぞ!」
「やれ!」
銃口が智春に
「出てこい!」
何も出ない…ばかりが開いて落ちた!?
「あら?」
トランクから紙が…拾った嵩月が手に取ると
「入部届け?」
「何をしてくれたんだ!?あの人は」
「やれ!」
玲士郎の命令と共に銃撃が!
トランクを盾に「走れる?」
頷く嵩月
トランクを投げ出し「走れ!」

炎に包まれた船の甲板
瀕死の哀音を抱きトランクの持ち手を握る玲士郎
二人を光に包みトランクが開く
「ここで終わらせる。そして二度と繰り返される事が無い様共に生きよう」
頷く哀音
「済まない」
玲士郎がギュッと抱きしめるとトランクから…

アイキャッチ

CM



 angelaが歌うOP「SPIRAL」とED「LINK」。DVD付き限定盤。2009年05月13日発売!


【送料無料選択可!】TVアニメ「アスラクライン」OP主題歌: Spiral / ED主題歌: Link [通常盤] ... こちらは通常盤。2009年05月13日発売!
関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/22 15:26] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<アスラクライン 第3話「科学の光が落とす影」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 07-GHOST 第2話「懐かしき記憶は痛みと共に」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1071-39dc36b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。