第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」(屍姫 玄、とある魔術の禁書目録) 「アニメあれこれ(85598)」
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロ様から「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」にお誘いいただきました。ありがとうございます!

「屍姫 玄」「とある魔術の禁書目録」「黒執事」「ソウルイーター」「続 夏目友人帳」の5作品について評価させていただきます。
こちらでは「屍姫 玄」と「とある魔術の禁書目録」を評価させていただきます。(他はこちら




「屍姫 玄」

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

合計:20


ストーリー
一つ一つは面白く続きを見たくなる展開だったと思います。
オーリの出自や黒猫の正体、隠された真実など赫編から気になっていた事が明かされましたし、赫編で登場した一見バラバラなタイプの屍にも意味があった様に今になっては思います。
しかし場面によってバラバラな印象があり、特に最終話は詰め込み過ぎ投げっぱなしな印象が…丁寧に描かれれば納得できたかもしれないですが。
DVD最終巻に第26話がつくようなのでもしかしたらそちらで描かれるかもしれませんが今期放送中に何とかしてほしかったです。


キャラクター性
景世との縁を断てず呪いを持ったままのマキナを受け入れるオーリは良かったです。
またオーリを必要だと認めてからのマキナも。
普段は無遠慮な黒い発言で突っ込んだり皮肉ったりするのに、嫌な役回りを引き受けるサキが良かったです。
生真面目な莉花と良いコンビでした。



描き手の個性が強く出た画もありますが大きく崩れる事は少なかったです。
場面によってはむしろ個性の出た画の方が楽しめました。
今一つの回もありましたが動きもよかったと思います。


演出
音楽は良く合っていました。場面の切り替えにもこだわりを感じます。
主人公二人の演技については慣れもありますが私はさほど気になりませんでした。
上手く気持ちを伝える事のできない二人にはベテランさんより合っていたかも。最初に比べ上手になられたかな?


音楽
OPは赫の時と全く変わらず。
歌も雰囲気も何より画の動きが良く下手に変なものに変えるよりこれはこれでよかったかもと今になっては思います。
EDの歌も作品の雰囲気に合っており良かったです。
ただEDの画が際どかったので好みが分かれそうです。動きも無いですし…
温泉回?の時はEDも一部お楽しみ?となっていました。
音楽は全般に雰囲気に良く合っていたと思います。


総合的評価
毎回楽しみにしていましたし、続きが待ち遠しい作品でした。
人によって好き嫌いが分かれそうなので誰にでもお勧めできるかどうかはわかりませんが…
B級作品としてなら5点でしょうか?

 





「とある魔術の禁書目録」

ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

合計:21


ストーリー
超能力を持つ学生達とその能力開発をする超能力を持たない大人達で構成される学園都市の科学側。
魔術を使う魔術師と異端排除のために敢えて魔術という異端を取り入れた教会で構成される魔術側。
発現の仕方が異なる二つの異能の力をどちらも打ち消す上条の右手。
どの力も状況において限られる事がうまく使われていたと思いました。
そのため上条が追い詰められてから物語序盤に撒かれたヒントを思い出すことが解決に至る所も良かったし限界があるのも良かったと思います。
上条がつい女の子と関わってしまうのは都合良過ぎですがこれもまた楽しみの一つでしょうか。


キャラクター性
上条を始めどの子もそれぞれ魅力があり可愛かったです。
美琴は顔に表情が出やすい所が可愛く見ていて面白かったです。
土御門がカッコ良かったですね。
見た目は子どもの小萌先生が信頼できる大人で子ども思いの良い先生なのが良かったです。



比較的安定していたと思います。
超能力や魔術だけに動きが少なかった様に感じました。
宙や空に現れた魔法陣の描き方や青空に風力発電の風車の背景などが綺麗でした。


演出
上条の声の人に長セリフ御苦労様でしたと言いたいです。
上条とインデックスの掛け合い漫才?も楽しかったです。


音楽
OPは歌は前の歌の方が、画は後の歌の方が好きです。EDはOPに比べあまり印象に残っていません。
アイキャッチでガラスがパリンとヒビいる音が案外気にいっていたりして…


総合的な評価
普通に面白いとは思いましたがセリフだけ聞いているとラジオドラマでも良いかもと思ったり。
その辺りは、表情豊かな美琴が活躍する「とある科学の…」のアニメ化も決定しているのでそちらの方に期待したいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/03 15:33] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<続 夏目友人帳 第13話(最終話)「人と妖」 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」(黒執事、ソウルイーター、続 夏目友人帳) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1036-09253151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。