第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第3話「邪教の街」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」
教主の教えがラジオで流れる
食事をとるエドに大道芸人かと尋ねる店主
俺達の何処が!?とエド。ごちそうさんと立ち上がる
アルの頭が軒に当たりラジオ落下
慌てる店主に
悪い悪い!直すからとエド「まあ見てな!」
壊れたラジオを中心に陣を描くアル「そんじゃ行きま~す!」
街の人々も見守る中元通りに「これでいいかな?」
「あんた奇跡の技が使えるのかい?」驚く店主
「何だいそりゃ?」
「僕達錬金術師ですよ」
「エルリック兄弟って聞いた事ね?」
噂の天才錬金術師登場に沸く街の人々がアルの周りに…
鎧を着ているから二つ名が鋼と納得する街の人
「僕じゃなくて…」
「え?あっちのちっこいの?」
怒るエド

第3話「邪教の街」


ラジオから流れる声の主はコーネロ教主

数年前に街に現れ人々に神の道を開いた教主
生きるの者には永遠を、死せるものには復活を与える
その証拠が奇跡の技

胡散臭さを感じるエド

教主が降り注がれる花の一つを握ると光と共に貴石で出来たと思しき花のオブジェに

「如何思う?」スーツケースの上に立つエド
「あの錬成反応は錬金術でしょう」アル
「等価交換無視してるぞ。質量1の物から質量1の物しか出来ないのは原則だろう」
「植物を鉱物に変えてるしね」
教主の指には赤い石の指輪
「ビンゴだぜ」

鐘の音
「神様!私の願いをお聞きとどけ下さい。あの人を…」娘が祈る
「こいつがレトさんか」
「レト教に興味がおありですか?」立ち上がる娘
「生憎と無宗教でね」
「いけませんね、それは。神を信じ、敬い、感謝と希望に生きる。何と素晴らしい事でしょう。信ずれば…」
真剣な娘におっ!と思うエドだが
「きっとあなたの身長も伸びますよ!」
怒りに震えるエド
宥めるアル

「死せるものに復活を…本気で信じているのか?」
頷く娘に溜息つくエド
「水35L、炭素20kg、アンモニア4L、石灰1.5kg、燐800g、塩分250g、硝石100g、その他諸々」
戸惑う娘
「大人一人分として計算した人体構成成分だ。今の科学ではここまで分かっているのに実際に人体錬成に成功した例は報告されてない。科学でも出来ない事が祈ったら出来るのかよ!」
「祈り信じよ!さすれば汝が願い成就せり!」
「因みにこの成分材料なあ、市場に行けば子どもの小遣いでもぜ~んぶ買えちまうぞお」とベンチに凭れ上向くエド
「人間てのはお安く出来てんな」
「人は物じゃありません!そんな言葉創造主への冒涜です。天罰が下りますよ」
乾いた笑いのエド
「錬金術師ってのは科学者だからな。創造主とか神様とかは信じちゃいないのさ。この世の想像原理を解き明かし、真理を追い求める。神を必要としてない俺達科学者がある意味神に一番近い所にいるってのは皮肉なもんだ」
「ご自分が神と同列とでも!?傲慢ですね」
「傲慢ねえ…そういやどっかの神話にあったっけな。太陽に近づき過ぎた英雄は蝋で固めた翼をもがれ地に落とされる。ってな」
「兄さん」
「お嬢さん。今みたいな事を考えてた科学者でもレト様はお救い下さるでしょうか?」会釈するエド
「勿論ですわ!改心は何時でも受け入れられますよ」

面会を断ろうとする教主だがエルリック兄弟と聞き
「拙い事になった。鋼の錬金術師エドワード・エルリックだ」
「あの鎧男が!?」
「恐らくな」
「国家錬金術師が何故ここに?まさか我々の計画が…」
「軍の狗め!余程鼻が良いと見える」

