第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
屍姫玄 第10話(第23話)「地獄の先へ」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容前半後半


七星の思惑で依海市に落下した航空機
炎上する依海市では突然命を奪われ多数の屍が蠢く

光言宗としては依海市を放って置くわけにはいかないが…

「我ら光言宗、屍を法の理の内に戻すために在り」

神生から依海市の屍掃討命令が出ました。
紫央は本山の守りが薄くなると懸念しておりましたが…

動ける屍姫11名と契約僧を連れ梅原と高峰が出る様です。
しかし一人当たり108人では済まない?

108人の屍を殺す事が出来そうな今日こそが天国にいける喜ぶべき日?
108人より多く屍を殺してしまったら何か問題が?
そもそも108人殺した時点で昇天するわけではない?
昇天してしまったら残る屍を倒す者がいないと言う事?
現地で新しい屍姫を調達出来るほど便利ではないと言う事かな?
それとも…

炎上した駅周辺の中心部
燻り火の粉が舞う中、動くモノを見れば…
撃ちながら異月の眼から涙が…
生存者かもしれないのに…
崇柾も同じ思いだったようですが、明日になれば生存者は0と発表されると梅原

絶え間なく屍が襲ってくる中で生存者かどうかの判断をしていたらやられてしまいそうです。
しかし…世間の人が知らなくてもその可能性に気付いてしまった自分は忘れられませんよね。

元気なサキやフレッシュも口は達者ですが余りの数に座りこんでます
カミカ強い!一撃です。
しかしそこに現れた忌逆は

「お前達を刺激すれば七星討伐と銘打って屍姫が集まる。だが最早お前達はここから動けない」

七星達の目的が足止めだとしても…動けないとは?忌逆の呪いの所為で?それとも?



一方、オーリとマキナは…

大麟館は無事でしたが屍が押しかけ怯える子ども達
門を乗り越え破壊して…
サッシ一枚隔てた部屋では直ぐにも侵入されそうです。
そこにオーリ登場!銃声はマキナ。
屍を倒し皆を車に乗せ逃がすオーリ。笑顔で見送ります。
祥太は早く来いよ!ハナガミと寂しそうでした。
景世みたいだったと雛。頷く理子。

街には屍が溢れ、大麟館の皆も道中無事とは限らないのに付いていかなかったオーリ

「これは君だけの復讐じゃない。七星は俺にとっても、兄貴の、友達の、兄弟の敵なんだ」

街にも行かず、皆に同行せず、マキナが感じた北斗の行き先・浄房へ…

オーリは復讐を優先させた様です。
マキナのためでもあるし自分のためでもある。
景世や春日や黒猫ら兄弟の敵。

街は他の屍姫に任せれば良いと思ったのだろうけど…
まさか11人しか出られなかったとは知らなかっただろうし…
逃がした大麟館の皆はきっと景世が守ってくれるよね?

そもそも事の元凶である七星壊滅には北斗を追うのが一番の早道か?



紫央と本多は浄房へ

「赤紗の狙いは本山などではない。だがその事を大僧正猊下始め皆の前で口にする事は決して許されない」

紫央達は赤紗の狙いを知ってるんだ!
大僧正の前ですら口にする事が出来ないって一体?
貞比呂らも心得ているようでしたが…
契約僧も屍姫も近づけない?

浄房の入口を僧兵に守らせ、中央の柱の周囲を満たす墨を抜き、更に地下へ…

「屍姫の穢れを祓う故に最も穢れた場所」であると同時に何が?


狭間の百足に乗り浄房に向かう北斗達
待ち受けていた貞比呂がアキラと座壇を放つ!

北斗を守る様に包む赤紗
赤紗は狭間から北斗に触れるなと言われていたと思うのだけど…
狭間が気を逸らす様に蟲さんであやすのはいつもの事か…
それでも何だか北斗と赤紗の距離が近くなった様な…

北斗を守って狭間ボロボロです。
一瞬死んだかと思ったほど。

貞比呂に敵ではないと呼びかける赤紗

どうやら赤紗の屍姫だったヒビキも貞比呂のアキラも108体を超えて屍を倒しているようです。
仕掛けたのは狭間。

赤紗が抱える下半身を喰われたヒビキの眼が…涙を流してはいましたが呪い発動中のマキナ以上に荒んだ眼をしていました
彼女達が見た闇とは?

