第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
黒執事 第22話「その執事、解消」(感想) 「アニメあれこれ(85598)」
こちらは感想です(内容



女王謁見のためパリに向かうシエルですが…

準備に忙しい使用人達。
宿の手配が出来たと伝えるセバスチャンですが…
シエル、セバスチャンを避けている?二人の様子が強張っていると言うかぎこちないです。

アバーラインの婚約者だったマリアの元に届いた荷物はシエルがタナカさんに命じて贈らせた様ですね。
リアルタナカさんは頼りになるでしょうけど…むしろセバスチャンには頼めなかったのでしょうね。

船でパリに向かうシエルとセバスチャン
心ここに在らずなシエル
シエルを見るセバスチャンの目も鋭く冷たい感じ

しかし折角の万博。
下調べバッチリなセバスチャン
新商品開発のために…
しかし通りすがりの男達が話す「天使の剥製」の方がシエルの心を動かした様です。

天使の剥製を見物するシエル達ですがケースの中にあったのは…

白い猿に白い翼?
猿と鳥を繋いだ?

つまらん!と立ち去ろうとするシエルですが、剥製の眼が赤く光りケースを破って飛び灯りを破壊

灯りを壊され展示室は薄暗く…慌て怯える人々
シエルを落ち着かせようとするセバスチャン

「闇の中で生きてきたあなたならこれくらいの薄闇は何という事も無いでしょう?ここは私に。坊ちゃんは会場の外へ避難していて下さい」

薄闇の中明るい外を目指し走るシエルは思い出す

闇の中を走るのは何の苦もない。
僕の魂は闇を走り続けていた。
ずっと
あの日から今まで闇の中を…闇の

その闇を照らしたのは

使用人達、アバーライン、エリザベス

明るい外を目指し…
外に出たシエルはその明るさに困惑する

(眩しい…ここは本当に僕が暮らす世界なのか?)

白くて現実感がない感じがありました
そこでアンジェラの姿に気付き逃げるシエルはエッフェル塔を登るゴンドラの中へ
そこにいたのは…女王陛下

動き出したゴンドラから見下ろす風景には黒い羽虫の群れの様な染みや澱みが…
そして女王の指差す先には不浄なシエルが…

「一度全てを破壊する必要があるのです
破壊無くして想像はありません
清らかな新世紀を迎えるため我が国の一切の負を請け負ってきたファントムハイヴ家を私が浄化したのですよ」


ファントムハイヴの浄化を命じたのは女王だったんだ!

その言葉に驚きつつも問うシエル

「何故殺しただけでなくあの様な惨めな姿にしたんだ?」

手向けだと答える女王ですが…
強風に煽られフードを飛ばされ露わになった女王の姿は…まるで少女!

ここでアッシュ登場!女王の執事アッシュは天使でした!

夫を亡くし自ら命の幕引きをしようとした老女王の前に現れたアッシュは女王のために夫君を繋いでやった
女王の体は夫君と繋がり浄化された
浄化され清廉な少女の姿になった女王

愛する人と真実の意味で一つに…
女王は良かれと思ってシエルの両親を繋いだ様ですが…

そして不浄を除くためにシエルも…せめてアッシュの剣で…

ピンチに駆け付けるセバスチャン
命令を!
アッシュを殺せ!と命じるシエルにそれだけ?とセバスチャン
女王を殺せ!と絞り出す

ここから悪魔対天使
激しい戦いに止めてくれと女王。
さっきまでアッシュに殺せと命じていたシエルに頼むだなんて!(女王なんてそんなものかもしれませんが…)

アッシュの薙ぐ剣はエッフェル塔の鉄骨をも切り落とす

鉄骨落下に下の人達を案じたシエルはセバスチャンを止める

タダの人間なのに?不満げなセバスチャン

今やらなくていつ復讐を遂げるのかと思ってしまった。
そもそもこの復讐を完了すればシエルの魂はセバスチャンのものなのですから…
この世に未練を残す必要は無い筈です。
もちろんこれ以上関係のない人を巻き込む事は良い子のシエルには耐えがたい事なのでしょうけど…

人目に付き過ぎたと言うシエルですがセバスチャンにはお見通しな気が…

そうこうしているうちアッシュが女王を抱え飛んで逃げる
睨むセバスチャンの眼が怖いよ!