時間がない教主との面会を運が良いと副教主に長話にならないようにすると言うエド
入って直ぐドアを閉めアルに銃を突きつけエドを棒で阻む
驚くロゼに教主を陥れ様とする異教徒だと副教主
「だから…早く終わらせようぜ!」
阻んでいた男達の手をとるエド
副教主を殴るアル
逃げる男に棒を投げるエド
「騒がしい!神聖なる教団へようこそ鋼の錬金術師。先走った連中がいた様だな。失礼の段お詫びしよう」教主
「高い所から見下ろして詫びもねえもんだ」
「教義を受けに来たのかね?」
「是非とも教えて貰いたいもんだな。セコイ錬金術で信者を騙す方法とか」
「私の奇跡の技を錬金術と一緒にされては困る…これが錬金術で為し得ると?」
掌の内でレト神像を作りだす教主
「そこなんだよなあ…法則を無視した錬成が如何いう訳か出来ちゃってんだよねえ」
否定する教主に錬金術師が使えば不可能を可能にすると言われている伝説の術法増幅器なら…とエド
「賢者の石!その指輪がそうじゃ無えのか?探したぜ!」
「ただの指輪だ。私は神から奇跡の技を許されたのだよ」
「まだ惚けんのか?どうやらとっ捕まえて体に聞かなきゃならねえ様だな!」
「君は度し難い異教徒の様だね」
拳銃を拾い撃つ様命じる教主
出来ませんとロゼ
「私の言葉は神の御言葉。これは神の御意志なのだ!」
震えるロゼ
「どうしたんだね?去年恋人を事故で亡くし失意のどん底にいたのを救ったのは誰だ?」
「コーネロ様です」
「そうだ!私がお前を救ってやった。そして何を約束した?」
「あの人を生き返らせてくれると!」夢中でアルに銃を向けるロゼだが
「ああ!?ええと…僕は違うんですけど!」
「俺が鋼の錬金術師だってぇの!」怒るエド
「貴様がそうだったのか!」驚く教主
謝りつつも銃を向けるロゼ
「あいつはペテン師だぞ!」
「コーネロ様は奇跡の技であの人を蘇らせてくれるわ」
「じゃあ撃てよ!」
引き金を引くロゼ
弾はアルの頭に当たり…
悲鳴を上げるロゼ
「それで良い!神は御喜びだよ。さあ!残りの一人も撃つのだ」教主
「信者に酷い事させるなあ」起き上がるアル
驚く教主とロゼ
「如何もこうも」アルの体を叩くエド
虚ろな音
「こういう事で」内を見せるアル
「中身のない鎧!?これこそ連中の邪悪さを証明するものだ。排除すべき存在なのだ」
壁のレバーを下げ
「キメラを見るのは初めてかね?」
上半身はライオン、下半身は爬虫類!?
「賢者の石を使ってこんな物まで作りやがったのか。これは丸腰はキツそうだな」
掌を合わせ床に手を置くエド
錬成光と共に現れる槍
「錬成陣も無しに!?国家錬金術師の名は伊達では無いと言う事か!だが」
キメラの爪を槍で防ぐが槍は折れ左足は裂かれ
「如何だ!鉄を切断する爪の味は」
「なんちってね!」にやりエド
キメラの爪がパラリと落ちオートメイルの足で一蹴り!
「生憎と特別製でね」
「噛み殺せ!」
エドの右腕に噛みつくキメラだが
「如何した?猫野郎。しっかり味わえよ!」腕を払い蹴る
「おお!その腕。鎧だけの弟。そうか!そう言う事か。鋼の錬金術師、貴様やらかしおったな!」
コートを脱ぎオートメイルの手足が露わになったエド
「降りてこいよ!ド三流。格の違いって奴を見せてやる」

アイキャッチ(コーネロ教主)

アイキャッチ(ロゼ)

ロゼに二人が錬金術師最大の禁忌、人体錬成を行ったと教える教主
死んだ人間を蘇らせようと…

太陽に近づき過ぎた英雄…エドが語っていたのはエド達自身

「これが神様とやらの領域を侵した咎人の姿さ。ロゼ!こうなる覚悟があるのか?」
「エドワード・エルリック!貴様それで国家錬金術師とはな。笑わせる!」
「うっせんだよ!賢者の石がなきゃ何にも出来無えドサンピンが!」
「教主さん。痛い目見ないうちに石を僕達に渡してほしい」
「笑止!神の領域に踏み込んだ愚か者共め!今度こそ神の元へ送り届けてやる!」
石が光り杖が大型火器に!
盾で防ぐエド
「俺って神様に嫌われてるだろうからさ、行っても追い返されると思うぜ」

ロゼを抱え逃げるアルに撃つ教主

壁に扉を錬成し逃げるエド達
教団に仇なす異教徒だと教主

余裕の表情で待ちうける教徒達
ニヤリと右腕を剣に変え薙ぐエド
子どもだからと油断するな!と別の教徒だが…蹴りながら進むアル

鐘楼。鐘を外し作業しつつ
「分かっただろう?ロゼ。コーネロは君がいたのに撃ってきた」アル
「あれはあなた達が…さっきの話本当なの?」
「僕達はただもう一度母さんの笑顔を見たかっただけなんだ…でも錬成は失敗した」

