第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
アスラクライン 第1話「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」 「アニメあれこれ(85598)」
(何処だ?ここ…そうか…乗ってた飛行機が…僕…死ぬのかな?)
炎上する飛行機
ベッドの上包帯を巻かれ酸素吸入や点滴を受ける智春
「平気!怖がらないで」
瞼を開けると宙に少女が…
「智には操緒がついてるよ」

三年後
入学式前日、再婚した母に新婚生活の邪魔だと追い出され一人暮らしする事になった智春
桜の花弁が舞う中、樋口に手伝ってもらい引越

完璧な自由に幽霊の出そうな家…だが女は連れ込めないなと樋口
それは何処にいても同じだと智春

玄関で一息入れる樋口はここは出る!と楽しげ

家賃は智春の兄が支払っているらしい
留学している兄の居場所は聞くたびにアフリカだったり南米だったりインドだったり…
どんな留学生だと聞かれても智春にもさっぱり…
一段落し、手伝わず幽霊探しに向かう樋口
呆れる智春の前に現れ、ここにいるのにねえ!と操緒
「幽霊もかわいい女の子も」
苦笑する智春に舌を出す操緒

「それが君の選択なの?」長い髪を後ろで括った女の影
床に置かれたトランク

ふと過り振り替えるとトランクが…
こんな高そうなの持ってた?と操緒

「それはあなた達の物よ」黒い服に眼鏡の女が!?

ナオタカの弟かと確認する女
兄の知り合いだという女は兄に頼まれトランクを持ってきたと言う
何も聞いてないと答える智春だが…
操緒をじっと見て
間違いなくそれはあなた達の物、絶対に手放してはダメ!と念押しし立ち去る

操緒の姿が見えていた事に驚く智春と操緒
今の美人は知り合いかと樋口
兄貴のねと智春

トランクは金塊でも入っていそうな重さ
何処が開くのか分からない

二階ベランダから放り投げ爆弾でないと確認する樋口
しかしトランクには傷一つついてない
いつになくトランクを気にする操緒

満月
屋根の上を移動する黒い影
寝付かれない智春の目前にはシャツをパジャマに眠る操緒
覗く胸元に…ガバと布団を被る智春
外が眩く光り、円を切り取った様に窓が破れる
驚く智春の首を掴む巫女の様な少女

「アスラ・マキーナは何処?イクストラクトを渡して下さい!あれは危険な存在です」

右目が青、左眼が緑に怪しく光る
智春の頭に浮かぶ…

「それが君の選択なの?」
眼鏡に白衣の女
女の背後には泡が上る球形の容器?
「辛い思いをする事になるわよ」
トランクに亀裂が走り重々しい音と共に開く
中から黒い…

呻く智春に気づき放す少女
息を吸い込む智春に

「アスラ・マキーナは何処ですか?」

天井から顔を覗かせる操緒
操緒に驚く少女
「写影体!?」
逃げる少女

写影体って?問われても聞いた事もないと智春
操緒が見えた人が一日で二人もいた事に驚く二人

輝くトランク

屋敷を見つめる白装束の男

洛芦和高等学校入学式

上履きに変える智春の傍に浮く操緒は同じ高校の女子の制服
どこから持って来たか尋ねる智春に内緒!
可愛いよね!とにっこり
普通最後に来てた服だろう?と言う智春だが
オシャレな幽霊の方がいいでしょ?と操緒
クスリと笑い同意する智春に宜しい!と満足気

おはよう!と智春に飛びつき又一緒のクラスだと杏
高校も陸上やるのか尋ねられ頷く
「部活やるならバイトの事は気にするなってお父さん言ってたよ」
「やるなら又陸上かな?でもバイトも続けたいんだよなあ…」
生活費稼がなくちゃねとにっこり操緒
樋口も同じクラス
佐伯や嵩月もいたと樋口
誰と尋ねる智春に

