第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ソウルイーター 第51話(最終話)「合言葉は勇気!」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」
CM

「如何いう事だ?どんな手品を使った?…種を明かせ!」
帯をマカに飛ばす鬼神だが先と同様断ち切られる
そのまま鬼神向かって走り出すマカ
マカの背から現れる光る刃
「そう言う事か!」
陣を出し盾とする鬼神
「職人が武器化」
光が砕け黒光る刃に
「否、逆か?武器の血を引く者が職人になったと言う事か!」
盾を出したままマカに光を放つ鬼神
「しかし…何故突然武器として覚醒舌?」
爆発の中から現れるマカ
今度は腕に刃をつけ薙ぐ
蹴り上げる足にも
帯ごと斜めに切られつつも観察する鬼神
「先ほどまでの恐怖心が消えている…何故だ?」
腕の刃が鬼神の背中側から刈れる様に巨大になり、前からも背に生えた刃が逃がすまいと鬼神に迫る

刃に手をつき後転し潜る様にかわす鬼神
光が砕ける時に髪が舞いあげられ露わになったマカの顔は…
「成程。恐怖を拭い去るために意識を飛ばしたか…さらに無意識化での武器化発動」
刃の位置を変えるマカ
「これで再び不確定要素は消えた!」
跳躍するマカ
「種が知れた手品などに」
光りで撃つ鬼神
刃で払う様に現れるマカ
「恐怖は無い!」
マカの背後から迫る鬼神
振り向いたマカの首に手をかけ叩きつける
「捕まえた」
途端に現れる沢山の刃が鬼神を貫き囲む
「俺は痛みに恐怖を感じない。しかし、お前はどうかな?」
滴る黒い血
マカの脇を掴む鬼神
爪が貫く音
「眼を覚ませ」
マカの眼に涙が浮び…叫ぶ
「眠りながら戦うなんて横着過ぎる」
砕ける刃
「そうそれで良い。お前が今感じている感情こそが恐怖だ」
首を掴んだまま持ち上げ
「もういいんだ。楽になれ。狂気に身を任せればお前も恐怖から解放される。痛みも不安も全て無くなる。どうせお前には何も出来ない。仲間も、退魔の波長も」
倒れたままの皆の姿
「お前達がやろうとしていた全ての事が俺には通用しなかった」
倒れたままのソウル
「今やパートナーも失い、体も満足に動かせやしない。お前に俺を倒す術は、もう何もない」
「私には…もう」
「そうだ。何もないんだ」
「清々した」
「ん!?」

「言ってる意味が分かりませんね。この状況でマカ・アルバーンの退魔の波長以外に何か策があるとでも?」梓
「違うよ。マカの凄い所はもっと別の…」胸の手を当て「ここら辺にあるんだ」
ニコリと微笑むマカパパ
眼鏡を押し上げるシュタイン
赤くなるクロナ
「クロナの言う通りだ」
点滴付けたまま立っている死神様
マント?は破れたまま
傍に立つエクスカリバーと跪いているジャスティン
「死神様」マカパパ
「ふっか~つ!」Vサイン
「かなり痛々しいんすけど」

「へ?今何て?」
自分の首を掴む鬼神の腕を掴むマカ
怯える鬼神
「清々したって言っただけ」
掴んでいた首を放す鬼神
「な、何を?清々?…清々?…」
混乱する鬼神
「元々好きでこんな力持ってる訳じゃない」
「はあ!?」
「大人達がとやかく言うから、上手くやらなきゃって思ってたけど、そう言うのホントは得意じゃないんだよね!私」
痛みを堪えながらも笑みを浮かべるマカ
凝視する鬼神「お前…バカか?」
浮かぶ赤い…
「バカはどっちだ?クソ野郎!」突然違う方向からブラックスターの声が
振り向く鬼神

「本当は皆知ってる筈だよ」クロナ

「そいつは俺様みたいな才能は無いが」胸を指差し「ここに凄えモノ持ってる」ブラックスター
「マカの強さは特殊な能力などでは無い」キッド
「そうさ!マカには恐怖と戦う」ソウル
「勇気がある!」皆の声が重なる
「勇気だと!?…何だこいつ等?」

コワイ

「何故そんな不確定なものに頼ろうとする?」

コワイ

眼が定まらない鬼神
見据えるマカ

コワイ

「止めろよ!そんな目で俺を見るな!何でこんな状況でそんな顔が出来るんだ?」

コワイコワイ

「何なんだよ!お前一体何者だ?」
「私の名前はマカ・アルバーン。鎌職人よ」
「違えよ!名前なんか聞いてねえんだよ!」苛つく鬼神「そう言う意味じゃなくて何者だって話だろうが!?」
「あたしはあたし。他の何者でもない」
「何か苛つくぞ!痒いところに手が届かない感じだ」

コワイの文字が増えて行く

「寝ている時に煙草の煙を直接吹きかけられているあの感じだ!…もういい!お前ら全員消してやる!それ以外に選択肢はない!」
バジュラを口から表す鬼神
「ショジョーアッツ」
「!?…今何て?」
「さあね」マカの手にはママからの絵ハガキ
「おまじないかな?どっちにしたってあんたには関係ない!」
「気になんだろ!」