母になる筈だったモノ
片手片足を失ったエド
鎧のアル

「人の形をしていなかった…僕達は間違いを思い知らされた。人は蘇らない。母さんも」
「嘘よ。だって…」
「錬金術の基本は等価交換だ。人体錬成の代償は大きかった。兄さんは左足を僕は体を持っていかれたんだ」
内の錬成陣を見せ
「兄さんが自分の血で描いたんだ。左足を持って行かれ痛かった筈だ。でも兄さんは僕の魂を自分の右腕と引き換えに錬成して鎧に定着させてくれた。僕は兄さんの体を元に戻したいんだ。兄さんも僕を元に戻したいと思っている。その結果命を落とす事になるかもしれない。僕達の選んだのはそういう業の道だ」
「でも…あなた達に出来なくても…コーネロ様なら…出来るのよ!」自身に言い聞かす様にロゼ

現れた教主に腹を割って…とエド
「俺はその石の秘密が知りたいだけだ。それとも軍に出動を要請しようか?」
睨む教主だが
「賢者の石で何しようってんだ?それがあればチンケな教団なんか要らないだろう?」
「教団は私のためなら喜んで命も捨てる信者を生みだしてくれる。死をも恐れぬ最強の軍団だ。見ているがイイ!あと数年の後に私はこの国を切り取りに掛るぞ!賢者の石とバカ信者どもを使ってな!貴様にもそのおこぼれぐらいは分けてやろう」
笑う教主を笑うエド
「だから!あんたは三流だっつうんだよ!」
ONに入ったスイッチとマイク…愕然となる教主

鐘で作った巨大スピーカーを持つアル
「奇跡の技なんてないんだ。皆、賢者の石の力だよ」
呆然とするロゼ

「何時からそのスイッチ!?」
「最初っから…駄々漏れ」
しまったという表情の教団関係者
客に注ぐコーヒーを零す食堂の店主
「何て事を!?このガキ!」
杖を何かに錬成しようとする教主だが
「遅えよ!」
エドの刃が薙ぐ
「言っただろう?格が違うってよ」
「私は無敵だ!」
再び錬成…火器と腕が混じり…リバウンド
諦めない教主
「神の代理人だ!」
襲いかかる
かわし刃を盾にするエド
「私の言葉は神の言葉。この拳は神の拳」
「何が神の拳だ!?そんなに好きならくれてやる!」
レト像から拳を伸ばし殴る
叫ぶ教主に頭突きエド
「うっせえ!賢者の石見せろ」
しかし…石は光を失い落ち…割れ…散る
「壊れた!?完全な物質である筈の賢者の石が何故壊れる?」
「知らん!私ゃ何も聞いてない!助けてくれ!」
「偽物かよ…やっと戻れると思ったのに…」
「あの~。私は?」
「何処にでも好きな所に行きやがれ!」

「賢者の石は?」アル
「とんだパチもんだった…やっとお前を元に戻せると思ったのにな」
「賢者の石を渡して!」震え銃を構えるロゼ
パチもんで壊れたと言うエドだが
「嘘よ!独り占めする気なんでしょう?あなた達の体…それにお母さんだってもう一度」
「黙れ!死んだ人間は生き返らない!二度と…二度と!」
座り込むロゼ
「生き返るって言ったのよ…祈りが叶うって言ったのよ!奇跡は起きるって…これから私は何に縋って生きていけばいいのよ!教えてよ!」
ロゼの隣を通り過ぎて行くエドとアル
泣きだすロゼに振り返る事無く
「そんな事自分で考えろ!立って歩け!前へ進め!あんたには立派な足がついてるじゃないか!何にも縋る必要なんてない」
ロゼが見上げる教会が涙で霞む

松明を掲げ教会に教主を出せ!と詰め寄る街の人々

あんな小僧に私の野望を…忌々しげな教主
「ホント!台無しだわ…ちょっと混乱を起こすだけで良かったのに…」
教主の前に現れる黒いドレスの女と太った男
「ねラスト!このおっさん食べてイイ?」男
「ダメよ!グラトニー。こんなの食べたらお腹壊すわ」ラスト
「どいつもこいつも!バカにしおって!!」
教主が引き金を引く間もなく伸びたラストの爪が貫く
「あなたもう用済み」
女の胸には尾を噛む蛇の刺青
「せっかく盛り上がったのに又一からやり直しね。お父様に怒られちゃうわ」
教主の頭を持ち上げるきょとんとしたグラトニーの顔がニヤリと
「さて、次はどんな手を使おうかしら…」
涎を垂らしながら開けられたグラトニーの口
舌には同じ刺青が
齧る音
関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/21 07:59] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第3話「邪教の街」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | Pandora Hearts 第2話「Tempest of Conviction 断罪の嵐」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
すごい詳細な説明ですね。
よくわかりました。
トラックバックはっていきますね。


[2009/04/21 10:27] URL | mkd5569 #79D/WHSg [ 編集 ]
mkd5569さん
コメントとTB、ありがとうございました。
お役にたてればうれしいです。
間違い等お気づきでしたらご指摘くださるとありがたいです。
[2009/04/21 14:40] URL | yamahusa #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1067-7fb2cc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。