佐伯は去年文化祭のミスコンで優勝
嵩月は美人で噂高かった北中の嵩月奏

杏も聞いた事あると聞き有名なんだと関心する智春

だが大人の魅力も捨てがたいとトランクを置いて行った女の写真を取り出す樋口
驚く智春と操緒

黒崎朱浬
2年生にして科学部の部長代理

感心する智春に
「俺の情報網に引っ掛からない美人はモグリだ」

入学式の間も操緒と話す智春

アスラ・マキーナ、イクストラクタ、写影体

黒崎も関係あるのかな?と智春
トランクは気になると操緒
会いに行くかどうか…
唸る智春を不気味そうに見る隣の少女

春休みで気が緩んだかなあ?と反省智春

「ホントだよ!変人に憑いてる幽霊なんて恥ずかしすぎる!」

眼前を横切る昨夜の少女
男子生徒達が揺れる胸に見とれ…

手を掴み昨夜家に来た事を尋ねる智春
驚き否定する少女を離さず迫ると
「何やってるのよ!夏目」
突然後頭部を叩き
もうちょっとましな奴かと思ってたけどあの樋口と同類ね!と佐伯
事情が…と訴える智春だが
助けを求める様に少女に尋ねるも首を振るばかり
ナンパするならもっと気のきいたセリフと佐伯
「昨夜の君の瞳が忘れられない…とか」
昨夜の少女は右と左の眼の色が違った事を思い出す智春
佐伯は少女の事を嵩月と呼んだ
樋口の言っていた北中の美人

すっごい見られてるよと知らせる操緒
操緒の指した先には…睨む男子生徒達が…
男子全員敵に回したなと樋口
嵩月の家は神社か、双子の姉がいるか尋ねる智春

教室でも智春に寄り添うように操緒の姿
佐伯に睨まれ気まずい智春
前の席には嵩月が…
昨夜と印象が全然違う、人違いではないかと操緒

黒崎の元に向かう智春を捕まえる樋口
奥手の夏目智春が遂に愛に目覚め始めた!と言いつつ抜け駆けは許さん!とついてくる

理科教室棟の科学部の部室
怪しげな祭壇の様なものにスゲ~!と樋口
これこそまさに俺が求め続けていたモノだ!と
呆れる操緒
そこに黒崎登場!
昨日の今日で現れた智春に流石はナオタカさんの弟君だと感心する黒崎
調べたのは自分だと樋口
興味なさげな黒崎
祭壇前に座り智春を歓迎する黒崎
困惑する智春だが科学部はナオタカが智春の為に作ったと言う
驚く智春に

「知りたくないの?あのトランクの事。君についてる可愛い彼女の事も…科学部にはいて私の助手になれば教えてあげるよ。手取り足取り…」

手取り足取りに反応する樋口に呆れる智春
怪しげな入部届けを出し、勿論入部してくれるよねと黒崎
脅迫だねとミサオ
考えさせて下さいと帰る智春

下駄箱には…ごめんなさいと書かれた紙が…

巫女姿の嵩月が白い大きな何かの前に立つ

利用されているのではと智春の身を案じる杏
黒崎にはやくざに恐れられている噂があるらしい
まさかと笑う智春にトランクの中身は麻薬?銃?と杏

海外にいるナオタカが、やくざがマフィアから買い付けたブツを横取り、黒崎に頼んで智春の下宿に隠そうとしたと考えている杏

ナオタカは天才。学生なのに大企業の技術顧問をし特許も多数所有
裏世界と関係を持っててもおかしくない

飛躍しすぎと智春
あり得ると操緒まで…
だから一緒に陸上をと勧める杏

操緒に意見を求める智春
黒崎や嵩月ら綺麗なバラには棘があると操緒
関わらない方が良いのかも…と呟く智春だがもう手遅れだと操緒

トランクは受け取っとったし、嵩月奏らしき巫女にも襲われた

家に戻る二人
ただいま~と操緒
誰もいないと笑う智春だが…背中に銃を突きつけられ白装束の団体に囲まれる

「イクストラクタを渡して貰おう」

後ろ手に縛られた智春にはそれが何なのか分からない
時間は貴重だと言う男は部下に緑色の液体の入った注射器をチラつかさせもう一度問う
首を振る智春

「白状したまえ!黒崎がここへ運びこんだ事は分かっている」

漸くピンときた二人だが、そこに「うふ!」と窓から迫撃弾?
暖炉に命中して眩く光る
椅子ごと倒れる智春

赤い世界
跳躍する黒い影
智春の手首に巻かれたロープを切る?
爪を仕舞い「お邪魔するね!」
現れたのは黒崎

「こんなに早くここを突きとめるなんて流石ね、玲士郎」
「ダークソサエティが一枚噛んでいるのか?」
「だったら宗教戦争になるわね。どうする?」微笑む黒崎

そこに玲士郎に敵襲を伝える部下
黒い車が3台
現れる銃を持った黒服の男達
広域指定やくざ結社、嵩月組

悪魔共め…と玲士郎
窓を割り侵入するヤクザ
迎え撃つ白装束?だが撃ったのは黒崎
発砲を許可し障害の排除を命じる玲士郎
智春に隅に避難しろと黒崎
呆気にとられる智春と操緒