その結果、赤紗はヒビキを殺し、貞比呂はアキラと光言宗のため人をも殺す汚れ役を引き受ける事を選択した。

赤紗はヒビキのために手を下した様ですが…それしか選択肢はなかった?
貞比呂とアキラの選択って…これはこれで辛そうですが…闇からは救われたの?
彼らに手を差し伸べたと言うか、イイ様に使っている紫央がどう絡んでいるのか?

相容れる事がない貞比呂と赤紗
貞比呂の座壇が赤紗を…

倒れる赤紗ですが北斗を浄房の奥に先に行かせます

北斗の眼には泣いている少年・赤紗に見える様です。何故いつも泣いている姿?
ヒビキの事を思い出して?

追おうとするアキラですが…止める貞比呂

オーリとマキナ登場!
マキナの無事を喜んでくれましたが、この先には屍姫も人も行かせない!
浄房に繋がれたマキナをオーリも迎えに行っているので二人とも納得できません。
ましてや今は七星を追うべきなのに…

ただ命令だと二人を阻む貞比呂達は座壇を使う事をチラつかせ…使った!

避けるマキナとオーリ
オーリ思いっきり転がされてます…

事情を話せない貞比呂達に

偉そうな口を叩かないで!
地獄を見たのは自分達だけって顔しないで!
地獄ならもうずっと見てきた。
それでもまだ私は絶望はしていない!邪魔よ!

険しい顔のマキナ。呪い発動の時みたいです!
アキラをかわして浄房へ…
撃つわよと威嚇するアキラ、マキナに座壇を放ちますが…
マキナに当たる前にオーリの座壇が弾を砕いてしまいました!
青白い光が綺麗です
マキナを守ると言うオーリに屍姫は契約僧の盾だと言うアキラですが…

俺は兄貴に命を救ってもらったんです。
なのに俺は兄貴を死なせてしまった。
何一つ恩返し出来なかった。だから…
だから!兄貴が命を懸けて守り続けたマキナを今度は俺が守る!

座壇を放つオーリ
避ければ避けられたのに当たる貞比呂
御免なさいとマキナの後を追うオーリ
座壇が当たった貞比呂をアキラは心配そうですが…

景世にオーリを拾って良かったなと…それまでは心底からは言ってやれなかったんでしょうね。

浄房の最奥部に先についた北斗達
狭間生きてたんだね。赤紗も一緒です。
迎える紫央は自分たちにのみ伝わる術法で穢れを排除
座壇術も屍も無力化、屍を塵にすると豪語しますが…

私はお前の敵か?
敵なんだな…

この時の北斗の顔が今までの幼さや凶暴さとは異なった妖艶ささえ感じさせました。

清められた空間を跳躍する北斗
纏う着物に染みが広がり破れて行きますが…北斗自身は消滅しない
紫央の前に現れた北斗はそのまま手刀を刺し…
本多呆然とするばかりで動けません!

北斗、体にシホウキ経典を纏ってました!これを巻いたのは赤紗?
嘗て星村家から盗み出されたシホウキ経典の下の巻

最も清らかな盾として
これで北斗に仇為す事は出来ない

解読は出来なかったというか北斗を屍姫にするという狭間の思惑通りには行きませんでしたがこのような使い道があったとはね

赤紗は北斗に眼の前の棺を壊せと命じる。赤紗、狭間のポジションと代わった?
周囲にも棺沢山ありますね。36個?

壊した棺の中には包帯に包まれた死体?ミイラ?

死体にそのまま手刀を突っ込み…
眼が赤く光って動き出した!赤く光ると屍みたいに見えますが…これは誰の死体?

すると…依海市中心部で戦っていたサキ達が…
そしてオーリの目の前でマキナも…

縁が切れた?
北斗が棺を壊したから?

マキナ達は死んでしまうかミナイの時の様に屍になってしまうのか?
繋ぎとめる事が出来るのか?
それとも…

それにしてもオーリ!早くマキナの手を取ってやれよ!

次回予告、僧に襲いかかる屍姫らしきモノが…
108体の屍を倒した時屍姫達は一体どうなる?気になる~

 1~10巻


TB送信先
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/c9ea21cda5 (シリウスを目指して翔べ!様
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-03-13-1/trackback (ウサウサ日記様
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44382142
関連記事
スポンサーサイト
[2009/03/17 23:53] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ソウルイーター 第49話「阿修羅覚醒~世界の行き着く果てへ?~」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 屍姫玄 第10話(第23話)「地獄の先へ」(内容後半) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1012-967f86fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。