コワイ…

「何でそう言う事言うんだよ!気持ち悪い…吐きそう…もう止めろよー!」

画面いっぱいにコワイの文字

「いいえ!止めない」

画面いっぱいのコワイが下がる

「こんな所で止めたら今まで私を支えてくれた人や一緒に戦ってくれた仲間に顔向け出来ない!」

鬼神の結界の外から見守る皆
倒れたまま見守る仲間

「皆がいたから、今私がここにいられる」

ニヤリとするソウル

「皆の勇気をもらった!後は私の勇気をぶつけるだけ」
「勇気をぶつけるだ?何がしてえんだ?お前はよ!」
「全部ひっくるめて、拳に乗せる!」


画面いっぱいん大きさのコワイ

「ヴア~カ!その細い腕で何が出来んだよ?如何にもなんねえよ!」
汗びっしょりで焦点が定まらず喚く鬼神
「痛くも痒くも無えから!全く持ってどうにもなんねえんだよ!…全くもう意味分かんねえよ」
首をカメレオンのように巡らす鬼神
一周して「あ!?」

ワカラナイ?

「ワカラナイ…」
口からバジュラを落とす鬼神

ワカラナイ ワカラナイ

「何故あいつに期待する?」

増えて行くワカラナイの文字

「弱いくせに…何もないくせに」

踏みこむ準備をするマカ
ワカラナイの文字が画面いっぱいに…

拳を握りしめ

「タダの人間のくせに」

ワカラナイ=コワイ

「勇気って何だ?」

止まる鬼神。突然叫びだす

「鬼神阿修羅!覚悟!」
駆けだすマカ
「来るな~!」
地面をたたき歪ませる鬼神
盛り上がる地面に転げそうになりながらも止まって再び駆けだすマカ
「そんな事して何になる?」
駆けのぼるマカ
「俺を倒した所で狂気は消えない!俺を消した所で」
何本もの帯を飛ばす鬼神
「どうせ直ぐに2代目とかジュニアとか新とか2とか真とかニューとか色々名前を変えて」
貫かんとする帯を避けながら走るマカ
「狂気の原因は生まれてくる!無駄なんだよそんな事」
狭まる帯と帯の隙間を駆けあがるマカ
「そんな事!?」
怯える鬼神
「知るかあー!」
思いっきり顔面を殴るマカ
勢いで後退するが
「へへーん!全然余裕だね!こんなの想定内だよ!バーカ!お前みてえに弱っちい何にもないただの人間に俺様が負ける訳」
突然鬼神の視界が割れたガラスの様に…
「あれ?」
顔の中心線で上下にズレテいる鬼神の顔
ヒビの隙間から洩れる光
元に戻そうと手を頭にやる鬼神
「何だよ!勇気を拳に乗せるとか言ったってタダのパンチじゃ~ん!」
「そうだよ」
穏やかに答えるマカ
「特別じゃない」
ギクリとする鬼神
「だから。誰でも持ってる」
ホッとした顔で
「な~んだ」鬼神の身体の所々から迸る光「狂気と同じだな」
白い光が包む

「結界が破れた」BJ?
「やったのか?」シド
「ヴァキャメ!落ち着かんか」エクスカリバー
「ああ…」前に進み出るクロナ「マカ…」
「大丈夫」隣に立つマカパパ
見上げるクロナ
「あの子はそんなヤワじゃない」
光が静まりキラキラと沢山の何かが輝く
厚く覆っていた雲が晴れ青空が覗く
雲間から零れ刺す光
「どうやら、終わったみたいだね」死神様
沢山の魂が舞う中髪を靡かせマントを翻し柱の上に立つマカ
「やっちまいやがった。やっぱり凄えな!お前はよ」下からそっと見上げるソウル
「お空が晴れてくよ~!」嬉しそうなパティ
「これで!じめじめした天気ともオサラバだぜ!ひゃっほ~!」ブラックスター
「空が青いぞ!コンチクショ~!」「俺様が…」
「大丈夫か?ソウル」髪が元に戻ったキッド
「一段落ですかね」椿
「問題は山積みだけどな」リズ
「デスシティの復興に死武専の修理」椿
溜息リズ「ま、鬼神がいなくなったんだから良しとするか!」
「安心は出来んぞ」
キッドの言葉にムッとするリズ
パティとブラックスターも集まる
「この世に人がいる限り負の感情が消える事はない。今回はマカのお陰でどうにかなったがこの先新たな鬼神は確実に」
「大丈夫だよ」マカ
おっとなるキッド
「そん時は私達がいるじゃん!それ人の心の中にあるのは負の感情だけじゃない」
掌にはママの絵ハガキ
「ショジョーアッツ。勇気は皆の、ここにある!」
胸を叩くマカ
雲は晴れ青空が広がる

ED「アイワナビー」が流れる中



見上げる椿とブラックスター
キッドと双子も
ソウルも
にこりとするマカ
皆の元に飛び込む

青空をバックに白文字で
最終話「合言葉は勇気!」

マカとソウル
ブラックスターと椿
キッドと双子

右半分にスタッフロールが流れる

画面左半分に
塔の上から眺める7人
背景には修復したデスシティか?

マカが大きく映り、こちらを向く

開いた窓からの風に吹かれるカーテン
机の上にはママからのあの絵ハガキが飾られている
お守りにしていた時の折れ筋が残ったまま

デスシティの全貌

タイトル

関連記事
スポンサーサイト
[2009/03/31 14:42] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<電脳コイル(小説)第8巻発売日情報 | ホーム | ソウルイーター 第51話(最終話)「合言葉は勇気!」(内容前半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1032-fc823baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。