第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話「はじまりの日」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
アイキャッチ(11年前のエド)

前回の氷結の錬金術師に関する書類
「まだセントラルにいたのか」ヒューズ
「目出度く東方司令部に帰れる事になった」
「そりゃあ御苦労さん!次に来る時は准将位になっとけよ!大佐」
憮然とするロイに笑って書類を差し出すヒューズ
アイザック・マクデューガルに関する最終報告書
「シン国の錬丹術!?」
「そう言うものがあるらしい正直俺にはさっぱりだが…知ってるか?」
「否。初耳だ」
ところでとエルリック兄弟について尋ねるヒューズ
あいつ等の保護者じゃないとロイ
何故エドを国家錬金術師にしたのか尋ねるヒューズ
まだ子どもであっても軍にいる以上何時か地獄を見る羽目になる…
「俺たちみたいにな」
ロイを見送るヒューズ
(地獄か…地獄なら見たさ!二人とも…もう十分にな)
ヒューズの問いには答えず手をあげ去るロイ

4年前
ロイが訪れたエドとアルの家
残された錬成陣と多量の血液の跡
そこに入ってくるリザ「中佐、裏にも…これは!?」
「何処だ?エルリック兄弟とやらは…何処にいる!」

ロックベル家を尋ねるロイ達
吠える犬
「煩いよ!デン。お客さんには…」
ピナコがドアを開けるとズカズカと入るロイ
「一寸あんた!軍人がいきなり何だい!」
車イスに座り項垂れるエド車イスの持ち手を持つ鎧を見つけるロイ
虚ろな目をしたエドの胸倉を掴み
「君達の家に行ったぞ!何だあの有様は?何を作った!?」
問い詰めるロイ
俯くエド
ロイをエドから遮る様に鎧の手が伸び
「ごめんなさい…許して下さい…ごめんなさい…ごめんなさい…」震えて謝る鎧
「君は…」

「驚きました。優れた錬金術師がいると聞いて訪ねて来たのですが、まさかこんな子どもが不完全とは言え人体錬成を行い魂の定着まで成し遂げるとは…国家錬金術師になる資質が十分あります。国家錬金術師になると有事の際は兵士として働く事になりますが、同時に様々な特権や最高レベルの研究が可能となるのです。この子達が元の体に戻る方法も或いは…」
煙管をポンと叩き灰を落とし
「この子が血塗れで転がり込んできた後にね、私はこの子達の家に行ったのさ。あれは…あれは人間なんかじゃなかった!あんな恐ろしいモノを作るのが錬金術なのかい?あたしゃ反対だね!又地獄を見ろってのかい?この子達に」

ベンチに腰掛け待つリザにお茶を出すウインリィ
ありがとうと受け取るリザから少し離れ腰掛けるウインリィ
「あの、少尉さん?」
「リザでいいわ。リザ・ホークアイ。よろしくね」と握手しようとするリザ
手を取ろうとしないウインリィ
「リザさんは人を撃った事あるの?」
ハッとするリザ「あるわ」
「軍人さんは嫌い。父さんも母さんも戦場に連れて行かれて殺されたから…その上…エドとアルも連れて行こうとしてる」俯くウインリィ
「行くかどうかはあの子達が自分で決める事よ」
ハッと顔を上げるウインリィ
「そう。自分で決める事」真っ直ぐ前を向き話すリザ

「強制はしない。ただ私は可能性を提示する」ロイ

「進むのか止まるのか」リザ

「絶望のまま一生を終えるか可能性を求めて軍に頭を垂れるか」ロイ

「其れを決めるのはあの子達自身」

「そこに可能性があるならば元の体に戻るために前に進むべきだろう。たとえそれが、泥の川だったとしても」

「リザさんは何故軍人になったの?」

微笑み「守るべき人がいるから」と立ち上がるリザ
「帰るぞ!」
「はい」
「じゃあ、さよならね、お嬢さん」
手を出し「ウインリィです」
「そう!ウインリィちゃん」と手を握るリザ「又会えると良いわね」

「来るでしょうか?」リザ
「来るさ」ロイ
「あの少年、無気力な目をしてましたけど…」
「そうかね?」ニヤリとするロイ「あれは…火のついた眼だ」
何かを睨むようなエド

