第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
黒執事 第24話(最終話)「その執事、滔滔」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容前半後半


シエル、冒頭から船に横たえられていたのでてっきりそのままEDの様になるのかと思いきや…

先ずは天使対悪魔から…
セバスチャンが向かったのはアッシュが女王に作らせた橋でしたが…
亡霊の様な顔が…沢山…どれだけの人柱を使ったんですか?
足手纏いだからとシエルを船に置いていこうとしますが…
枷があっては到底勝てない相手?とシエルもうまいとこ突きます
そして特別観覧席へ…

天使にとって不浄は耐えがたいものだが、力を強めるものでもある様で…
自分には力として、セバスチャンには枷として…天使なのに汚いと言うか天使だからわがまま言うか…

アッシュとアンジェラがその時々で入れ替わりセバスチャンをまだ諦めてないだの迫ります。

誘いを断るセバスチャンには…言い方もあれなんですよね。アンジェラもアッシュも…

一方死者の魂を刈る死神達は…
必死に刈るグレルを若いと座り込んで見ているテイカー
刈っている魂から黒い霧が立ち上り抜けて行く
黒い霧の正体は…死者たちの喜び、苦しみ、妬み…心の様です。
これが取られてしまうとシネマティックレコードは唯の透明なフィルムに…
これは利権問題だとウィルが他の死神も引き連れやってきます
今回ばかりはサービス残業も…横取りの方が重要な問題なのですね
小さなハサミで効率悪そうだったグレルにチェーンソー型デスサイズを返して…
途端に「ご機嫌デス!」
「皆さん!一つ盛大にぶちかましてください。打ち上げは経費で落としますよ」
死神の皆さん頑張ります!

その結果…天使に吸い上げられていた黒い霧は晴れ、橋の上に出来てつつあった陣も崩れ…

形勢逆転!

それまでやりたい放題でセバスチャンの左腕も落としていたと言うのに…
プルートゥを呼ぶも…どうやら使用人達が倒した様です。
激高した天使がシエルをも巻き込み攻撃を仕掛けますが、セバスチャンが守ります
そして…目を瞑ってください
シエルの前では執事の姿でありたいとセバスチャン、悪魔の姿に戻っている間は見ないでと…
シエルが目を瞑ると…黒い羽根が散りながらセバスチャンが…よく見えない!
足元がハイヒールの様に見えるけど…
その姿に怯える天使

傾いた橋から落っこちそうになるシエルに10カウントダウンまで待ってもらいます

何をどうしているのかはっきりした描写は無いんだけど黒羽根に隠れたセバスチャンの表情とかチラと映る切られたり血が吹きでる様子とかアッシュの表情とか…効果音も相まって上手い!と思ったり…

そしてシエルの元に戻ってきたセバスチャンの眼の前で…力尽き落ちていくシエル
胸からシネマティックレコードが…

10数えるまで…待ってくれなかったシエルを嘘つきだと言うセバスチャン
まだ死なせないとと抱えて泳ぎます
未完成だった橋には天使の羽根が…これで聖なる橋の完成…


街では既に復興のため動き出す人々。
ソーマ王子とアグニはカレーパンで元気づけます。

避難して無事だったエリザベスですが…シエルの邸に出した使いはまだ戻らない…誰もいないのですからね
ポーラが元気付けようとエリザベスが積んでいたシエルの指輪の色をした菫で指輪を作ります
風で飛ばされてしまいますが…何度でも作りますと言うポーラが傍に居れば…エリザベスはきっと大丈夫ですよね?

気付くと…霧の中船に横たえられているシエル
EDと同じ喪服に白薔薇
川にはシネマティックレコードが流れ…

エリザベスは悲しむだろうとか使用人達がどうなったかを話すシエルとセバスチャン

プルートゥの骨…以前幽霊騒ぎで登場した悲しい二人の王子を思い出します。
この辺りの事も踏まえてあの話があったのでしょうか?

そしてタナカさんが書いた日記を差し出すセバスチャン
タナカさんは真実を知っていたのですね

ファントムハイヴ家が不要になった女王が父の暗殺を命じた事を…
これも時代の流れと女王への恨みはなく…
しかし事実をシエルには隠し、女王への忠誠を誓う様に命じた父
憎しみからは何も生まれないと。

天使が見せたマヤカシも…と思うシエルですが子を思う親としては憎しみに費やすよりも幸せに暮らして欲しいですものね。シエルが攫われていた事は知らないでしょうし…

そして…船は着き、最初のOPでも登場していた崩れた石造りの邸へと…

そこで最期を迎えるシエル
少しは痛い?らしいですが…

魂をとった残りは烏に…

生きていたと言う痛みを魂に刻みつけて…

痛みが少ない様に優しく…と加減しようとしていたセバスチャンがハッとするのが…
そして…

最後の最後がどうなったのか?分かりませんが多分セバスチャン好みのもしかしたら想像以上の極上な魂でシエルは逝った事でしょう

前半は行き過ぎて気色悪い天使との戦いでしたが、後半は残された人々がそれでも元気に復興する様子と最期を迎えるシエルとセバスチャンが綺麗に描かれていました。
最後の場面まで視聴する人によって色々捉えられる余地もありましたし、かと言って投げっ放しではなかったし…

綺麗な最終回だったのではないかな?


原作は未読なので原作派の方々には思う所もあるかもしれませんが、毎週楽しく視聴出来たと思います。



    


最後の余韻の残しつつこのEDでよかったです。



TB送信先
http://dacapo3.blog7.fc2.com/tb.php/231-ce72e32e
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10231571871/2723ae2e
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/708-bfc0a1b1
http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/651-a039d9eb
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44479542
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028120/28821867
http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1092-e06244fa
http://blue.ap.teacup.com/applet/pangea/2586/a1aa9ef3/trackback
http://yamitarou.blog75.fc2.com/tb.php/896-f5eba6f7
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1095622/28852784
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/4f17fbca07
関連記事
スポンサーサイト
[2009/04/01 16:57] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」(黒執事、ソウルイーター、続 夏目友人帳) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | ソウルイーター 第51話(最終話)「合言葉は勇気!」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1026-f7bf254b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。