「異端審問官がなんぼのもんじゃ?」
「悪魔風情が!」
撃ち続ける白装束に赤く光りながら黒服が近づく
手を翳すと炎が現れ…

イクストラクタは黒崎が持ってきたトランクの事だと気付いた智春と操緒は窓の外からトランクのある部屋を目指す

早くこのバカ騒ぎを止めないと思う智春だが高い所が苦手なため後一歩が踏み込めない
操緒に睨まれ漸く足を掛けるが……ドンと揺れそのまま窓の中に落下
よく頑張った!と褒める操緒が次は?と尋ねると
騒ぎが収まるなら誰でもいい!から渡すと智春

ではこちらに…と銃を突きつける玲士郎
「イクストラクさえ手に入れれば直ぐに引き上げる」

壁に穴があき
手放してはダメって言ったでしょうと黒崎も
そんなに大事な物なら先輩が持ってればと智春だが
「ダメよ。それはあなた達のモノだもん!」

赤い光を纏った黒服も反対の壁を開け現れる
「あら?若頭じゃない!お久しぶり!」
両手を伸ばす黒崎、若頭、銃を向ける玲士郎
三者が互いに狙いをつける
「もうやめて下さい!」
「トランクを開けなさい!智春…この二人が欲しいのはその中身よ」
「少しでも動けば命の保証は出来ません」若頭
「そのままこちらに渡せ!」玲士郎
「お終いにしたいんでしょう?さっさと開けちゃいなさい」
「開けてみよう」操緒
驚く智春に
「開けて!智」
「命じるの。それで開く筈よ」黒崎
「やってみるよ」
「ヒスイ!」
玲士郎が呼ぶと何処かにある青のドレスに白いエプロンが…消え…
智春に纏わりつく青い光
気づいて離れる智春にトランクから青い光が触手の様に伸びる
「うわ!…な、何だ?」
「拙い…ヒスイに共鳴したか」
玲士郎の背後に現れる何か
「早く命じなさい!智春」
「智!」
「まとめて排除しろ!ヒスイ」
トランクの持ち手を引っ張り倒す智春
「開け!」
がたがたと音がし亀裂が走り…開いた!
ドロリとした黒い液体…空?
「シュバルツシュルトの闇」
玲士郎の背後に人型の機械?
声をあげ仰け反る智春
トランクから溢れる様に盛り上がり智春へと流れてくる
ギシギシと軋む音を立て中から外へと踏み出し何かが立ち上がる
眼の様なものが光る
黒い液体を滴らせながら…
窓の外から見ている巫女装束の少女
「アスラ…マキーナ」
微笑む黒崎
智春の前に立つ黒光りしたロボット? 

「それが君の選択なの…辛い思いをする事になるわよ、智春」
白衣の女が言った言葉
亀裂が入り開いたトランクからあふれ出した黒い…
液体に浮かぶ管に繋がれた少女?

「それで…あいつが救えるのなら」


ED(「Link」angela)


均衡が崩れる時
可能性
助からない
夢?
偽りの世界
何時?
ワカラナイ
変えられない
助けて!

EX002 未来に滅びるということ




感想

内容も書いてみましたが…

黒崎と玲士郎は牽制し合う関係に見えましたが、宗教戦争ってどちらも怪しい宗教なのか?

科学部の部室の祭壇はかなり怪しい雰囲気
やくざは悪魔?
玲士郎らは異端審問官?

名前からすると嵩月奏は嵩月組の娘?玲子は玲士郎の妹?

ヒスイと呼ばれていた白いのもトランクから出てきた黒いのもロボット?

写影体(字がわかりませんが…)と呼ばれた幽霊の操緒は智春の何?
液体に浮かんでいるっぽい子も気になりましたし、ナオタカさんって一体何者?

EDが情感たっぷりと言うかネットリとしてました

取り敢えず次回も見ます。



TVアニメ アスラクライン Spiral/Link(初回限定CD+DVD)

関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/08 16:03] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<屍姫 玄 第12話(第25話)最終話「屍の果て」(感想)(4/8追記) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 今日から電脳コイル! 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1046-406dbade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。