第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
精霊の守り人 第十六話「ただひたすらに」・第十七話「水車燃ゆ」(感想のみ) 「アニメあれこれ(85598)」
前回・今回、二回分の録画をようやく見ることができました。
あらすじは公式サイトを。感想のみ。
感想、まだ追加するかもしれません。

第十六話「ただひたすらに」
第十七話「水車燃ゆ」


やはり第一皇子のサグムは御隠れに・・・帝と帝に泣き伏す第一王妃の悲しみが伝わってきます。
原作より随分活躍し、弟思いの印象があった兄さんでした。(それに原作より帝が人間らしい)
そうとも知らず、雨上がりで薄まったとはいえ毒霧の漂う谷にチャグムの生存の証拠を探しに向かうシュガ。
狩人達に捕まってしまいますが、チャグム生存の可能性大だと伝えます。
シュガを見逃していた男の命もシュガの言葉が正しいかどうかで決まるようです。
そして狩人のお頭が綱を巻き降りて行った谷底。
谷にあったのは短槍使いとチャグムの死体に見せかけた着物と馬の死体だけ。
チャグムが谷で死んだことは否定出来ホッとしたのもつかの間知らされたサグムの死。
あの時伝えておけば・・・と思うもチャグムの代わりに頑張ると言っている前では言って良いものか悪いものかの判断は難しいです。

シュガが勝手に地下の書庫に入って、解読していたのは本来は大罪。
ひどく罰せられるようなことですが、サグム亡き今、シュガがもたらした報告は歓迎されたようですね。

星読みが星を見ずに政治にかまけてって政治を本業にしている者以外すべてに当てはまるよなあ。

チャグム捜索の全権をゆだねられたシュガ。今度は聖導師も後押し。
任務遂行のため帝から狩人を借り受けます。
狩人なら並の武人などものともしないし、諜報活動もお手の物。
でもシュガが考えていた以上の力を持っていたようですね。

役者のように一般人(棟梁)になり済まし何でも屋トーヤを信用させ近づく男。(トーヤの店の構えの大きさに驚きですが・・・)
トーヤが手形を切る短時間に帳簿をペラペラ見るだけで記憶する男。
剣や武術の達人なだけでなく、こんな器用な人たちもいたのですねえ。(きっと器用なだけでなく武人としてもすごいのでしょうし)

水車小屋に荷物を届けるとき、後をつけられてしまうトーヤ。
見張られている水車小屋バルサ姐さんを近づけまいと火を放つトーヤのとっさの判断とぎりぎりまで小屋から飛び出さなかった勇気はすごいです。

一番の大事はサヤなんでしょうが、命の恩人バルサ姐さんに知らせるためならと頑張ったトーヤ。姐さんも見てましたよ!

さて、墓に隠した金を取り(モズのはやにえってことはモズがいるんですね!守り人の世界にも)街に脚絆やカッルを買いに行ったバルサとチャグム。
バルサから許可が出て何やら買いに行ったチャグム(お菓子でしょうか?値切ってたくさん買っといでよと言われて頑張って値切ってましたね)
偶然シュガに会って兄の死を知りますが、今はチャグム本人のために旅に出ねばなりません。
後で事情は話すとシュガの鳩尾を死なない程度に突くバルサ。バルサに引っ張られるように連れて行かれるチャグム。

チャグム本人にチャグムの死を回避するための情報集めの旅に出なければならないと知らせるのは酷というものです。
が、これは早く話さないとチャグムが納得しそうにないですね。
サグムの死以上に大切なことなんか・・・と話すチャグムはかわいそうですが、君の命にかかっているのだよ!

タンダと合流し、水車小屋に地図を忘れてきたことが気になるとタンダとチャグムを先に行かせるバルサ。
事情説明が伸びました。タンダが話すわけにもいかないでしょうしね。

燃える水車小屋の様子と狩人の姿に身を隠すバルサ。
トーヤがあちあちと出てきましたが、切り殺されたり連れ去られりすることがなかったのは火を消さんと駆け付けた村人たちと、棟梁になり済ましていた人の恩情のようですね。
このあとトーヤに感謝しながら田の中を走って行くバルサと稲がすごくリアル。

皇子のこととなると熱くなるジン。
頭を冷やせと後で合流予定でしたが、街で倒れそうなシュガと会いチャグムの生存と東に向かったことを聞き、後を追います。
それにしてもバルサに突かれ、まともに歩けなかったシュガ。あれから時間もずいぶん経っているようですし、バルサさん、どれだけ強く突いたんですか?


次回、第十八話「いにしえの村」
古き良きヤクーの伝統が色濃く残っている村。迎えてくれたのは鳥の骨ですね。


TB送付先
http://lastheven.jugem.jp/trackback/909
スポンサーサイト
[2007/07/30 16:08] | アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。