第二からまつそう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
少年陰陽師 最終話「焔の刃を研ぎ澄ませ」(とりあえず感想) 「アニメあれこれ(85598)」
とりあえず感想です。

青龍が素直に昌浩についたのはやっぱり騰蛇を自らの手で倒すため!
大鎌を振り上げ向かいます。が、昌浩を見届けよと勾陳に止められました。
勾陳は冷静です。騰蛇の放った今にも地獄の業火に焼きつくされそうになっていた道返しの守護妖を守るように間に立ちます。やっぱりかっこいい!
しかし、青龍は神殺しの力と朱雀の太刀を昌浩が借り受けていたことすら知らなかったのね。

身体と変わらぬほど大きい朱雀の太刀を引きずる昌浩が見ていて痛々しい。
太刀が昌浩でも扱えるほどの剣になって、紅蓮から投げつけられた白龍の如き炎を切り裂きながら近づき、首からかけていた数珠を投げて飛び散った玉でその場に縛りそして貫く。
頭をよぎるもっくんとの出会い、行成をからかうもっくんにはらはらさせられたこと・・・
神をも殺す焔の宿った剣で貫き、真言を唱えようやく討つことができた屍鬼。そしてその場に残るのは白い物の怪。

物の怪を手に掲げさらに唱える昌浩。そして倒れる昌浩。
事態を見守っていた勾陳が異変に築いた時には既に・・・
タカオカミノカミにお願いしたこと、元の紅蓮に戻すこと。自分の命と引き換えに・・・

駆け付けた若晴明が、不憫で・・・
その上、昌浩がじい様にお願いしたこと、自分がいなくなっても悲しむ人がいないように自分の記憶を消してもらうこと・・・聞くのは嫌だったと話すときの晴明の表情と声が切ないです。

彰子が預かった匂い袋も紐が切れてしまいます。不安そうな彰子。

タカオカミノカミの元を訪れる老人は天空。
魂魄を飛ばして眠ったように見える晴明の本体の元に訪れる天后と太裳。
三人は昌浩が元の紅蓮を取り戻すためにとったことの解説&顔見世といったところでしょうか?

昌浩の代わりに仕事をする敏次をねぎらう行成と役割を果たしているだけと答える敏次。昌浩も今頃きっと役割を果たしている・・・

空を見上げる吉昌と露樹。露樹さん見た目以上に肝が据わってます。さすが安部家の女性!

匂い袋の紐を直す彰子。露樹さん、昌浩が夜に出かけていることを知っていたのですねえ。彰子が繕いを手伝ってくれるのを喜んでいますが、これは原作通り彰子がひとりこっそり直しているほうが良かったかな。

そして川を渡ろうとする昌浩に声をかける女性。面ざしが昌浩とよく似ています。といってもアニメではすでに登場、若菜さん。
まだこの川を渡るには早すぎる昌浩の話を聞き、話しながら声を殺して泣き始める昌浩をやさしく抱く若菜さん。昌浩の胸には置いてきたはずの匂い袋。
この思いまで置いて行くの?
帰りなさいと、そっと光のほうに向って背を押してあげます。昌浩から誰かと聞かれ、若菜というのよと・・・
晴明が感じる若菜の気配とともに再び生命を取り戻す昌浩。
物の怪を抱き上げる勾陳。姿を消す青龍。
そして桜の木が次々にあらわれ周囲は満開の桜に囲まれます。

都中に放った式を戻して池の上で「滅」と消すじい様。手で丸めて焼かないのですね。

命を取り留めた昌浩と紅蓮。でも紅蓮は物の怪姿をとっていることや見知らぬ子どものそばにいなければならないことに不信を持ちます。晴明の命だ、晴明の孫だと勾陳に知らされますが・・・この辺りは原作展開ですね。

というわけで窮奇編・風音編、完。

EDの歌がいつもと違いました!

に収録されている「六等星」のようですね。

それにしても懐かしい場面が次々と出てきて胸が詰まります!

最後に疾走する車之輔の姿。そして、そのまま場面は貴船へ。
蛍狩りをする昌浩と彰子と二人を見守るもっくんの姿。このもっくんは記憶を取り戻したもっくんのようです。
昌浩の腕にギュッとしがみつく彰子。晩生な二人も少しは進展しそうですね。

それにしてもなんだかOVAでも出そうな終わり方です。それともいつか続編をテレビで放送してくださるとうれしいのですが・・・

時間がないためかかなり急いだ最終話でした。

感想、あらすじ等追加するかもしれません。



スポンサーサイト
[2007/03/28 04:35] | 本・マンガ・アニメ(未分類) | トラックバック(0) | コメント(10) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

やまふさ

Author:やまふさ
第二からまつそうのやまふさと申します。
こちらはからまつそう(ココログ)
のミラーサイトです。

元はからまつそう(楽天ブログ)
で読書・マンガ・アニメ感想を中心に書いておりました。
諸事情のためからまつそう(ココログ)に移動しましたが他所様とのTBのやり取りが困難なためこちらにミラーサイトを設けました。
ココログかこちらかどちらか一本にするかどうか迷いどちらも残している状態です。
またからまつそう(楽天ブログ)も読んでくださる方がいらっしゃるため縮小版+その他記事で継続中です。


過去記事はからまつそう(楽天ブログ)
をご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。