汽車に揺られるエド

「後悔しないかい?」ピナコ
「うん。もう決めた事だから。手術とリハビリでどれくらいかかる?」エド
「大体3年ってとこだね」
「…1年だ!」
驚くピナコとウインリィ
「血反吐を吐く事になるよ」
頷くエド
アルを見て
「アル!もう少し我慢してくれな。俺が元の体に戻してやる」
「うん!その時は兄さんの体も一緒だよ!」
頷きあう二人

組手をする二人
「もう体は完璧だね」
「おう!後は錬金術だ。あれ以来使ってないからなあ」
両手を見つめるエド
「そっか…僕の魂を錬成した時以来なんだ…」
両手を合わせる様に向け息を吸い、パチン!
青く光り…
「兄さん!」
「おお!ばっちりばっちり」
義手を変形させるエド
「凄いよ!兄さん。錬成陣も無しに!!先生と同じ事が出来る様になったんだね!」
「…アルも出来るだろう?」
「出来ないよ!兄さん」
「あれを見なかったのか?」
「あれって?」
「否、何でもない」
と飛んでくるスパナ!
「こらー!私のオートメイル変形させたわね!」
「俺の頭は変形しても良いのかよ?…痛ー!ったく!可愛げのない機械オタだぜ」
「可愛げ無くて結構!機械オタ結構!私、あんたが元の体に戻るまでサポートするって決めたんだから!」
「はあ~!?」
一人ニヤリとするアル

「試験を見学されるとは珍しい」
「何。12歳の子どもが来たと言うのでな。話の種に見ておこうと思ったのだよ」大総統

「ほお!鋼の義手か」大総統
「東部の内乱で…」エド
「おお。イシュバールには手を焼いたな。うむ」
「誰?」指差すエド
「バカ!キング・ブラッドレイ大総統閣下だ!」こそっと耳打ちする軍人
「ふうん」
「さ。試験を始め給え」
上から見ているロイ他
「錬成陣を描く道具は持っているか?」
「要らないよ!そんなもん」
両手を合わせるエド
にっこりと見ている大総統
床に両手をつくと錬成反応が起こり…床から…
「錬成陣も無しに!?」ロイ
床から現れた得物を手にするエド
「これは中々」
と突き出すエド
「閣下!」
慌てて銃を手にエドを取り囲む部下達
「っていう風に要人暗殺があるかもしれないからさ。この試験方法見直した方がいいんじゃない?」
手を上げる大総統
銃を上げる部下達
「うむ。中々肝が据わっておる。だが世界の広さを知らん」
「ん?」
ジャキーン!音と共に切断された槍の穂先が落ちる
「うわ!」驚くエド
「残りの試験も頑張りたまえ!若すぎる錬金術師よ」
はっはっはっはっ手をあげ行ってしまう大総統
「何時抜いたんだよ?」驚くエド

草原の中、村を走る道を眺め風に吹かれているアルとウインリィ
「兄さん試験大丈夫かなあ?」
「ねえアル」
「ん?何」ウインリィの方を向くアル
「エドが国家錬金術師になったらこの村、出て行っちゃうの?」
真っ直ぐ前を向き直して「うん」

イーストシティ
東宝司令部
「これが国家資格の証。銀時計。拝命証と細かい規約はこれっと…大総統も随分皮肉な名を…」
封筒の書類を見て呟くロイ
「何?」エド
「否、おめでとう!これで君も晴れて軍の狗だ」
「大総統キング・ブラッドレイの名において汝エドワードエルリックを…」

「国家錬金術師に任命し、名、鋼を授ける」ブラッドレイ

「鋼?」
「そう。国家錬金術師に与えられる二つ名。君が背負うその名は、『鋼の錬金術師』」
ニヤリとし
「イイねえ!その重っ苦しい感じ。背負ってやろうじゃねえの!」不敵な笑みを浮かべるエド

汽車に揺られ眠るエド
「兄さん、そろそろ着くよ」アル
眼を覚ますと朝日に照らされた山と教会が見える
「リオールか…」
(あの街にアルの体を元に戻す手掛かりが…)
「賢者の石」

ED


リオールの街を訪れたエドとアルは死者の復活を標榜する男、コーネロと出会う。
祈り、信じよ。されば救われん。
そう唱えるコーネロの指に赤く光る賢者の石があった
次回、第3話「邪教の街」
真実から目を背ける事で得られる幸せとは…


 ED
関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/14 12:42] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話「はじまりの日」(感想)とコミック「鋼の錬金術師」22巻少しだけ感想 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話「はじまりの日」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1056-e2eaeeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。