馬車の中のシエルとセバスチャンの気まずい事!


ここで契約の時の様子が語られます

呼びだしたシエルに

「あなたは私を呼びだしてしまった。その事実は永遠に変わらず払われた犠牲は二度と戻らない。さあ選んで!」

迫るセバスチャン
シエルが殺すよう命じたのはまずは当時シエルを捕えていた仮面の者達だったようですね。
死体を踏み歩く全裸のシエル。所々体に傷が…
剣となり復讐を遂げると誓い対価を求めるセバスチャン

「魂など幾らでもくれてやる!」
「迷いはないと?」
「くどい!」


セバスチャンはこの時の迷いのないシエルを気に入ったのでしょうね。
今回迷いを見せたシエル
女王への忠誠心?魂が惜しくなった?それとも?

シエルを冷たく見下げるセバスチャンが…
その迫力にさすがのシエルも息を飲みます

それでも、宿につきいつもと変わらず眠る用意をしてくれるセバスチャン

「あの日から僕のシャツのボタンを止めるのもお前の役目。悪魔に執事の真似事などと思ったが見事に演じ切って見せたな」
「ファントムハイヴ家の執事たるもの…おしゃべりはこの辺で。そろそろお休み下さい。坊ちゃん…全てを忘れ、幸せな夢を」
とにっこり

最後の笑顔が気になります

其の夜の夢にはアバーラインが…
「君には未来がもう一度手に入れるチャンスがあるんだ」
「女王の番犬と言う肩書を捨て抱き続けていた憎しみを捨て、もう一度」


翌朝起きるとセバスチャンがいない!
契約の印は残っているが決別を感じるシエル

セバスチャンを探すのやめ一人でロンドンに帰ろうとしますが…

お金持ちの坊ちゃんは…港を目指すのも一苦労!
騙されたり、相手にしてもらえなかったり…


苦労の末、何も得られず腹を空かし壁に凭れ…
近づく黒猫で暖を取ろうとするも逃げられてしまいます
お前まで馬鹿にするのかと追いかけるシエルですが…路地を出るとそこはシエルが目指していた港!

あんなに彷徨って…見つけられなかった。こんな近くにあったのに…

海を見つめるシエルが寂しげです。


一方お屋敷では…
人型プルートゥの首輪が光り…苦しみだし魔犬の姿に!
バルドが異変に気付いた時には…プルートゥの吐く炎で庭が燃えていた!
その背中にはアッシュ!?

お屋敷は大丈夫?
頑張れ使用人達!


木箱に凭れ眠りこけるシエル
船に不法侵入か?
そのシエルを見つめる猫の瞳が…セバスチャンに見えます!
別れを告げる様にじっと見つめてニャー…

セバスチャンはこのままシエルの元から去ってしまうのでしょうか?

と言う訳でセバスチャン不在のため次回予告はシエルが!
あくまで執事の主人ですから!


 2009年04月22日発売!テイカーとウィル?


初回出荷限定

特典CD
原作者・枢やな描き下ろしジャケット
豪華デジパック&三方背ケース
キャラクター設定イラストレーションズ2
特製ブックレット『Butler’s Guide to the Phantomhives』(16ページ)

映像特典
音声特典 オーディオコメンタリー (1話分)



TB送信先
http://dacapo3.blog7.fc2.com/tb.php/210-949c1d9b
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44331101
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028120/28558888
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10223370773/7ed27552
http://blue.ap.teacup.com/applet/pangea/2575/8e9299e7/trackback
http://blog.so-net.ne.jp/moon12/2009-03-14-1/trackback (ウサウサ日記様
関連記事
スポンサーサイト
[2009/03/14 22:28] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ソウルイーター 第49話「阿修羅覚醒~世界の行き着く果てへ?~」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」 | ホーム | 黒執事 第22話「その執事、解消」(内容) 「アニメあれこれ(85598)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://karamatusou.blog.fc2.com/tb.php/1007-d8f82159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。