第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
戦場のヴァルキュリア 第1章「戦火での出会い」 「アニメあれこれ(85598)」
家の辺りでは4月10日(金)深夜から始まりました。


アニメ公式サイトから物語の概要を引用します

-----以下引用-------------------------------------------------
時は征暦1935年。

ヨーロッパ大陸は東西の二つの大国に分断されていた。

鉱物資源・ラグナイトをめぐり勢力争いを広げる専制君主国家「東ヨーロッパ帝国連合(通称・帝国)」と、王政を廃した共和国の連邦国家「大西洋連邦機構(通称・連邦)」の両国がついに開戦する。
争いは、武装中立を国是とする小国・ガリア公国へも飛び火し、
国境の町・ブルールで出会った少女アリシアと青年ウェルキンは、
「必ず故郷へ戻る」ことを誓い、義勇軍への入隊を決意する!

この物語は、戦火の中で錯綜する兵士たちの様々な思いと感情を描き、
そこで生まれる新たな友情、愛をテーマに繰り広げられる
七ヶ月間のドラマである。伝説【ダルクスの災厄】に隠された真実。
そして謎に包まれていたヴァルキュリア人の秘密とは…。

愛と感動のラブストーリーと、
ファンタジーアクションを併せ持ったTVシリーズに乞うご期待!
-----引用終わり-------------------------------------------

また、第1話あらすじも引用します。

-----以下引用---------------------------------------------
ガリア公国にある国境の街ブルールでは、戦火を逃れるべく住民たちが疎開を始めていた。
自警団の班長を務めるアリシアの元へ不審者の通報が入り駆けつけると、そこに居たのは川原でのん気にスケッチをする青年ウェルキンだった。
スパイ容疑で拘束するが、ウェルキンは妹のイサラに会うため密かに抜け出してしまう。
気づいたアリシアが追いかけてたどり着いたのは、なんとガリアの英雄ギュンター将軍の家だった。
すぐそこまで攻め込んできていた帝国軍の容赦ない攻撃が始まり、彼らの運命が動き出す…。
-----引用終わり-------------------------------------------



ゲーム未体験、コミック未読のため、国とか街とか人とか派閥とかの把握が…



物語は街の人々が隣町に疎開する所から始まりました。

主人を亡くしたパン屋さんをお手伝いするアリシア。
帝国軍の侵攻から街を守るために自警団に。
疎開を見守るアリシアの元に、同じ年頃の娘スージーがスパイがいるらしいと…

スパイと思しき青年を見張っていた少年自警団員達と共に銃を突きつけ声をかけるアリシア
青年は川の中の光マスの文様をスケッチしていたと言う。
スパイだと疑っているアリシアはスケッチを暗号だと思い手帳を取り上げ青年を捉え詰所に連行する。
許しもなくスケッチした事を謝る青年だが…帝国軍の進軍についてはシラを切っているのか何も知らない様子。

名を尋ねると…ウェルキン・ギュンターだと名乗るが…ギュンターはこの国を守った英雄の名。この街でギュンターを名乗るのは…
そこでサイレンが鳴り…
少年達に任せ一足先に詰所に戻るアリシア
誤解を解こうとするウェルキンだが警戒する少年達。
ガリアでは子どもでも戦車を動かせるのだと話す一人の少年。しかしその戦車は…
と、通りかかったトラックに乗った身重の女性から妹が疎開せずまだ家でウェルキンを待っていると聞く

一方、近づく帝国軍について話し合う自警団員達。
軍に出動依頼はしているが…優先順位が低く見積もられたためか一日かかると言う。
そこにやってくる少年達ですが…子ども扱いされ…
物置の中ウェルキンを椅子に座らせ更に縄で縛り、鍵をかけ閉じ込めるアリシア。
サイレンと自警団の反応から帝国軍の動きを当てるウェルキンは妹に遭わせてくれと頼みますが…疑いを深めるアリシア。
閉じ込められたウェルキンは飛び出た釘に擦りつけロープを切り窓から脱出。妹の元へ…
それを目にしたアリシアが後を追い…追い詰めたかと思いきや

直ぐ傍にまで迫っている帝国軍に気づくウェルキン。
アリシアを座らせ帝国軍の様子を窺う。
妹の元へ行くと言うウェルキンにそれならばいっしょに行くのが条件だとついていくアリシア。
ウェルキンはギュンター将軍の家に向かう。
驚くアリシア。そこに帝国軍の弾が!
応戦しながら家に向かい、ウェルキンの妹イサラの元へ…

不穏な気配を感じたアリシアが先に中へと入るが…そこには警戒して包丁を手にしたアリシアが!
銃を突きつけるアリシア。アリシアに包丁を振り下ろすイサラ。
ウェルキンが止めて危機一髪。
しかし…イサラは被差別民族の様です。再び警戒するアリシアですが…
アリシアの銃を取りあげ撃つイサラ
イサラが撃ったのは…帝国軍!?イサラに救われたアリシア
妹と合流し逃げるべき非常事態だと言うのにスケッチしていたのんびり屋のウェルキンに呆れるアリシア。妹のイサラはしっかり者だと。
イサラは納屋に行けば…とアリシアにギュンター将軍の時代に使用されていた手榴弾を渡す。
容赦なく攻撃する帝国軍に手榴弾を見舞うアリシア。
イサラの言うとおりまだ使用可能の様です。
そして、大きいですがもう一つ、イサラが覆い布を取るとそこには戦車が!

アリシア達は帝国軍の攻撃から逃れる事が出来るのか?
そして街を守る事が出来るのか?




疎開の場面から始まりましたが、風車がゆっくりと回り、街と言っても緑が多く長閑な印象。
人物が色鉛筆で彩色された感じに見せていたのも…全体に優しい感じです。


アリシア、赤い布で髪の一部を飾りの様に覆っているのが可愛いです。
自警団として街を守らねばと一生懸命なアリシアはウェルキンを頑なに疑いましたが…
ウェルキンは別に他意はなく一寸のんびり屋さんなだけでした。いや本当に順番を考えて行動しないと…何時か何かを失ってしまうんじゃ…
少年達がウェルキンに15歳なのか聞かれていましたが、自警団は15歳以上と決められているのでしょうか?
と言う事でアリシアは18歳くらいかな?
逃げるウェルキンに銃を向けるアリシアでしたが手が震え照準が合わず。
撃たずに追いかける方に徹してくれたので結果的には良かったですよね。

ウェルキン…掴みどころがないと言うか超マイペースな…
しかし人の話を聞き、周囲を観察して帝国軍の侵攻に気付く所が良いです。
スパイの疑いも晴れて良かったです。

恐怖で気を失ってしまうスージーは何故自警団に所属しているのでしょう?
入らなければ良かったと後悔もしている様ですが…

アリシアを守るため躊躇なく銃で撃ったイサラ。
兄を待つためとは言え皆が疎開する中一人で自宅で待っていましたし。
兵器も良く解っている様です。戦いの経験でもあるのでしょうか?


アリシアが主人公だと思ったのですが…
アニメ公式サイトのキャラクターの説明にはウェルキンが主人公の様に書かれていました。
次回は…既にあらすじも出ていたしこの作品もウチは1週間以上遅れているのかな?

先日も日記に書きましたが微妙に07-GHOSTの放送と重なっています。
今回はCM部分が重なっている程度でしたので何とかどちらも録画出来ましたが次回はかなり被ってしまっており…
どちらを優先させるか迷う所なのですが…

一方を動画で見て、もう一方を録画でと言う事になりますが…
どちらも内容が面白そうで画も綺麗だったので迷います。

《メール便なら送料無料》【CD】HIMEKA / 明日へのキズナ《初回盤》:TVアニメ「戦場のヴァルキ... OP。2009年5月27日発売!
《メール便なら送料無料》【CD】pe'zmoku / アノ風ニノッテ《通常盤》:TVアニメ「戦場のヴァル... ED。2009年5月27日発売!

《メール便なら送料無料》【CD】pe'zmoku / アノ風ニノッテ《初回限定生産盤》:TVアニメ「戦場... ED。2009年5月27日発売!こちらは初回限定生産盤。
「戦場のヴァルキュリア」表1~表4完全書き下ろしのアニメ仕様(デジパック)
「戦場のヴァルキュリア」オリジナルステッカー封入(予定)

 鬼頭えん著



関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/14 16:15] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<真マジンガー衝撃!Z編 第2話 「始動!マジンガー!」(ちょこっと感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話「はじまりの日」(感想)とコミック「鋼の錬金術師」22巻少しだけ感想 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1058-cf05ed0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。